【アンチエイジング化粧水】ハリやシワのエイジングケアに!プチプラの化粧水

アンチエイジング化粧水 エイジングケア
  1. 肌悩みに合ったアンチエイジング化粧水の選び方/効果的でおすすめな化粧水
    1. アンチエイジング化粧水の選び方1・高保湿な化粧水を選びましょう
    2. アンチエイジング化粧水の選び方2・エイジングケアに効果的な成分で選びましょう
    3. アンチエイジング化粧水の選び方3・低刺激で長く使えるものを選びましょう
  2. 【30代・40代・50代】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    1. 30代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    2. 40代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    3. 50代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
  3. 【ハリ回復】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    1. イグニス 薬用美白化粧水
    2. SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス
    3. ロート製薬 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
    4. SAIBOWローション
    5. エスティローダー マイクロ エッセンス ローション
  4. 【シワ対策】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    1. ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート
    2. SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス
    3. アスタリフト モイストローション
    4. アテニア ドレスリフト ローション
    5. 肌ラボ 極潤α ハリ化粧水 しっとりタイプ
  5. 【プチプラ】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング
    1. 資生堂 エリクシール アドバンスド ローション
    2. 無印良品 エイジングケア化粧水 高保湿タイプ
    3. トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローションEX
    4. 肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 しっとりタイプ
    5. 資生堂 アクアレーベル ホワイトケア ローション
  6. アンチエイジング化粧水は何歳から使う?使わないと老化が早くなる?
    1. アンチエイジング化粧水は何歳から使えば良い?
    2. アンチエイジング化粧水を使わないと老化が早くなる?
  7. アンチエイジング化粧水と保湿化粧水の違い/エイジング化粧水はハリ・シミ・シワの予防に効果的
    1. アンチエイジング化粧水の特徴/保湿化粧水との違い
    2. 肌の老化を食い止める!アンチエイジングのコツ
  8. アンチエイジング化粧水の選び方/おすすめ人気ランキングまとめ

肌悩みに合ったアンチエイジング化粧水の選び方/効果的でおすすめな化粧水

アンチエイジング化粧水

 

アンチエイジング化粧水の選び方1・高保湿な化粧水を選びましょう

年齢を重ねるとシワやたるみが気になってきますよね。

シワやたるみは肌の水分が不足している事が主な原因です。

肌の若々しさを保つのは私たちの肌で作られるコラーゲンやヒアルロン酸によって肌の内側から支えてシワやたるみのできにくい肌を保っています。

しかし、年齢を重ねると、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す力はだんだんと弱まってくるので、自然と肌から水分が蒸発してしぼんでシワやたるみができてしまうのです。

ですので、アンチエイジングのために水分を補ってあげる必要があります。

水分を補うスキンケアは化粧水です。

もし、今まで使っていた化粧水ですぐに肌が乾燥してしまう感覚があるのであれば、さらに高保湿のものを使用して今の自分に合った化粧水を使う必要があります。

 

アンチエイジング化粧水の選び方2・エイジングケアに効果的な成分で選びましょう

アンチエイジングの化粧水の選び方は優先順位をつけると選びやすいですよ。

アンチエイジングの一番の基本は肌の乾燥を防ぐことです。

つまり、肌にとって水分を補って、それを保持することができるような成分が最も大切です。

具体的にはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどです。

中でもコラーゲンは分子量の小さなものから大きなものまであり、そのどれもが大切なので、分子量の大きさが色々混じっているものが肌にとって効果が高いと言われています。

このように保水能力が高いものを選んだら、あとは美白効果成分の配合されているものを選びましょう。

シワやたるみ以外にもシミの対策ができればアンチエイジングは完璧です。

美白成分にはトラネキサム酸やビタミンC誘導体などがあります。

 

アンチエイジング化粧水の選び方3・低刺激で長く使えるものを選びましょう

アンチエイジング化粧水は使ってすぐに効果が現れるような即効性のあるものは存在しません。

シワでもシミでも数ヶ月間継続して使ってやっと少し効果を実感し始める事ができます。

ですので、継続することができる事がとても大切なポイントになります。

まずは値段です。

毎月無理をして購入しなければならないような化粧水を購入しても長続きすることはできませんよね。

であれば、無理のない範囲で購入できるような値段のものを購入する必要があります。

そして継続するために大切なのは刺激性です。

ピーリング作用のある成分が入っている化粧水は別ですが、使ってみて少しでもピリつくような感じがある化粧水は自分の肌に合っていないという事なので別のものを選ぶ必要があります。

でないと継続して使用することで肌にとって逆効果になってしまいます。

 

【30代・40代・50代】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

アンチエイジング化粧水

 

30代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

アンチエイジング化粧水は年代によって変えていく必要があります。

大まかに30代、40代、50代と分ければわかりやすいでしょう。

30代になると今まで気にならなかったターンオーバーの乱れを感じるようになります。

具体的には紫外線を浴びるとシミができるようになります。

また、肌の色が全体的にくすみがかってきます。

そして、肌の水分が失われて、目じりや口元などにシワが増えたり、深くなってきたりします。

見た目にはまだあまり20代とは変わりませんので、深刻に考える人も少ないようです。

しかし、この年代から対策をしないと肌の老化は加速度的に進行するので要注意です。

この年代から今まで使っていたスキンケアを見直したり、新しくスキンケアを検討する時期に入ります。

 

ナチュリエ ハトムギ化粧水

商品名 ハトムギ化粧水
会社名 イミュ株式会社
内容量 500ml
価格 715円
アンチエイジング成分
安全性 低刺激性

ハトムギ化粧水は保湿力、さっぱりした使用感、コスパが優秀という3点に特徴があります。
実際に使用してみた人の内容をチェックしてみると、保湿力については満足している人がほとんどでしたが、一部乾燥肌で悩んでいる人にとっては保湿力をあまり感じられないという声もありました。
さっぱり感については、おおよそ使用者全員がさっぱりとした使用感で使いやすいという感想を持っていました。また、多くの人が顔だけでなく全身に使っている人もいました。コスパに関しては500ml入りで千円以下なので値段に対して不満を持っている人はいませんし、満足している人がほとんどでした。
総合的な満足度もかなり高いですが、アンチエイジング効果としては特にこれといった有効成分がありませんので、基礎的な化粧水の目的以外にはちょっと難しいかもしれません。

 

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ

商品名 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ
会社名 株式会社良品計画
内容量 400ml
価格 1,190円
アンチエイジング成分
安全性 低刺激性

こちらは敏感肌でも刺激のない、高保湿が特徴の化粧水です。
今まで別の化粧水を使っていて、その中に少しアルコールが入っていたらしくて、肌がバリバリになったので、こちらに変えたら、すぐに肌の調子が戻ったので、安全性はかなり高いようです。
また、保湿力に関してはチェックした限りは全ての人が満足している様でした。ただし、使用感は高保湿と表示されているだけあって、少しベタつき感があるようです。しかし、肌に馴染むとサラサラして気にならなくなるようなので、使いやすい高保湿化粧水です。また、大容量なのに価格も千円ちょっとなので、コスパは優秀で、化粧水をケチケチせずに使うことができるので気分的にも満足しやすい内容だと思います。

 

キュレル 潤浸保湿 化粧水 III とてもしっとり

商品名 キュレル 潤浸保湿 化粧水 III とてもしっとり
会社名 花王株式会社
内容量 150ml
価格 1,980円
アンチエイジング成分 アラントイン
安全性 パッチテスト済み

パッチテスト済みで様々な刺激性成分が入っていないという点が評価されている化粧品ですが、実際に使用してみた人の口コミをチェックしてみると、表示通り、肌にとてもやさしいという声がほとんどでした。
美白や抗シワなどの化粧品には大なり小なり刺激成分が含まれています。
例えば肌が敏感な時にこれらの化粧品を使うと肌荒れが起きてしまうときなどにこちらのキュレルのようなパッチテスト済みの安全性の高いものに一時的に変える事により肌が乾燥してしまう期間を埋める事ができます。
乾燥肌や敏感肌でなかなか自分にあった化粧水が見つからない人は、とりあえずこちらを使ってみると肌の状態は落ち着くと満足している人が多いようですし、コスパも優秀です。

 

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス

商品名 フェイシャル トリートメント エッセンス
会社名 P&G プレステージ合同会社
内容量 160ml
価格 18,700円
アンチエイジング成分 ピテラ
安全性

こちらはコマーシャルでも大々的に宣伝されている化粧品で、コスメの中でも代表的なものです。価格的には手軽なものではありませんが、その効果は確かなものだと高評価を得ているコスメです。
肌がふっくらしてハリが出てくる感じが実感できるというものです。
ただし、このコスメ独特の香りが気になるという人もいるので、まずはサンプルやお試しから始めてみるのが良いかもしれません。
特に、低刺激で宣伝している化粧品ではありませんので、敏感肌や乾燥肌の人は最初は慎重に検討してみた方がいいでしょう。
化粧品コーナーに3日分のサンプルが置いてあることも多いようなので、結構気軽に試すことができるようです。
香りに関しても、だんだん慣れてくるという声も多く聞かれました。

 

ロート製薬 肌ラボ 極潤ヒアルロン液

商品名 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格 696円
アンチエイジング成分
安全性 パッチテスト済み

こちらは極潤という商品名の通り潤いが特徴のコスメです。つまり高保湿コスメです。ただし、実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、期待外れだったという声も多く見られます。肌ざわりはトロッとしているのに何度塗ってもすぐに乾燥してしまうといった内容です。色々不満をもっている方の内容を精査していると、塗ってから肌に馴染むまで比較的時間がかかるということがわかりました。やはり乾燥肌の人には潤いが不足していると感じやすい傾向があるようです。
パッチテスト済みとあるように、安全性は高いようで、今まで他の化粧品を使っていて問題があった人でもこちらに変えたとたんに肌荒れが落ち着いたという感想が多いようです。

 

40代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

40代になると30代よりもさらに肌が劣化してしまうので、アンチエンジング化粧水を今までのものからレベルアップの検討が必要になってきます。

具体的にはターンオーバーがさらに乱れてきますので、今までと同じくらいの紫外線を浴びていても簡単にシミができてしまったり、一旦できてしまったシミがなかなか落ちないといった問題も出てきます。

肌色も全体的にくすんだ色になり、ファンデーションやコンシーラーの色の調整が大変になってくる時期でもあります。

さらに40代になると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなることから肝斑が出来始める時期でもあります。

肝斑は紫外線や活性酸素が原因ではありませんので対策方法は通常とは変わってきます。

今までのエイジングケアを根本から見直す人が多いのもこの時期です。

 

KOSE 薬用 雪肌精

商品名 薬用 雪肌精
会社名 株式会社コーセー
内容量 200ml
価格 5,500円
アンチエイジング成分 和漢植物
安全性 弱酸性ベース

こちらは肌の透明感を引き出すことのできる化粧品として宣伝されています。そこでどのような美白成分が入っているのか成分をチェックしてみると、グリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合されていました。こちらは肌の炎症を防ぐ成分なので、美白効果はそれほど期待できるものではありませんが、実際に使ってみた人の感想をチェックしてみると肌のくすみが改善したという感想が比較的多いようです。ただし、保湿力に関しては多くの人が疑問を持っているようです。特に乾燥肌の人はこれだけでは足りないという意見が多いようでした。また、肌質によってはピリピリと刺激を感じてしまうような事例もいくつかありました。肌が普通肌以上の人には美白効果目的で使ってもいいかもしれません。

 

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

商品名 化粧水 とてもしっとりタイプ
会社名 株式会社ちふれ化粧品
内容量 180ml
価格 616円
アンチエイジング成分 トレハロース
安全性 ノンアルコール

こちらは保湿力に特徴がある化粧水です。実際に使った人の口コミをチェックしてみると、保湿力に関してはおおむねほとんどの人が満足しているということがわかりました。ただし、使用感に関してはとろみが強く、浸透するまでに少し時間がかかるのが不満だという人もいました。ただ、ほとんどの人が高評価を付けているのがコスパの優秀さです。このボリュームでこの価格なので、バシャバシャ使っても気にせずに使うことができますし、安全性に関しても塗っても特にヒリヒリしたり、刺激を感じるといった人もいないようなので、安全性はかなり高い化粧水だと言えるでしょう。アルコールフリーなので、その点が多くの人の肌に合っているという可能性が高いようです。

 

ロート製薬 肌ラボ 極潤ヒアルロン液

商品名 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格 696円
アンチエイジング成分
安全性 パッチテスト済み

こちらは極潤という商品名の通り潤いが特徴のコスメです。つまり高保湿コスメです。ただし、実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、期待外れだったという声も多く見られます。肌ざわりはトロッとしているのに何度塗ってもすぐに乾燥してしまうといった内容です。色々不満をもっている方の内容を精査していると、塗ってから肌に馴染むまで比較的時間がかかるということがわかりました。やはり乾燥肌の人には潤いが不足していると感じやすい傾向があるようです。
パッチテスト済みとあるように、安全性は高いようで、今まで他の化粧品を使っていて問題があった人でもこちらに変えたとたんに肌荒れが落ち着いたという感想が多いようです。

 

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ

商品名 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ
会社名 株式会社良品計画
内容量 400ml
価格 1,190円
アンチエイジング成分
安全性 低刺激性

こちらは敏感肌でも刺激のない、高保湿が特徴の化粧水です。
今まで別の化粧水を使っていて、その中に少しアルコールが入っていたらしくて、肌がバリバリになったので、こちらに変えたら、すぐに肌の調子が戻ったので、安全性はかなり高いようです。
また、保湿力に関してはチェックした限りは全ての人が満足している様でした。ただし、使用感は高保湿と表示されているだけあって、少しベタつき感があるようです。しかし、肌に馴染むとサラサラして気にならなくなるようなので、使いやすい高保湿化粧水です。また、大容量なのに価格も千円ちょっとなので、コスパは優秀で、化粧水をケチケチせずに使うことができるので気分的にも満足しやすい内容だと思います。

 

資生堂 IHADA 薬用ローション

商品名 イハダ 薬用ローション
会社名 株式会社 資生堂
内容量 180ml
価格 1,650円
アンチエイジング成分 高精製ワセリン
安全性 アレルギーテスト済み

こちらは保湿力と刺激がない事が特徴の化粧水です。実際に使用している人の口コミをチェックしてみると、保湿力に関して不満を持っている人は全くと言っていいほど見られませんでした。こちらの化粧水はニキビにも効果的だという評価がありますが、それは保湿によって肌のバリア機能を上げて刺激を受けにくい肌にすることで、肌のかゆみを抑えて刺激を抑えるのでニキビの数を減らすことができます。また、アトピー肌や花粉症の人でも安心して使えると評判になっているようです。こちらはアレルギーテストをクリアしている商品なので、アレルギー体質の人でも安心して使うことができます。今まで肌がぴりついて選ぶのが難しかった化粧水がこれにした途端、全く問題なくなったという人もいます。

 

50代におすすめのアンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

女性の肌は50代になると男性よりも明らかに劣化してきます。

特にシミの個数や大きさなどはこの時期の女性は特に増えやすいので要注意です。

というのも女性の50代は閉経などの理由により女性ホルモンが大幅に減少するので肌のバリア機能がそれまでと比べ物にならないくらいダウンしてしまいます。

ですので、少しの紫外線でもすぐにシミになってしまったり、今まで色が薄くて気にならなかったような薄いしみでもどんどん濃くなってきたりもします。

ただし、女性ホルモンの乱れが原因の肝斑は閉経と同時に無くなるので、悪い事ばかりではありません。

特に水分の保持に関しては今までよりもさらにレベルアップさせた化粧水を使う事でかなり回復しますので、できればいい物を使うようにした方がいいでしょう。

 

アクアレーベル ホワイトケア ローション

商品名 アクアレーベル ホワイトケア ローション
会社名 株式会社 資生堂
内容量 200ml
価格 1,540円
アンチエイジング成分 トラネキサム酸
安全性 アレルギーテスト済み

こちらは美白化粧水ということで、トラネキサム酸配合の美白化粧水です。トラネキサム酸の効果はすでにあるシミを消すのではなく、これからできるシミを防ぐ効果です。つまり、紫外線を浴びてもメラニンを作らせないことで美白効果を得る事ができます。
実際に使った人の口コミをチェックしてみると、かなりトロミのあるテクスチャーなのですが、塗ると短時間にスッと肌に馴染むのが特徴です。また、保湿効果が高いからなのかつけ始めてからニキビができにくくなったという声も複数ありました。
美白効果はやはりすぐに感じる事はできませんが、しばらくつかっているうちにだんだんと肌のトーンが上がってきたという喜びの声はいくつかありましたので、美白目的で使用する人は最低でも2か月間は継続が必要でしょう。

 

肌ラボ 極潤ヒアルロン液

商品名 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格 696円
アンチエイジング成分
安全性 パッチテスト済み

こちらは極潤という商品名の通り潤いが特徴のコスメです。つまり高保湿コスメです。ただし、実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、期待外れだったという声も多く見られます。肌ざわりはトロッとしているのに何度塗ってもすぐに乾燥してしまうといった内容です。色々不満をもっている方の内容を精査していると、塗ってから肌に馴染むまで比較的時間がかかるということがわかりました。やはり乾燥肌の人には潤いが不足していると感じやすい傾向があるようです。
パッチテスト済みとあるように、安全性は高いようで、今まで他の化粧品を使っていて問題があった人でもこちらに変えたとたんに肌荒れが落ち着いたという感想が多いようです。

 

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

商品名 フェイシャル トリートメント エッセンス
会社名 P&G プレステージ合同会社
内容量 160ml
価格 18,700円
アンチエイジング成分 ピテラ
安全性

こちらはコマーシャルでも大々的に宣伝されている化粧品で、コスメの中でも代表的なものです。価格的には手軽なものではありませんが、その効果は確かなものだと高評価を得ているコスメです。
肌がふっくらしてハリが出てくる感じが実感できるというものです。
ただし、このコスメ独特の香りが気になるという人もいるので、まずはサンプルやお試しから始めてみるのが良いかもしれません。
特に、低刺激で宣伝している化粧品ではありませんので、敏感肌や乾燥肌の人は最初は慎重に検討してみた方がいいでしょう。
化粧品コーナーに3日分のサンプルが置いてあることも多いようなので、結構気軽に試すことができるようです。
香りに関しても、だんだん慣れてくるという声も多く聞かれました。

 

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

商品名 化粧水 とてもしっとりタイプ
会社名 株式会社ちふれ化粧品
内容量 180ml
価格 616円
アンチエイジング成分 トレハロース
安全性 ノンアルコール

こちらは保湿力に特徴がある化粧水です。実際に使った人の口コミをチェックしてみると、保湿力に関してはおおむねほとんどの人が満足しているということがわかりました。ただし、使用感に関してはとろみが強く、浸透するまでに少し時間がかかるのが不満だという人もいました。ただ、ほとんどの人が高評価を付けているのがコスパの優秀さです。このボリュームでこの価格なので、バシャバシャ使っても気にせずに使うことができますし、安全性に関しても塗っても特にヒリヒリしたり、刺激を感じるといった人もいないようなので、安全性はかなり高い化粧水だと言えるでしょう。アルコールフリーなので、その点が多くの人の肌に合っているという可能性が高いようです。

 

KOSE 薬用 雪肌精

商品名 薬用 雪肌精
会社名 株式会社コーセー
内容量 200ml
価格 5,500円
アンチエイジング成分 和漢植物
安全性 弱酸性ベース

こちらは肌の透明感を引き出すことのできる化粧品として宣伝されています。そこでどのような美白成分が入っているのか成分をチェックしてみると、グリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合されていました。こちらは肌の炎症を防ぐ成分なので、美白効果はそれほど期待できるものではありませんが、実際に使ってみた人の感想をチェックしてみると肌のくすみが改善したという感想が比較的多いようです。ただし、保湿力に関しては多くの人が疑問を持っているようです。特に乾燥肌の人はこれだけでは足りないという意見が多いようでした。また、肌質によってはピリピリと刺激を感じてしまうような事例もいくつかありました。肌が普通肌以上の人には美白効果目的で使ってもいいかもしれません。

 

【ハリ回復】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

アンチエイジング化粧水

 

イグニス 薬用美白化粧水

商品名 ホワイトニングローション
会社名 株式会社アルビオン
内容量 110ml
価格 3,300円
アンチエイジング成分 Lーアスコルビン酸2ーグルコシド
安全性 自然素材

こちらはビタミンC誘導体が配合されている美白化粧水です。実際に使ってみた人の感想では、まず香りがあるようです。
どのような香りかというと、薬草のような香りで、このような香りがついているコスメは長く続けるのが難しいのですが、こちらだとどちらもいい香りという感想が多く、皆さん気に入っているようです。ただし、保湿力に関しては特に乾燥肌の人には保湿力が不足すると感じる人もいるようなので、乳液などを併用するといいかもしれませんね。
肝心の美白効果ですが、劇的に美白効果を実感できたという人はいないようです。
使い始めて数ヶ月して何となく肌のトーンが上がってきたような気がするという感想が多く、すでにあるシミに対してはあまり効果を実感できる人はいないようでした。

 

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

商品名 フェイシャル トリートメント エッセンス
会社名 P&G プレステージ合同会社
内容量 160ml
価格 18,700円
アンチエイジング成分 ピテラ
安全性

こちらはコマーシャルでも大々的に宣伝されている化粧品で、コスメの中でも代表的なものです。価格的には手軽なものではありませんが、その効果は確かなものだと高評価を得ているコスメです。
肌がふっくらしてハリが出てくる感じが実感できるというものです。
ただし、このコスメ独特の香りが気になるという人もいるので、まずはサンプルやお試しから始めてみるのが良いかもしれません。
特に、低刺激で宣伝している化粧品ではありませんので、敏感肌や乾燥肌の人は最初は慎重に検討してみた方がいいでしょう。
化粧品コーナーに3日分のサンプルが置いてあることも多いようなので、結構気軽に試すことができるようです。
香りに関しても、だんだん慣れてくるという声も多く聞かれました。

 

ロート製薬 肌ラボ 極潤ヒアルロン液

商品名 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格 696円
アンチエイジング成分
安全性 パッチテスト済み

こちらは極潤という商品名の通り潤いが特徴のコスメです。つまり高保湿コスメです。ただし、実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、期待外れだったという声も多く見られます。肌ざわりはトロッとしているのに何度塗ってもすぐに乾燥してしまうといった内容です。色々不満をもっている方の内容を精査していると、塗ってから肌に馴染むまで比較的時間がかかるということがわかりました。やはり乾燥肌の人には潤いが不足していると感じやすい傾向があるようです。
パッチテスト済みとあるように、安全性は高いようで、今まで他の化粧品を使っていて問題があった人でもこちらに変えたとたんに肌荒れが落ち着いたという感想が多いようです。

 

SAIBOWローション

商品名 サイボウ ローション
会社名 株式会社ドクターソワ
内容量 120ml
価格 5,500円
アンチエイジング成分 EGF
安全性 天然成分使用

こちらはEGFが配合されたエイジングケア化粧水です。また、ドクターズコスメとしても有名な化粧水になります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、少しトロミのあるテクスチャーのようですが、塗るとすぐに浸透してベタつき感はないので、保湿力には優れているという印象です。
乾燥肌の人が使ってもしっかりと乾燥を防いでくれると満足度は高いようです。
肌に浸透すると皮膚がもっちりして使い心地はいいようです。
ただし、一部の人で塗ると肌が少しピリつくという問題があるようです。
敏感肌の人の感想ですが、敏感肌が少し改善していくとこういったピリつき感は改善していく場合が多いので、あまり深刻に考える必要もないのかもしれません。

 

エスティローダー マイクロ エッセンス ローション

商品名 マイクロ エッセンス ローション
会社名 ELCジャパン株式会社
内容量 200ml
価格 14,850円
アンチエイジング成分 グリチルリチン酸2K
安全性

こちらは肌のバリア機能を高めるのに大切な成分が配合されている美容液レベルの化粧水です。
デパコスなので、なかなか継続するのは難しいという人がほとんどだと思いますが、使い始めると肌がもちもちしてきて、途中でやめられなくなってしまうという人も少なくありません。
ただし、200mlという容量なので、意外とコスパは悪くないのが本当のところです。
ですが、冷静に考えると、このレベルの保湿力だったら他にも値段が安いものでもいくつもあるので、そちらを選択する人も少なくありません。
すこしとろみのあるテクスチャーなのですが、塗るとすぐに馴染んでしまうので、ベタつくこともなく、使い心地は決して悪くはないという声がほとんどのようですね。

 

【シワ対策】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

アンチエイジング化粧水

 

ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート

商品名 アヤナス ローション コンセントレート
会社名 株式会社DECENCIA
内容量 125ml
価格 5,500円
アンチエイジング成分 セラミド
安全性 アレルギーテスト済み

こちらは敏感肌用の化粧水で、今まで別の化粧水を使っていて、なかなか解決できなかった人に向いている化粧水です。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、今までなかなか肌荒れが治らなかったのが、こちらを使い始めるとすぐに良くなったという人がかなり多いようです。
テクスチャーとしてはとろみがあり、肌に浸透しにくいと思いきや、顔に塗るとサラサラに変わってスッと浸透するという不思議な感覚です。
ただ、人によっては一部ですが、これだけでは乾燥してしまうという人もいましたので、最初はサンプル品から試してみるのがいいでしょう。
継続して使っていると、肌のトーンが上がってきたり、ハリが回復してきているのを実感できたりしているようです。

 

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

商品名 フェイシャル トリートメント エッセンス
会社名 P&G プレステージ合同会社
内容量 160ml
価格 18,700円
アンチエイジング成分 ピテラ
安全性

こちらはコマーシャルでも大々的に宣伝されている化粧品で、コスメの中でも代表的なものです。価格的には手軽なものではありませんが、その効果は確かなものだと高評価を得ているコスメです。
肌がふっくらしてハリが出てくる感じが実感できるというものです。
ただし、このコスメ独特の香りが気になるという人もいるので、まずはサンプルやお試しから始めてみるのが良いかもしれません。
特に、低刺激で宣伝している化粧品ではありませんので、敏感肌や乾燥肌の人は最初は慎重に検討してみた方がいいでしょう。
化粧品コーナーに3日分のサンプルが置いてあることも多いようなので、結構気軽に試すことができるようです。
香りに関しても、だんだん慣れてくるという声も多く聞かれました。

 

アスタリフト モイストローション

商品名 モイストローション
会社名 株式会社 富士フィルム ヘルスケア ラボラトリー
内容量 130ml
価格 4,180円
アンチエイジング成分 コラーゲン
安全性

こちらは少々値段が高めですが、評判の良い化粧水です。
実際に使ってみた人の感想をチェックしてみると、悪い内容というのは全くと言っていいほどありませんでした。
といって、良い内容の感想はどうかと言えば、こちらも具体的な内容はありませんでした。
保湿力に対して不満を持っている人もいませんでしたが、別の人の感想では保湿力が普通といった感じです。
つまり、良くも悪くも特徴の少ないものであるということがわかります。
たしかに保湿だけで、肌に刺激のないものだったら他にももっと値段の安くていいものがありそうなので、あまり魅力的には見えないという人もいるかもしれません。
今まで色々な化粧品を使ってみても自分の肌に合わなかったという人には向いているでしょう。

 

アテニア ドレスリフト ローション

商品名 ドレスリフト ローション
会社名 株式会社アテニア
内容量 150ml
価格 3,625円
アンチエイジング成分 発酵コラーゲン
安全性 アレルギーテスト済み

こちらの化粧品は年齢肌を防ぐ効果のある化粧水として高評価を得ているものです。
実際に使用した人の感想をチェックしてみると、まずはテクスチャーがとろみのあるものだとわかりました。
若いうちはこのようなトロミのある化粧水などは使用せずとも問題ないのですが、ある程度年齢を重ねた肌はとろみがあった方がより肌に浸透しやすいという傾向があるようです。
美白効果というよりもハリ回復に重点を置いた化粧水なので、美白化粧品のように肌に刺激を感じやすかったりすることもないので、ある程度の敏感肌の人でも安心して使うことができそうです。
初めての人は最初はサンプルやお試しセットという手軽に試せるものがありますので、そちらから始めてみるのがいいでしょう。

 

肌ラボ 極潤α ハリ化粧水 しっとりタイプ

商品名 肌ラボ 極潤α ハリ化粧水 しっとりタイプ
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格
アンチエイジング成分 エラスグロウ
安全性

こちらは保湿にこだわった化粧水です。
通常の化粧水はサラサラしているものなのですが、こちらはトロミのある化粧水なので珍しいですね。
乾燥肌にはちょうどいいかもしれませんが、実際に使用してみた方の口コミをチェックしてみると、脂性肌の人にはちょっとベタつきすぎて難しいという人もいました。
ただ、乾燥肌にとっては、ちょうどいい感じの保湿力なので満足度はたかいようです。
肌のハリ回復を目的として購入される人がほとんどだと思いますが、実際にはたるんでしまった毛穴を引き締める事ができる効果が評判になっているようです。
うるおい成分で肌を内側からふっくらさせて毛穴やハリを回復させるような効果がありますね。
このように、乾燥からくるシワなどにはとても効果的です。

 

【プチプラ】アンチエイジング化粧水のおすすめ人気ランキング

アンチエイジング化粧水

 

資生堂 エリクシール アドバンスド ローション

商品名 エリクシール アドバンスド ローション
会社名 株式会社 資生堂
内容量 170ml
価格 4,180円
アンチエイジング成分
安全性

こちらはアンチエイジング効果の高い化粧水として高評価を得ている化粧水です。
成分をチェックしてみると、特に医薬部外品の成分などは入ってはいないのですが、基本の保湿成分などはしっかりと充実している印象です。
実際に使用している人の口コミをチェックしてみると、テクスチャーはとろみがある特徴的なものでした。
とろみがあってもそれがストレスにつながるようなベタつき感のようなものはなく、すぐに肌に馴染むようです。
ハリ回復のためにはこのくらいのとろみがないと信頼できないといった意見もありました。
中には使い始めてまだ数日間なのに肌に弾力をしっかりと感じる事ができたという人も結構いるみたいなので、即効性がある化粧水みたいで驚きました。

 

無印良品 エイジングケア化粧水 高保湿タイプ

商品名 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ
会社名 株式会社良品計画
内容量 400ml
価格 1,190円
アンチエイジング成分
安全性 低刺激性

こちらは敏感肌でも刺激のない、高保湿が特徴の化粧水です。
今まで別の化粧水を使っていて、その中に少しアルコールが入っていたらしくて、肌がバリバリになったので、こちらに変えたら、すぐに肌の調子が戻ったので、安全性はかなり高いようです。
また、保湿力に関してはチェックした限りは全ての人が満足している様でした。ただし、使用感は高保湿と表示されているだけあって、少しベタつき感があるようです。しかし、肌に馴染むとサラサラして気にならなくなるようなので、使いやすい高保湿化粧水です。また、大容量なのに価格も千円ちょっとなので、コスパは優秀で、化粧水をケチケチせずに使うことができるので気分的にも満足しやすい内容だと思います。

 

トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローションEX

商品名 トランシーノ 薬用ホワイトニングクリアローションEX
会社名 第一三共ヘルスケア株式会社
内容量 150ml
価格 2,773円
アンチエイジング成分 トラネキサム酸
安全性

こちらはトラネキサム酸が配合してある美白化粧水です。
トラネキサム酸は紫外線を浴びてもメラニンを作らせないという作用があり、シミの予防になります。
この予防効果と肌本来に備わっているターンオーバーの効果を合わせる事で、すでにあるシミも改善することが可能です。
ただし、美白成分の入っているコスメというのは、一般的に肌に刺激を与えやすいというデメリットもあります。
実際に使用してみた方の口コミをチェックしてみると、ピリピリするような刺激を感じる事はなかったようです。
もちろんトライアルやサンプルなどもありますので、特に敏感肌で心配であれば、まずはそちらから試してみるのがいいでしょう。
塗り始めて数日で肌のトーンアップを実感できる人も多いようです。

 

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 しっとりタイプ

商品名 肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 しっとりタイプ
会社名 ロート製薬株式会社
内容量 170ml
価格 900円
アンチエイジング成分 トラネキサム酸
安全性 アルコールフリー

こちらは美白と保湿の両方を満足させるという評判の化粧水です。
美白のコスメの場合には気を付けなければならないのが肌への刺激です。
一般的に美白成分というものは肌に刺激がある場合が多く、敏感肌の人には使うのが難しいともいわれています。
また、高保湿の化粧水はトロトロとしたテクスチャーでベタつく感じが好きじゃないという点が気になるところです。
では実際に使用した方の感想をチェックしてみると、とろみのあるテクスチャーのものは浸透しにくい気がするといったような声もいくつか聞かれました。
そして敏感肌にとって心配な刺激性ですが、肌に刺激を感じたという内容のものはチェックした限りではありませんでしたので、敏感肌でも安心して使うことができそうです。

 

資生堂 アクアレーベル ホワイトケア ローション

商品名 アクアレーベル ホワイトケア ローション
会社名 株式会社 資生堂
内容量 200ml
価格 1,540円
アンチエイジング成分 トラネキサム酸
安全性 アレルギーテスト済み

こちらは美白化粧水ということで、トラネキサム酸配合の美白化粧水です。トラネキサム酸の効果はすでにあるシミを消すのではなく、これからできるシミを防ぐ効果です。つまり、紫外線を浴びてもメラニンを作らせないことで美白効果を得る事ができます。
実際に使った人の口コミをチェックしてみると、かなりトロミのあるテクスチャーなのですが、塗ると短時間にスッと肌に馴染むのが特徴です。また、保湿効果が高いからなのかつけ始めてからニキビができにくくなったという声も複数ありました。
美白効果はやはりすぐに感じる事はできませんが、しばらくつかっているうちにだんだんと肌のトーンが上がってきたという喜びの声はいくつかありましたので、美白目的で使用する人は最低でも2か月間は継続が必要でしょう。

 

アンチエイジング化粧水は何歳から使う?使わないと老化が早くなる?

アンチエイジング化粧水

 

アンチエイジング化粧水は何歳から使えば良い?

アンチエイジング化粧水のアンチエイジングとは年齢肌に逆らうという事です。

つまり、アンチエイジング化粧水を使わずにそのまま放置しておくと、年齢相応の肌になってしまうところをアンチエイジング化粧水を使うことにより、年齢よりも若く見せる事ができます。

ここで一番重要なのは、一度できてしまったシワやたるみ、シミは完全に消すことはできないという事です。

シワを目だななくさせたり、シミを薄くしたりすることはコスメや様々な努力で改善することはできますが、完全にはなくすことはできないので、一番のポイントはどれだけエイジングサインができるのを遅らせるか、です。

シワやシミはできてしまうのは仕方がないので、最初にできるタイミングをなるべく後にずらすことにより実際に年齢よりも若く見せる事ができます。

このようなポイントを考えると、アンチエイジング化粧水は28歳から使い始める事で無駄なく効率よくエイジングケアができる事がわかっています。

 

28歳ごろをピークに肌の代謝(ターンオーバー)が低下する

肌のターンオーバーはエイジング問題で最も重要と言っても過言ではありません。

30歳前、28歳くらいになると、肌は様々な異常が発生してきます。

今まで正常だった色々な肌の成分の生産量が急に減ることで、全体のバランスが崩れ、急に肌のターンオーバーがうまくいかなくなります。

肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、特にシミができやすくなります。

今まで紫外線を浴びても少し日焼けした感じで黒くなって皮がむけて何もなかったように今までの白い肌が出てきます。

ところがターンオーバーがうまくいかなくなると紫外線を浴びると皮がむけずにそのままシミとなって残ってしまうのです。

この皮がむけるというのが、いわゆるターンオーバーで、古い皮膚を排出して新しい皮膚を作り出すサイクルです。

28歳ころから急にターンオーバーが以前のように働かなくなるので要注意です。

 

28歳ごろからコラーゲンの産生量が減りハリ感が低下する

ターンオーバーの正常なサイクルを支えているのがコラーゲンです。

私たちの肌はもともと自らコラーゲンを作り出す能力があります。

コラーゲンは皮膚の水分を保持するのに必要な成分で、新しい皮膚が作られる際にかならず必要になります。

ところが、加齢とともにコラーゲンを作り出す量がだんだんと減ってしまいます。

すると、新しい皮膚が以前のようなペースではできてこないので、ターンオーバーも乱れてしまいます。

コラーゲンの生成量が減るのは諸説ありますが、やはり細胞内の核であるミトコンドリアの働きが悪くなるからだと言われています。

このように加齢により、最初は少しコラーゲンの生成量が減るだけだった問題が、ターンオーバーの乱れになり、さらにシミをできやすくしてしまうのです。

 

28歳ごろからヒアルロン酸の分泌量が減り肌が乾燥しやすくなる

ヒアルロン酸とは1gで6リットルもの水分を保つことができると言われている成分です。

人工で作ることもできますが、こちらの成分は私たちの皮膚でも作られます。

若い時ほど多く作られて、赤ちゃんの肌がプルプルなのは、皮膚にヒアルロン酸量が多く、常に水分が保たれている状態だからです。

ですので、赤ちゃんのような肌にするためにはヒアルロン酸を増やす必要があります。

ですが、ヒアルロン酸は28歳くらいを境に急激に産生量が激減してしまうのが問題です。

ヒアルロン酸が減ってしまうと水分を皮膚に保っておくことが難しくなり、肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下して紫外線を浴びても皮膚を守る力が弱いので、今までよりもダメージが大きくなります。

また、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

このように28歳くらいになると自分の肌以外にも外からヒアルロン酸を補充することも大切です。

 

アンチエイジング化粧水を使わないと老化が早くなる?

アンチエイジング化粧水を使わないと老化が早くなるのでしょうか?

アンチエイジング化粧水を使う場合と比べると断然老化が早くなります。

エイジングで何が問題かというと、それは加齢による肌の乾燥です。

皮膚が乾燥することで、さまざまな問題が発生します。

まずは肌のバリア機能が低下してしてしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、さまざまな刺激をそのままダメージとして受けてしまうので、老化が加速度的に進んでしまいます。

そして、肌が乾燥することにより発生する問題として皮膚のたるみです。

肌の水分量が減ってしまうと今まで肌を重力に負けないように支えていた力が落ちてしまうのでたるみが発生してしまいます。

肌がたるむと肌のくすみの原因にもなりますし、シワも深くなってしまいます。

 

エイジングケアで重要なこと1・紫外線ケア

肌の老化の原因の80%以上が紫外線によるものだと言われています。

これを光老化といいます。

紫外線はそれ自体が肌にとって悪い影響を与えます。

沢山の紫外線を浴びると皮膚細胞の核がダメージを受けて、細胞が死んでしまったり、がん細胞に変異したりもします。

紫外線を浴びすぎると皮膚がんになるというのはこれが原因です。

同時に紫外線を浴びてもダメージが皮膚細胞に行かないようにする自衛作用もあります。

紫外線は黒色に吸収されやすいという習性を利用して、私たちの皮膚細胞とは別にメラノサイトという細胞があり、そこでメラニンという黒色の色素を作り出すことで皮膚細胞にダメージが及ばないようにします。

この黒色色素がシミになります。

シミや皮膚がんになりたくないのであれば、一番大切なのは紫外線ケアです。

 

エイジングケアで重要なこと2・保湿

エイジングケアでとても大切なのは保湿です。

コスメの中にはシミ対策やシワ改善、オールインワンジェルなどがありますが、どれも保湿がベースになっていますよね。

つまり、保湿がうまくいっていないとどんなエイジングケアもうまくいかないという事です。

エイジングケアの基本は保湿です。

年齢を重ねると肌の保湿能力が落ちてどんどん乾燥してしまうことにより色々な問題が発生するので、保湿だけをしっかりとしていればそれだけで立派なエイジングケアになります。

保湿能力があれば、肌のバリア機能がしっかりと働きますので、紫外線のダメージもかなり減らすことができますし、肌がしぼんでしまう事もありません。

ですので、エイジングケアの基本である保湿だけは常にしっかりと意識しておくことが大切です。

 

アンチエイジング化粧水だけでは肌の老化を止めることはできない

アンチエイジング化粧水を使えば肌の老化を止める事ができると考えている人がいますが、老化は止める事はどのような方法でも不可能です。

アンチエイジング化粧水でできるのは肌の老化を遅らせる事だけです。

つまり、老化のスピードをゆっくりにすることはできますが、止める事はできません。

ただし、老化のスピードを遅れさせることは短期的にみれば違いはわかりませんが、アンチエイジング化粧水を使って老化のスピードを遅れさせている期間が長ければ長いほど違いは明らかになってきます。

つまり、若いうちに使い始めた人と、ある程度老化が進んでからやっと使い始めた人の肌が全然違うのは、どのくらいの期間アンチエイジング化粧水を使い続けてきたかという事でもあります。

肌の老化は止める事はできませんが、なるべく早くからエンジンぐケアを行うのはこのような理由があるからです。

 

アンチエイジング化粧水と保湿化粧水の違い/エイジング化粧水はハリ・シミ・シワの予防に効果的

アンチエイジング化粧水

 

アンチエイジング化粧水の特徴/保湿化粧水との違い

アンチエイジング化粧水には保湿成分がしっかりと入っているのに、保湿化粧水とは別に扱われていますが、どうしてでしょうか?

簡単に言えばアンチエイジング化粧水は高保湿の化粧水という違いです。

ですので、アンチエイジング化粧水を見たら、高保湿化粧水と考えればいいです。

アンチエイジング化粧水はどのような時に使われるかといえば、老化をスピードを遅らせたいと思ったときです。

肌の老化を遅らせるのに最も大切なのは保湿です。

ですので、アンチエイジング化粧水とはどんな乾燥肌でも満足させられるように高保湿の成分が配合されています。

ただ、それだけでは物足りませんので、シワを改善する成分だったり、シミ対策成分が入っていたりとプラスアルファの成分が入っているのが一般的です。

 

ハリ回復に効果的なエイジングケア成分

アンチエイジング化粧水でハリ回復の効果のあるものを使いたいのであれば、ハリ回復効果のある成分が入っている化粧水を選びましょう。

ハリを回復させるには、コラーゲンやヒアルロン酸がとても有効です。

これらの成分は年齢と共に私たちの体内で生成される量が減少していきますので、化粧水で補充するしか他に方法はありませんので、とても重要な成分です。

これらの成分を取り入れる事で、肌が内側からふっくらして肌のバリア機能だけでなく、肌のハリが出てきて今まであったシワも目立ちにくくなったりといった効果もあります。

ただし、アンチエイジング化粧水を検討しているのであれば、これらの成分が入っているのは当然だと考えておきましょう。

プラスアルファでエラスチンという呪力に負けないために皮膚を引っ張ってくれる成分を取り入れる事で、さらにリフトアあぷの効果を得る事ができます。

 

シミに効果的なエイジングケア成分

エイジングケアで重要な成分がシミに効果のある成分です。

シミはファンデーションやコンシーラーで見えにくくすることはできますが、シワよりも見栄えが悪いので、深刻な悩みです。

アンチエイジング化粧水の中にシミに効果的な成分が入っているものがあれば、それはとてもうれしい成分です。

では、シミに効果的な成分とはどんなものがあるでしょうか。

例えばトラネキサム酸やビタミンEといった成分があります。

これらの成分は紫外線を浴びてもメラニンを作らせないという作用があり、シミのできにくい体質を作ることができるエイジングケア成分です。

他にもビタミンC誘導体といった成分はメラニンを作らせない効果に加えてすでにあるシミを薄くする効果もありますので、さらに効果的です。

ただし、こういった美白成分入りのコスメは肌に刺激がある場合がありますので、まずはサンプルやお試しなどで自分の肌に合うのかどうかを試してからがいいでしょう。

 

シワに効果的なエイジングケア成分

アンチエイジング化粧水は高保湿なのが特徴ですが、これにシワに効果的な成分がプラスアルファで入っているとさらに効果的です。

高保湿成分が入っているだけですでに小さな小じわなどにはとても効果があります。

ただし、これからの予防や改善などを考えるとさらにシワ対策に特化した成分が入っているものを選ぶといいでしょう。

まずは肌のターンオーバーを正常化する成分が入っているものがいいでしょう。

新しい皮膚をどんどん作り出すことにより、ハリのある肌が表面に出てくるので、シワ改善にとっても効果的です。

また、皮膚のコラーゲンの生成作用を促進させるような成分が入っていると最高です。

これら二つの効能を持った成分というのがあり、それがレチノールです。

シワ改善も考えているのであればレチノール入りの化粧水を選びましょう。

 

肌の老化を食い止める!アンチエイジングのコツ

アンチエイジングを上手に行う人とそうでない人がいます。

アンチエイジングが下手な人の特徴は色々なスキンケアを短期で試して次々に変えてしまう人です。

女性の肌は月の間に状態がコロコロ変わりますので、そのたびにコスメを変えていると、どれがどのくらい聞いているのかがよくわからなくなってしまいます。

一番のコツは一番最初に色々試してみて、一番自分に合ったものを長期間続けてみる事です。

アンチエイジングというのは長期間続けることが一番大切だと言ってもいいかもしれません。

数ヶ月、場合によっては数年単位で使い続ける物なので、値段、使い心地、香り、肌への刺激など総合的に考えて、最も自分が使うときに続けやすい条件のものを選ぶのが一番です。

少しでも違和感があるものはストレスになるので、選ばないようにしましょう。

 

エイジングケアは20代から!早めにスタートしよう

エイジングケアを始めるのは早ければ早いほどいいと言われています。

ですが、中学生や高校生から始めるのはまだ早すぎます。

なぜなら、10代からエイジングケアをしても肌は水分や栄養が不足していない状態なので、スキンケアを行っても意味がないからです。

お金や手間や時間だけが無駄になってしまいます。

ではいつからがいいのか?

一般的には28歳からが最も効果的だと言われています。

ただし、これには個人差もありますので、25歳くらいから始めれば無駄なく効果的にエイジングケアを始める事ができると思われます。

まだ早すぎだと指摘する人もいますが、若いうちからエイジングケアをしている人の肌は同じ年代の人と比べて全然若々しいという事実がありますので、参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

肌悩みに合わせたアイテムを追加しよう

アンチエイジング化粧水は高保湿化粧水です。

これだけでも十分保湿効果が高く、どんな乾燥肌でもしっかりと水分を補充させることができます。

肌を十分に保湿することでシミもできにくく、シワなども小じわが目立たなくなる効果があります。

ただし、シミやシワに関しては目に見えて劇的な変化を期待することはできません。

もし、シミやシワを劇的に改善したいのであれば、その効果のある成分の入っているアンチエイジング化粧水を探してみるのもいいでしょう。

ただし、プラスアルファで入っている成分はあまり効果を実感しにくいという実情がありますので、本当に効果を期待しているのであれば、別にシミやシワに効果的な美容液を併用するとさらに効果的です。

 

美肌によい食事を意識しましょう

美肌によい食事は一番遠回りに見えて、実は美肌にとって一番の近道でもあります。

毎日の食生活は欠かせないものですし、美肌に良い食事を続けることによって、シミもシワもできにくい体質を作り出すことができます。

ただし、美肌によい成分というのは沢山ありますので、どれを選ぶのかは少し難しいかもしれません。

最も簡単な方法は、ダメな食事を覚えておくという事です。

美肌にとって悪影響を与える食事だけ覚えておけばそれだけ注意すればいいので楽ですよね。

美肌にとってダメな食事とはファストフードやコンビニの弁当など、一般的に栄養が偏っているというものです。

美肌にはビタミンとミネラルが特に大切です。

これらの食品にはビタミンとミネラルが特に不足しています。

 

乾燥対策は体内から!しっかり水分をとりましょう

皮膚が乾燥する原因は水分不足です。

水分を補うためにはお風呂に長時間入ったり、湿度の高い部屋にずっといてもあまり意味はありません。

最も効果的なのは水分を沢山飲むことです。

身体のなかに水分が足りないと肌に回る水分も減ってしまいますので水分を多くとることはとても重要です。

水分を摂る量の目安は一日当たり1.5リットルから2リットルが最適だと言われています。

また、水を多く飲むことにより、デトックス効果も期待できますので、デメリットはほとんどないのが特徴です。

ただし、水分補給のために砂糖の多く入ったジュースを飲んだり、他にも色々と添加物の入った水分を沢山摂っても逆効果になることもありますので、できれば純粋な水だけを飲みましょう。

 

成長ホルモンで美肌に!質の高い睡眠をとりましょう

美肌になるためには質の高い睡眠をとることがとても大切です。

よく『寝る子は育つ』という言い伝えを聞きますが、実際に睡眠時間と成長速度は比例しているそうです。

つまり、寝る時間の多い子供は成長スピードが速いという事です。

では、睡眠と美肌とどのような関係があるのか気になりますよね?

人間が成長するには成長ホルモンというものが必要になります。

ダメージを受けた肌を修復するにも成長ホルモンが使われます。

この成長ホルモンは起きている間は分泌されません。

寝ている間にしか分泌されないということがわかっています。

つまり長く眠る子供は成長ホルモンがそれだけ多く分泌されるので、成長スピードが速いですし、大人になってもよく眠る人は肌の修復も効率よくおこなわれるので美肌になりやすいという事です。

 

アンチエイジング化粧水の選び方/おすすめ人気ランキングまとめ

アンチエイジング化粧水の選び方をまとめると、

20代半ばで始めるとちょうどいい

アンチエイジング化粧水をどのような目的で使っているのかを調査してみると、

『実年齢よりも若く見られたい』

このような目的をもって使っている人が多いようです。

しかし、実際にアンチエイジング化粧水を使い始める時期で最も多いのが40代以降なのです。

アンチエイジングとは、老化を遅らせる事は出来ても、若返らせることはできません。

このことをわかっていない人が多いようです。

ですので、老化する前に使う必要があります。

つまり、20代半ばで始めるとちょうどいいというわけです。

もし間に合わなくても思い立ったときが使い時です。

早めに始めても悪い事はありませんので、なるべく一日でも早いうちに使うのがポイントです。

 

⇒関連記事:わらびはだ 口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました