【美肌にいい食べ物ランキング】ニキビや肌荒れに効く飲み物

美肌食べ物ランキング 美白ケア
  1. 美肌にいい食べ物/美肌をつくるおすすめの栄養素ランキング
    1. 美肌をつくる栄養素1・ビタミンAのはたらき
    2. 美肌をつくる栄養素2・ビタミンB群のはたらき
    3. 美肌をつくる栄養素3・ビタミンCのはたらき
    4. 美肌をつくる栄養素4・ビタミンEのはたらき
    5. 美肌をつくる栄養素5・たんぱく質のはたらき
  2. 美肌にいい食べ物ランキング/ニキビや肌荒れに効果的な栄養素は?
    1. 毛穴に効果的な食べ物【開き毛穴】
    2. 毛穴に効果的な食べ物【黒ずみ毛穴】
    3. 毛穴に効果的な食べ物【たるみ毛穴】
    4. シミに効果的な食べ物・L-システインが豊富な食べ物
    5. しわ・たるみに効果的な食べ物・コラーゲンが豊富な食べ物
  3. 美肌にいい飲み物ランキング
    1. 美肌にいい飲み物ランキング・ミネラルウォーター
    2. 美肌にいい飲み物ランキング・白湯
    3. 美肌にいい飲み物ランキング・トマトジュース
    4. 美肌にいい飲み物ランキング・緑茶
    5. 美肌にいい飲み物ランキング・豆乳
    6. 美肌にいい飲み物ランキング・青汁
    7. 美肌にいい飲み物ランキング・グリーンスムージー
  4. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点
    1. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点1・水は常温で飲みましょう
    2. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点2・水分は小まめに取りましょう
    3. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点3・過剰な水分は浮腫みの原因となる
    4. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点4・カフェインは適量にしましょう
    5. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点5・アルコールは適量にしましょう
    6. 美肌にいい飲み物を摂るときの注意点6・起床時にゆっくりと白湯を飲みましょう
  5. 美肌におすすめの食べ物・飲み物とサプリやドリンクを併用する
    1. 美肌の栄養素はバランスの良い食事から摂るのがベスト
    2. 食事で補えない栄養素はサプリで摂るのがおすすめ
    3. 美肌におすすめのドリンク・ザ コラーゲン/資生堂
    4. 美肌におすすめのドリンク・ディフェンセラ/オルビス
    5. 美肌におすすめのドリンク・ホワイトフォース/ファンケル
    6. 美肌におすすめのドリンク・ヘリオホワイト/ロート製薬
  6. 美肌にいい食べ物・飲み物ランキングまとめ

美肌にいい食べ物/美肌をつくるおすすめの栄養素ランキング

美肌食べ物ランキング

 

美肌をつくる栄養素1・ビタミンAのはたらき

ビタミンAが不足すると、肌がガサガサゴワゴワして、角質が残っている感覚があります。

もちろんメイクのノリも悪くなります。

乾燥しやすくもなります。

また、目が乾燥しやすくなり、暗い所で目が見えにくくなります。

以上の問題でもわかりますが、ビタミンAが不足すると肌のターンオーバーが乱れて、粘膜や皮膚が乾燥します。

つまり、ビタミンAを補う事で肌に潤いを与え、ターンオーバーも正常に戻す働きがあります。

もっと具体的にはビタミンAは私たちの肌でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促す作用がありますので、肌を柔らかく、弾力性を高めるので、シワやたるみの改善にもつながります。

ただし、ビタミンAは他の成分に比較して刺激が強いというデメリットもあるので、まずはサンプル品などから始めた方が無難です。

 

美肌をつくる栄養素2・ビタミンB群のはたらき

ビタミンB群が不足した人の肌はニキビができやすくなったり、髪の毛の抜け毛も多くなります。

つまり、ビタミンB群を補充する事により肌荒れやニキビができにくくなって、抜け毛も減ります。

具体的にどのような作用があるのかを紹介すると、まずは皮脂の量をコントロールする作用です。

ビタミンB群であるB6が不足することにより、皮脂の過剰分泌が起きやすくなり、皮脂が過剰に増える事でニキビができやすくなったり、肌荒れの原因になったりもします。

また、こちらもビタミンB群のひとつである葉酸は肌のターンオーバーを促進させるという作用があります。

肌のターンオーバーが促進すれば、皮膚の表面は常に新しい新鮮な皮膚が出てくるので、栄養も良く回り、不純物はすぐに体外に排出されますので、シミはできにくく、髪の毛は抜けにくくなります。

ビタミンB群は美白ケアのできる美白成分の中でも特に優秀です。

 

美肌をつくる栄養素3・ビタミンCのはたらき

ビタミンCが不足すると、あらゆる肌悩みが出現して、スピード老化すると言われています。

マウスを使った実験ではビタミンC全く与えていないマウスは与えたマウスと比べて内蔵のあらゆる部分の老化が激しく、4分の1の寿命しかなかったそうです。

具体的にはビタミンCの効能としてまず挙げられるのは抗酸化作用です。

紫外線やストレスなどを受けると、人は活性酸素を生み出します。

この活性酸素は皮膚のコラーゲンなどを分解し、皮膚にたるみを生み出し、シワなどの原因にもなってしまいます。

また、活性酸素はメラノサイトを刺激してメラニンを作り出してシワの原因にもなります。

このように、ビタミンCは美肌にとって欠かす事のできない美肌成分です。

 

美肌をつくる栄養素4・ビタミンEのはたらき

ビタミンEが不足すると、肌のくすみ、シワ、シミが増えます。

体調的には冷え性や頭痛、肩こりなどが発症します。

このことからも分かるようにビタミンEの主な効能とは血行促進作用です。

ビタミンEによって血行が促進されると、肌のターンオーバーが正常に戻ってきます。

肌のターンオーバーが正常になると、常に健康的な皮膚が表面に出てきて、古い皮膚は垢として落ちます。

つまり、キメが細かくて健康的な皮膚が常に前面にでて美肌作用を実感できます。

次に抗酸化作用です。

ビタミンEの抗酸化作用により、活性酸素を無害化し、シワやシミができるのを防ぐことができます。

また、硬くなった血管を柔らかくして、動脈硬化を改善するので、健康面でもとても役に立ちます。

 

美肌をつくる栄養素5・たんぱく質のはたらき

たんぱくしつが不足するとシワやシミやくすみが増えます。

タンパク質は皮膚の材料になりますので、当然と言えば当然です。

ただし、タンパク質が不足すると比較的早く皮膚に悪影響が出てきます。

というのもタンパク質は体内で再合成される優先順位が決まっています。

皮膚や爪や髪の毛などは最も後回しにされます。

優先順位が高いのは、血管や内臓や血液です。

ですので、タンパク質が不足すると、まず最初に皮膚に影響が現れます。

肌のターンオーバーが乱れて古い皮膚がそのまま残ってしまうので、紫外線のダメージを受けやすく、皮膚もくすみがちで、透明感とはかけ離れた結果になってしまいます。

最近はダイエットで断食する人もいるようですが、タンパク質は不足すると生命維持に影響を与えかねませんので健康に影響のない範囲で行いましょう。

 

美肌にいい食べ物ランキング/ニキビや肌荒れに効果的な栄養素は?

美肌食べ物ランキング

 

毛穴に効果的な食べ物【開き毛穴】

開き毛穴ってご存じですか?

まん丸に近い形で毛穴が開いてしまっている状態の毛穴です。

毛穴が開いたままになっていると汚れがたまりやすいですし、毛穴の中が日陰になって顔全体がくすんだ印象に見えてしまいます。

この開き毛穴の原因はずばり皮脂の過剰分泌です。

毛穴の中に皮脂腺があるのですが、常に皮脂が多く分泌されているので皮脂の出口である毛穴の出口も大きく広がってしまいます。

このように皮脂が多く分泌される原因は色々ありますが、その一つは乾燥です。

食べ物でも肌の乾燥を防いだり、活性酸素を無害化したりと色々な効能のある食べ物がありますので、普段から心がけていれば開き毛穴も改善することができます。

まずはどのような成分や食べ物が美白に効果的なのかをチェックしてみましょう。

 

ビタミンB2が豊富な食べ物

ビタミンB2は皮脂の量をコントロールして、過剰分泌の時には量を減らしてくれます。

分泌の量が減ると毛穴の広がりも改善し、毛穴ケアに繋がります。

では、どのような食べ物にビタミンB2が多く含まれているのでしょうか?

例えば焼きのりであれば100g中に2.33mg含まれていますので、かなり多い方だと言えます。

でも、焼きのりって普段からそんなに沢山食べるでしょうか?

現実にはほとんど食べないので焼きのりは、他の食品と比べて確かに多く含まれてはいますが、候補からは除外した方がいいかもしれません。

普段食べているもので、なるべく多く含んでいる食品をピックアップすると、

豚レバー 3.60mg
牛ハツ 0.90mg
鶏卵 0.43mg

 

ビタミンB6が豊富な食べ物

ビタミンB6は皮脂の分泌量をコントロールしてくれる作用がありますので、開き毛穴の改善や予防を行うことができます。

では、どのような食品にビタミンB6が多く含まれているでしょうか?

ビタミンB6は肉類だけでなく、色々な野菜にも含まれています。

にんにく 1.53mg
ミナミマグロ赤身 1.08mg
鶏むね肉 0.64mg

にんにくは普段の生活の中で大量に消費することはあまりないと思いますので、あまり参考にしないでいいと思います。

マグロや鶏むね肉などは普段から比較的に多くの重量を摂ることができますので、おすすめです。

ただし、普段の生活の中ではあまり不足するという事はありません。

というのもビタミンB6は色々な食べ物の中に必ずと言っていいほど入っているからです。

肉だけでなく野菜の中にも入っているので他の成分と比べて不足しにくいということはあります。

 

開き毛穴におすすめの化粧品・メルライン

商品名 メルライン
メーカー名 株式会社リアルネット
容量 55g
価格 7,700円
使用方法 洗顔後
有効成分 プラセンタエキス

こちらには水溶性プランセンタが配合されているオールインワンジェルです。
グリチルリチン酸ジカリウムも配合されており、大人ニキビに対しても予防や改善の効果が期待できます。
また、毛穴に対しても大きな効果が期待できます。
では、実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、
まず、保湿力に関しては、これだけでは少し不足を感じるので、別にプラスアルファで使っているものがあるという声がいくつかありました。
ただ、毛穴に関しては一週間ほど続けていると開いていた毛穴が引き締まってくすみなども改善したという声がいくつかありました。
すこしネガティブな点は、においです。
何か石油系のような匂いがあまり好きではないという声もありましたので、まずは試してみてから購入するのをおすすめします。

 

関連ページ:【メルライン 口コミ

 

毛穴に効果的な食べ物【黒ずみ毛穴】

毛穴が黒ずんでいると、全体的に不潔に見えてしまいます。

特に鼻の毛穴の黒ずみは目立ちやすく、イチゴ鼻とも呼ばれています。

毛穴が黒ずんでいる中身は皮脂や角栓が酸化して黒くなっているものです。

汚い印象は嫌なので、一生懸命にゴシゴシと皮脂や角質を洗い流そうとしてしまいます。

ですが、皮脂の取りすぎもダメで、皮脂がなくなると、肌は乾燥を防ごうと、さらに多くの皮脂を分泌してしまうので、逆効果になってしまいます。

一番いいのは肌の自然なターンオーバーを促進させることです。

特に角質は正常なターンオーバーであれば、毛穴に留まることはあまりありませんので、黒ずみ毛穴の対策としては、まずは肌のターンオーバーを整える事が第一優先になります。

 

ビタミンAが豊富な食べ物

ビタミンAはコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする作用があります。

これらの材料は肌のターンオーバーにとって必須のものですので、ビタミンAを摂っておくことで肌のターンオーバーを促進させることができます。

ビタミンAを多く含む食べ物はレバーや鶏卵、ほうれん草、ウナギといったものがあります。

また、ニンジンなどの色の濃い野菜、つまり緑黄色野菜には多く含まれていると覚えておくと便利でしょう。

ビタミンAは野菜や肉にも含まれている事が多いので、通常の食事をしている人は不足することはあまりありませんが、不足すると、肌のターンオーバーが不調になるので、肌がざらついたり、くすんだ感じになってしまったり、毛穴の黒ずみが目立つようになってきます。

 

ビタミンCが豊富な食べ物

肌のターンオーバーにはビタミンCの役割もとても重要になります。

ビタミンCは特にコラーゲンの合成について必須の成分になっていますので、常に摂っておきたい成分になります。

居酒屋のようにコラーゲン豊富な豚足にレモンが付いてくる場合はとても便利ですが、通常はコラーゲンやタンパク質とビタミンCが一緒に摂れる事はありません。

また、悩ましいのが、ビタミンCは体の中にためておくことができないという事です。

一定量を超えてしまうと余った分は体外に排出されてしまうので、まとまってたくさん摂っても意味はありません。

ピーマンや柑橘系に多く含まれているビタミンCですが、まとめて摂るよりも、毎日少しずつでも継続して摂る方法の方が効率はいいです。

 

ビタミンEが豊富な食べ物

ビタミンEには大きく二つの美肌効果があります。
一つ目は血行促進作用です。

血行促進作用により、色々な栄養がしっかりと肌に届きますし、不純物や老廃物も体外に出しやすくなります。

肌にとってはターンオーバーが正常になり、古くてバリア機能の弱くなった皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚が表面に出てきてくれるようになります。

例えば毛穴の黒ずみも肌のターンオーバーによって、皮脂や角質が毛穴に長くとどまることがなくなるので、参加して黒くなることも少なくなります。

もう一つは抗酸化作用です。

抗酸化作用で皮脂が黒く変色するのを防ぎます。

ビタミンEは玉子やアーモンドなどに多く含まれています。

肉類や野菜類にも含まれているので、不足することはあまりありません。

 

毛穴に効果的な食べ物【たるみ毛穴】

毛穴の問題の一つにたるみ毛穴というものがあります。

開き毛穴と同じと思われがちですが、実は違います。

開き毛穴の場合は皮脂の過剰分泌などが原因ですが、たるみ毛穴は皮膚のたるみが原因です。

私たちの皮膚は重力に負けない力で上に引っ張っていますが、皮膚のコラーゲンやエラスチンが減少することで皮膚が重力に負けてしまい、皮膚が下に伸びてしまった状態の事です。

下に引っ張られて伸びるので、毛穴もそれに合わせて縦長に伸びてしまいます。

これがたるみ毛穴です。

たるみ毛穴を改善するためにはエラスチンやコラーゲンの量を増やす食べ物を積極的に摂ることが必要です。

コラーゲンは摂っても意味がないと一時期言われていた時もありましたが、現在はコラーゲン生成で最も即効性のあるものがドリンクとして発売されているので、そちらでもかなり効果的です。

また、コラーゲンやエラスチンは40代のシミやシワに効く化粧品にもよく配合されています。

 

ビタミンB1が豊富な食べ物

ビタミンB1は肌のハリを回復させてたるみ毛穴を改善させる効果があります。

ビタミンB1が豊富に含まれている食べ物とは、なんといっても豚肉です。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する際に必ず必要な成分なので、ダイエット中の人は必須の成分になります。

また、肌の糖化を防ぐ成分としてもとても重要です。

肌が糖化すると色は黄色くくすみ、皮膚が硬くなってしまいます。

このようにビタミンB1が不足すると、さまざまな問題が発生しますので、不足しないように気を付けておきましょう。

どんな料理にも豚肉は量を食べる事ができますので、効率よく摂取することができます。

ビタミンB1は豚肉に多く含まれていますので、普段から取り入れるようにしたら美肌に良い影響があります。

 

タンパク質が豊富な食べ物

肌のたるみを解消するためには少しでも多くのタンパク質を摂って、コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンの合成を促進させる必要があります。

タンパク質は内蔵や血管を優先に合成されるので、肌は最後にタンパク質が余っていないと回ってきません。

ですので、普段から少しずつでも継続して摂り続ける事が大切です。

豚足のコラーゲンであるタンパク質の吸収を高めるのはレモンにも含まれるビタミンCが有名ですが、タンパク質はビタミン類ととても相性が良く、一緒に摂ると相乗効果を得る事ができます。

つまり、タンパク質の吸収効率を高める事ができます。

また、タンパク質は一度にたくさん摂ってもあまり意味がありません。

沢山摂っても吸収されるのは少しずつなので、一番いいのは少しずつを沢山の回数に分けて摂ることです。

このように少しの工夫で吸収効率がかなり上がるので覚えておきましょう。

 

シミに効果的な食べ物・L-システインが豊富な食べ物

L-システインは肌のハリを維持するために必要な栄養素です。

また、不足すると肌のターンオーバーが乱れてしまうので不足しないようにしておく必要があります。

ただし、毎日の必要摂取量は他の成分よりも多く必要で、不足しやすい事が指摘されています。

では、どういった食べ物にL-システインが多く含まれているのでしょうか?

ごま、玉子、ブロッコリーといった食品に含まれていますが、ごく少量しか入っていませんのであまり効率的とは言えません。

一番効率よくL-システインを摂取する方法は、私たちの体の中で合成する事です。

L-システインの合成に必要な成分はメチオニンと言います。

メチオニンは、マグロや肉類、牛乳、納豆などに多く含まれています。

 

しわ・たるみに効果的な食べ物・コラーゲンが豊富な食べ物

一時期、コラーゲンを食べても体の中ではそのままコラーゲンが再合成されることはほとんどないので、あまり意味がないと言われていた時期がありました。

しかし、昨今のコラーゲンドリンクの登場によってその内容は間違っているということがわかってきました。

コラーゲンドリンクは飲んで翌日か数日以内には肌にハリを感じたり、実際に肌のコラーゲンが増加することがわかっています。

つまり、意味がないどころか、即効性があることがわかってきました。

コラーゲンは豚足や鶏の皮、牛筋、すっぽんなど、煮るといわゆるにこごりができる食材に多く含まれています。

ゼラチンともいわれています。

こういったコラーゲンを摂る時には、一緒にビタミンを摂ると相乗効果で吸収率がアップします。

 

美肌にいい飲み物ランキング

美肌食べ物ランキング

 

美肌にいい飲み物ランキング・ミネラルウォーター

美肌に良い飲み物としてはミネラルウォーターがあります。

ミネラルウォーターにはミネラルやカルシウムが豊富な硬水が一般的です。

私たちが通常飲んでいるのは軟水で、硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラルが3倍以上多く含まれているという特徴があります。

マグネシウムというミネラルはそれ自体で保湿効果がありますので、美肌にとってメリットがありますが、実はもっと大きなメリットがあります。

それは、便秘解消効果です。

便秘になると、腸に老廃物がたまっている状態で、腸から毒性のある成分が吸収されて、血液の中に入ってしまうので、肌にも悪いですし、健康面でもかなり悪いことになります。

ミネラルウォーターは主にマグネシウムの働きで、便秘を解消して、肌の状態を戻してくれる働きがあります。

 

1日に2ℓの水を飲みましょう

人間の体の60%は水分でできています。

水分というのは一か所にとどまっているとだんだんとよどんで悪くなって最終的には腐ってしまいます。

水分を健全に保つためには常に新しい水分を補給し、悪い水分を排出し続ける事です。

人間は水分さえあれば2か月は生きられると言われています。

逆に水分が無ければ数日でダメになってしまうという事です。

このように水分は人間の体にとってとても重要で、一日にどのくらいの量が必要なのかを計算したところ、成人であれば一日最低でも2リットルが必要であることがわかりました。

二リットルと聞くとかなり多いようですが、ペットボトルで言えば3-4本分です。

分けて飲めばそれほど大変ではありませんので、まずは慣れるために少しずつ増やしていくのもいいかもしれません。

 

美肌にいい飲み物ランキング・白湯

白湯は特に運動不足が気になっている人に向いている美肌ドリンクです。

白湯というのは水を沸騰させて少し覚ましただけ者ですが、そのメリットは小さくありません。

まずは血行促進作用です。

温かい水なので、体温があがり、血液の巡りが良くなります。

血液の巡りが良くなると肌に必要な栄養が隅々まで届くようになり、逆に老廃物は体外に排出されるようになりますので、肌が常に新しく美肌に効果的です。

また、便秘の解消にもなりますので、体内の毒素をしっかりと出すことができます。

便秘がそのままだと腸にたまった便の毒素が腸から吸収されて体中に毒素が回っている状態です。

それが解消されるので、こちらも肌にとってはメリットの大きい内容になります。

 

50℃ていどに冷まして飲みましょう

白湯は温度がとても重要です。

ただの水を沸騰させて冷ましただけのものなので、一番大切なポイントが温度になります。

例えば80℃以上の温度だと熱すぎてやけどをしてしまう可能性がありますし、熱すぎる温度は食堂や胃などの表面に大きな刺激を与えてしまいます。

大きな刺激が加わると活性酸素が発生しますので、がんの原因になったりもしますので、注意が必要です。

では、20度以下まで冷やすとどうなのでしょうか?

冷えた水を飲むと内蔵が冷えて、全体的に内蔵機能が低下しますし、免疫力も低下しますので、健康にとっても肌にとってもメリットはありません。

肌にも健康にも最も良い温度が50℃ていどだと言われています。

熱くもないし冷たくもない。

身体が温まるくらいの温度でストレスがかかることもありません。

 

美肌にいい飲み物ランキング・トマトジュース

トマトジュースには美肌にとてもいい成分が入っています。

ただし、それだけではありません。

むくみの改善やダイエットにも役立つことが知られています。

他にも便秘解消や二日酔い改善にも役立ちます。

このように、トマトジュースは沢山のメリットがあっても、デメリットはないというかなり優れたドリンクです。

スーパーに行けば沢山のトマトジュースが売っていますが、どれを選んだらいいのかわかりませんよね?

トマトジュースは材料の種類が少なければ少ないほど体に良い事がわかっています。

美味しいトマトジュースで子供でも飲みやすいものは砂糖が入っている事が多いですが、これはNGです。

他にも色々な保存料などが入っているものは避けておきましょう。

出来ればトマトと水だけ。

せいぜいそこに塩が入るくらいは許容範囲ですが、それ以上何か他の材料が入っているものはあまりよいトマトジュースとは言えません。

 

リコピンの美肌効果

リコピンには抗酸化作用があります。

強力な抗酸化作用がありますが、抗酸化作用で有名なビタミンEよりも100倍もの抗酸化作用があると言われています。

また、リコピンの大きな特徴の一つとしては、ビタミンCなどとは違い、体の中にためておくことができるので、毎日継続して摂り続けなくてもある程度の量であればまとめて摂ってもいいので効率的です。

リコピンの抗酸化作用は肌に受けた紫外線なども無害化してくれるので、メラニンの生成やシミを防ぐ効果があります。

また、活性酸素が肌のコラーゲンを分解して壊してしまいますが、この活性酸素にコラーゲンを壊させなくしてしまうので、シワの予防にもつながります。

 

また、リコピンは過熱しても壊れてしまうどころか、吸収率が上がるので、料理やジュースなどにして摂るとさらに効果的です。

 

美肌にいい飲み物ランキング・緑茶

お茶には美肌に良い成分が入っています。

実はそれだけではなく、緑茶は脂肪を分解する効果もあるので、ダイエット効果も注目されています。

また、血圧を正常に戻したり、血糖値をコントロールするような効果もあります。

ただし、淹れ方によって緑茶の中のカテキンなどの成分がちゃんと抽出できない場合があります。

なので、淹れ方をしっかりと気を付けていれば、効果的な成分を多く摂ることができます。

まず、お茶を入れる水です。

これは、ミネラルなどがすでに入っているミネラルウォーターなどの硬水は使用しない方がいいです。

緑茶を入れる際には、最初から何も入っていない軟水の方が美味しいですし、肌や健康にとってもメリットがあります。

また、温度は80℃くらいが適切だと言われています。

 

緑茶に含まれる栄養素(カテキン・ビタミンC・ビタミンEなど)の美肌効果

緑茶に含まれている栄養素にはカテキン、ビタミンC、ビタミンEといったものがあります。

実はこれらすべてに共通する効果があります。

それは、抗酸化作用です。

このように、緑茶というのは抗酸化作用にとても優れた飲み物です。

例えば仕事をしていたらストレスを感じる事があります。

会社の中で終日できる仕事もありますが、一日中外出して紫外線を沢山浴びなければならない仕事もあります。

このようにストレスや紫外線を浴びると私たちの肌は活性酸素というものを生み出してしまいます。

活性酸素はメラニンを作り出してシミを作り出します。

活性酸素はコラーゲンを分解してシワを作り出します。

これら活性酸素を無害化してくれるのがカテキンの抗酸化作用です。

 

美肌にいい飲み物ランキング・豆乳

意外と豆乳とはどんなものかを知らない人がいるようです。

豆乳の原料は大豆です。

大豆を茹でてすりつぶした後に残る乳白色の水分が豆乳です。

豆腐の場合は、この豆乳を固めて作ったものになります。

このように、豆乳とは大豆ドリンクともいえるでしょう。

大豆は畑の肉と言われるほど栄養が豊富な植物です。

タンパク質をはじめとして、さまざまな栄養素がバランスよく含まれているのが大豆です。

ですので、大豆さえ摂っていれば栄養が不足することはないともいわれています。

このように栄養価の高い豆乳には当然美肌に良い成分が沢山含まれているのは当然です。

しかし、その中でも特に美肌に効果的な成分があります。

それは、イソフラボンという成分です。

 

豆乳に含まれる栄養素(大豆イソフラボン・タンパク質など)の美肌効果

豆乳にはタンパク質やイソフラボンが豊富に含まれています。

タンパク質は肌の基礎となる栄養素で、必ず必要な栄養素で不足することはあまりありません。

豆乳で一番注目したいのはイソフラボンです。

イソフラボンという成分は女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用のある成分で、年齢を重ねるにつれて減ってしまうエストロゲンを補う働きをすることができます。

例えば生理前にホルモンバランスが崩れてニキビができやすいと言われますが、これは女性ホルモンエストロゲンが減ってしまうことに発生する問題です。

このような時にイソフラボンを補給してあげる事によって、女性ホルモンが減ることを防ぐことができるので、ニキビができやすくなるのを防ぐこともできるようになります。

このように、豆乳に含まれる成分には美肌に効果的なものが沢山入っているのでおすすめです。

 

美肌にいい飲み物ランキング・青汁

美肌に良い飲み物として青汁があります。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

ファストフードやインスタント食品とは真逆の栄養が入っているものだと考えてもいいでしょう。

つまり、美肌にとても良い成分が沢山含まれているのが青汁です。

まずは食物繊維です。

身体の老廃物を便として体外に効率よく排出してくれるので、美肌にとって大敵の便秘を改善してくれます。

そして、美肌にとってかかせないのがビタミンやミネラルです。

これらはファストフードには極端に不足している成分ですので、日ごろから偏った食生活の方は積極的に青汁を飲むようにした方がいいです。

ビタミンやミネラルは私たちが食べたタンパク質などと反応してコラーゲンなど肌に必要なたんぱく質に再合成されるので、とても大切な成分です。

 

美肌にいい飲み物ランキング・グリーンスムージー

グリーンスムージーと青汁の一番の違いは自分でカスタマイズできるかどうかです。

青汁はすでに出来上がったもので、味も決まっていますが、グリーンスムージーは自分で作るので自分にあった味や栄養を選んで作ることができます。

ですので、楽しみながら作ることができます。

また、作ったグリーンスムージーはそのまま常温で飲むのが一番いいとされています。

冷やしてしまったものを飲むと、内臓が冷えて疲れてしまうので、常温が一番です。

便秘がちの時には食物繊維多めでバナナなどを入れてもいいですし、肌がガサガサしている時には肌のターンオーバーが乱れている可能性が高いので、ビタミンAが豊富なにんじんをそのまま生で入れてもいいですね。

このように、カスタマイズを楽しめるので長続きしやすいと言われています。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点

美肌食べ物ランキング

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点1・水は常温で飲みましょう

美肌の基本は水分補給です。

水分が不足していると肌に充分な水分がとどかず、乾燥しがちになってしまいます。

肌が乾燥すると、紫外線や摩擦の刺激などがダイレクトに皮膚細胞にダメージを与えてしまうので、皮膚がボロボロになってしまうきっかけになってしまいかねません。

ですので、水分だけは不足しないようにこまめに摂るようにする必要があります。

また、水分を摂る際には温度にも注意すると、さらに効果的です。

飲んで熱いと感じるくらいの温度だと口の中をやけどしてしまう可能性もあるのであまりよくありません。

かといって、キンキンに冷たいものを飲んでしまうと、内臓が冷えてしまい、また温めようとしますので、内臓が疲れてしまいます。

水を飲むのに一番良い状態は常温です。

熱くも冷たくもない常温が身体や肌にとって最も最適です。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点2・水分は小まめに取りましょう

水分はこまめに摂るのが一番良い方法です。

1日8回に分けて飲むのが最も理想だと言われています。

一度にたくさん飲んでも一度に吸収される量には限りがありますので、余った分は尿としてすぐに排出されてしまうので無駄です。

一番いいのは、すこしのどが渇いたかな?というくらいに飲むと一番丁度いいと言われています。

このようにこまめに水分補給することで無駄な水分を摂ることがなくなり、内臓にも負担なく過ごすことができます。

水分を一度に過剰に摂ると内蔵の負担にもなりますので、あまりおすすめできません。

また、あまりのどが渇いた感覚がわからないという人もいますが、そんな時には、尿を出したタイミングで水分を摂ると間違いありませんし、わかりやすいです。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点3・過剰な水分は浮腫みの原因となる

過剰に水分を摂ってしまうとむくみの原因になってしまいますよね。

これはむくんだことのある人にとっては常識です。

そして次に考えるのが、

『なるべく水を飲まないようにすれば浮腫みが治るかも』

こうしてのどが渇いてもあまり水を飲まなくなって、それが数日、数週間経つと、自分の中で習慣化して本当にのどがあまり乾かなくなってしまいます。

そして、浮腫みもちゃんと治ってくる。

だからまた水分を抑えようとする。

この繰り返しが実は浮腫みをひどくしている事には気づいていません。

水分を摂るのを抑えて、それが習慣化してしまうと人間の体は次に水分が入ってきた時にはなるべく体の中にためておこうとします。

つまり、次からは少しの水分ですぐにむくむ体質になってしまいます。

このように水分を我慢するのはかえって逆効果になってしまいますので、極端な節制は止めておきましょう。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点4・カフェインは適量にしましょう

なんでもそうですが、飲みすぎや摂りすぎは体に良くありません。

身体や肌に良いものであっても摂りすぎると逆効果になってしまうことがほとんどです。

カフェインもそうです。

例えばコーヒーなどにはカフェインが多く含まれています。

カフェインは集中力などが高まるといった効果のほかに抗酸化作用が強い事が知られています。

私たちの体はストレスや紫外線を受けると肌で活性酸素が大量に作り出されてしまいます。

この活性酸素がメラニンを作り出したり、コラーゲンを分解してシワを作り出したりしてしまうので、美白にとってはとても悪い影響があります。

そんな時にカフェインに含まれる抗酸化作用が活性酸素を無害化するので、美肌にとって良い影響を与えます。

ただし、カフェインは大量に摂るとストレスホルモンを作り出し、ニキビなどの原因にもなってしまうので、摂りすぎには要注意です。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点5・アルコールは適量にしましょう

アルコールって実は肌に良い影響があることはご存じですか?

二つあります。

一つ目は血行促進作用。

血液の巡りが良くなることで、肌に必要な栄養がしっかりと届き、老廃物は体外に排出することができます。

また、ターンオーバーが正常になり、新しい肌が表面に出てくるので美肌効果があります。

二つ目は利尿作用によるデトックス効果。

このように、アルコールは体に悪い成分を体外に出してくれる作用があるので肌の調子もよくなります。

しかし、適量以上に飲んでしまうと悪い影響があります。

アルコールは体内に入るとそのままでは毒なので、肝臓で分解されます。

この、肝臓でアルコールが分解されるときに肌にとってとても大切なビタミンB群が消費されてしまいます。

ビタミンB群が減るとニキビや肌荒れ、乾燥など肌にとって悪い影響ばかりなので、アルコールは適量を守りましょう。

 

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点6・起床時にゆっくりと白湯を飲みましょう

人間は寝ている間は全ての細胞の活動は小さくなります。

ですので、朝起きた時には内臓は冷えている状態ですし、水分も不足している状態です。

このまま放置しておくと、肌は乾燥して内臓は動かないので栄養を摂ることもできません。

そんな時に登場するのが白湯です。

朝起きてすぐに白湯を飲むと、のどから胃からジワーッと内臓に浸透していくのが良くわかると思います。

それだけ内臓も乾燥してますし、白湯によって細胞が目を覚ましている感覚もよくわかります。

まずは白湯の水分によって体内に水分が補給されることで、肌にもしっかりと水分がいきわたりますので、乾燥肌の予防にもなります。

さらに内臓が動き出すことで食べ物をしっかりと消化して栄養を肌のすみずみにまで届ける事ができるようになります。

 

美肌におすすめの食べ物・飲み物とサプリやドリンクを併用する

美肌食べ物ランキング

 

美肌の栄養素はバランスの良い食事から摂るのがベスト

美肌のためにはバランスの良い食事が欠かせません。

美肌イコール健康です。

健康でなければ美肌は実現することができません。

身体がどのくらい健康なのかが、すべて顔の肌に現れるのです。

健康のためにはどのような食事がいいのか、今まで色々聞いてきてわかっていると思います。

野菜をたくさん摂って、揚げ物やお菓子などは少なめにといった感じです。

特に良くないのはファストフードとも聞きますよね。

実はこれらの内容はただの言い伝えではありません。

しっかりとした根拠があります。

ファストフードや揚げ物などは健康や美肌に必要なビタミンやミネラルが極端に少ないというデメリットがあります。

これらの食事内容を見直すことで、美肌に一歩近づくことができます。

 

食事で補えない栄養素はサプリで摂るのがおすすめ

どうしても食事ではなかなか肌に必要な栄養が十分に摂れない場合があります。

特に美肌にとって必要な栄養なのに、摂りにくい。

そんな栄養素がありますが、何かわかりますか?

ビタミンCです。

ビタミンCは私たちの周りに沢山存在してますが、なんといっても壊れやすいという特徴があります。

加熱すれば完全に壊れてしまいますし、空気に触れただけでも栄養素をかなり損なってしまいます。

ビタミンCは美肌にとって美白、シワ対策といった内容には必須の成分ですが、壊れやすいのがデメリットです。

そんな時には壊れにくいサプリメントで摂るのがおすすめです。

しかもビタミンCはサプリでも数百円とかなり安く手に入れる事ができます。

身体にためておくことができないので毎日少しずつ摂る必要があります。

その点サプリは最適ではないでしょうか。

 

美肌におすすめのドリンク・ザ コラーゲン/資生堂

商品名 ザ コラーゲン
メーカー名 資生堂
容量 50ml*10本
価格 2,700円
使用方法 1日1本
有効成分 ヒアルロン酸

こちらは資生堂のコラーゲンやヒアルロン酸を配合したコラーゲンドリンクです。
日本で一番売れているコラーゲンドリンクだそうです。
こちらのドリンクの中にはコラーゲンの再合成を促すビタミン類が沢山含まれているので、肌へ再合成される効率が上がっていると思われます。
実際に飲んでみた人の感想をチェックしてみると、
まず、美味しくて飲みやすいし、値段も他と比べて高くないという事で続けやすい点ではかなりの高評価を得ているようです。
効果に関しては、3本も飲めば肌がもっちりしてきたような感覚で実感できているようです。
とにかく、即効性はものすごく感じる事ができるというのが共通の評価で、やはりコラーゲンなどと一緒にビタミン類が配合されているのが良いのだと思います。

 

美肌におすすめのドリンク・ディフェンセラ/オルビス

商品名 ディフェンセラ
メーカー名 オルビス株式会社
容量 30本
価格 3,456円
使用方法 1日1本
有効成分 セラミド

こちらはオルビスの粉末状美肌ドリンクです。
ドリンクとありますが、内容は粉末状で、水なしでも飲むことができます。
セラミドを効果的に体内で合成できるような成分内容だそうです。
実際に飲んでいる人の口コミを見てみると、
効果が無かったという人はほとんどいませんでした。
飲んだことのある人は何らかの効果を感じているというのは間違いなさそうです。
しかも、どれも数日しか飲んでいない人や3ヶ月間くらいのそれほど長い期間ではないのですが、いずれも効果があったと実感できているようです。
例えば飲み始めて数日の人であれば、肘やスネがまずつるつるふっくらになったが、あと数日で顔の皮膚に効果が来ると実感している人もいました。

 

美肌におすすめのドリンク・ホワイトフォース/ファンケル

商品名 ホワイトフォース
メーカー名 株式会社ファンケル
容量 30ml*30本
価格 9,405円
使用方法 1日1本
有効成分 アスタキサンチン

ホワイトフォースはアスタキサンチンが含まれた美肌ドリンクです。
アスタキサンチンは強力な抗酸化作用があり、美白や抗シワなどにも役立つ成分です。
実際に飲んでみた人の口コミをチェックしてみると、
多く人が美白効果を実感できていました。
具体的には日焼け止めを塗り忘れて外出したあとにホワイトフォースを飲んだら肌が赤くなることも日焼けになることもなかったという声もありました。
また、飲み続ける事によって肌の色がトーンアップしたという声もありました。
他には肌がプルプルしてきたという内容もありましたが、特に肌のハリが回復したり、翌朝コラーゲン効果を実感したという声は見かける事ができませんでしたので、美白ドリンクとしては効果的なのかもしれません。

 

美肌におすすめのドリンク・ヘリオホワイト/ロート製薬

商品名 ヘリオホワイト
メーカー名 ロート製薬
容量 60粒
価格 5,832円
使用方法 1日2粒
有効成分 ファーンブロック

こちらはファーンブロックというシダ科の植物から抽出される成分が配合された美肌サプリメントです。
ファーンブロックは飲む日焼け止めともいわれているくらい、紫外線対策効果が強い成分です。
私たちの肌は紫外線を浴びると活性酸素が発生し、その活性酸素が皮膚に刺激を与えてメラニンを作り出してしまいます。
ですが、ファーンブロックを飲んでおくと、紫外線を浴びても活性酸素ができずに無害化されるので美白効果が期待できます。
実際に使った人の口コミをチェックしてみると、
目に見えて何か変化があるわけではないのでわかりにくいが、以前よりも日に当たってもピリピリとした日焼け感が無くなったのは確か。
といったように、紫外線対策はしっかりと機能しているようです。

 

美肌にいい食べ物・飲み物ランキングまとめ

美肌にいい食べ物や飲み物ランキングをまとめると、

食生活の見直しで大半の問題は解決できる

大半の肌の悩みは生活習慣の乱れが原因です。

主に食生活の乱れです。

毎日インスタント食品やファストフードばかり食べていたのでは美肌にはなれません。

というのもこういった食品には美肌にとって必須であるビタミンやミネラル類が決定的に不足しているからです。

もし、どうしてもこうした食生活を変えられないのであれば、サプリメントで改善することもできます。

特にビタミンB群は重要で、美肌の基本ともいえるものです。

また、白湯がとても肌にいいということがわかっています。

白湯はただの水を一度沸騰させたものですが、この50℃前後の温度が内臓を温めてインナーケアをしてくれます。

また、ビハククリアのようなオールインワンジェルを併用してみるのもいいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました