美白の食べ物レシピとメラニン排出の栄養フードについて 

食材 スキンケア

美白 食べ物/サプリ

食材

 

美白 シミに効くサプリ

シミの代表格と言えば、日焼けや肝斑です。

トランシーノ・ハイチオールC・チョコラBBなどシミに効果的なサプリは色々発売されていますが、どれが一番理想的なのか選び方は簡単ではありません。

そんな時には原因から考えてみるといいかもしれません。

肝斑は女性ホルモンの乱れから皮膚内でメラニンが生成され、大きな濃いシミになってしまうものです。

日焼けは紫外線を浴びて皮膚にダメージが加えられることにより、メラニンが作られ、シミとなってしまいます。

このように、肝斑も日焼けもメラニンが作られることによってシミになってしまいます。

対策としてはメラニンを作らせないのが一番いい方法なのですが、そんな時には

『トラネキサム酸』

が入ったサプリメントが効果的です。

トラネキサム酸はメラニンを作らせないので、シミができなくなります。

 

美白 ターンオーバーに効くサプリ

老人性色素班という症状があります。

これはいわゆる加齢によるシミです。

人の肌は年齢を重ねると、ターンオーバーが乱れて、一度できてしまったシミが体外に排出されずに、ずっと肌の中に残ってしまいます。

これは全てターンオーバーの乱れが原因です。

また、加齢によってできるシミは活性酸素が発生することによって肌が刺激され、メラニンが生成され、シミができてしまうという仕組みです。

この老人性色素班は

『Lシステイン』

『ビタミンC』

が効果的です。

活性酸素を除去し、肌のターンオーバーの乱れを正してくれます。

この作用によって、老人性色素班はすでに出来てしまったシミにも効果を発揮してくれます。

目尻やこめかみに小さなシミができてきたら老人性色素班の可能性大です。

 

美白 日焼け止めに効くサプリ

日焼け止めサプリは近年になって沢山発売されいています。

飲むだけで日焼け止め効果を得られるという事なので日焼け止めを塗るよりも便利なので人気を集めています。

『ニュートロックスサン』

という成分が入っているサプリメントが効果的です。

天然のポリフェノールと呼ばれるくらい、抗酸化作用が強く、メラニンを作らせません。

また、

『ビタミンE』

も効果的です。

特にそばかすで悩んでいる人はビタミンEを摂るとそばかすの進行を防いでくれるので、そばかすの予防にもなります。

また、これらの成分には肌のトラブルを防止する働きもありますので、継続して飲むことで、肌の調子も上がってくるという報告もあります。

ですので、日焼け止めサプリも色々と他に役立つ効果もありますので、チェックしておきましょう。

 

美白 食べ物/スキンケア

化粧品

 

シミの美白にいいスキンケア

シミの防止など美白に効果的なスキンケアでは、厚生労働省によって認められている美白有効成分の入っているものを使うようにしましょう。

美白という言葉は定義がされてあり、

『メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ』

この定義に当てはまる成分は厚生労働省から20種類以上の成分が認められています。

代表的な3つを紹介すると、

まず、一つ目が、

①ビタミンC誘導体…メラニンの生成を抑制する効果だけでなく、ターンオーバーも促進させてメラニンを還元して淡色化させる効果が期待されています。

②二つ目はトラネキサム酸…メラニンの生成を抑制する以外に抗炎症作用により、ニキビや肌荒れも防ぎます。

③三つ目はアルブチン…メラニンの生成を抑制する効果が強いので、紫外線を浴びた後でも効果的です。

 

美白スキンケアのできるベースメイク

最近のメイク化粧品にはメイクだけでなく、シミやくすみをケアする成分が入っているものがあることをご存じですか?

つまり、メイクをしながら美白ケアも同時にできるということなので、一石二鳥です。

これを『ながら美白』といいます。

例えばあるファンデーションの中には美白成分が入っているものもあるので、ファンデーションを付けただけで、一日中美白ケアをすることができます。

メイクなので、少なくとも平日はケアすることが毎日できるので、継続性も抜群です。

シミを隠すためにファンデーションを使っている人もいるでしょう。

毎日ファンデーションを塗っていると、ある時に、いきなりあったはずのシミが消えている事に驚くはずです。

ただ、毎日いつものようにファンデーションを塗っているだけなのに、いつの間にかシミにも効果的だったという訳です。

 

おすすめ美白スキンケアを比較

いろいろな美白スキンケアはありますけど、どのスキンケアが一番いいのでしょうか?

これは、具体的には紫外線を浴びる前と浴びた後によって変わってきます。

もし、紫外線を浴びる前の肌であれば、

『トラネキサム酸』『カモミラET』

が有効です。

これらを先にスキンケアとして使っていると、紫外線を浴びてもメラニンが生成されにくい状況を作り出すことができます。

また、紫外線を浴びた直後であれば

『ニコチン酸アミド』『プラセンタエキス』『リノール酸』

具体的には紫外線を浴びてから24時間から72時間以内にメラニンが作られますが、これらの成分はそのように短い時間内にメラニンが作られるのを防ぐ働きがあります。

そして、紫外線を浴びた後、すでにシミらしきものができてしまった場合には

『コウジ酸』『アルブチン』『ビタミンC誘導体』

これらの成分がすでに出来てしまったシミのメラニンに作用し、還元することによって、シミの色を淡色化し、シミを薄くする効果が期待されています。

 

美白 食べ物/効果

果物野菜

 

美白に効果的な食べ物1:トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニンの生成を阻害する成分として厚生労働省に美白成分として認められたものです。

この成分が食べ物から摂ることができれば、スキンケアやサプリに頼ることなく、人によっては続けやすいという事はあると思います。

トラネキサム酸の製法について調べてみましたが、天然の食べ物などから抽出して製造する方法ではないようでした。

恐らく化学反応によって作り出される成分であろうと考えています。

ただし、肌にとって危険性があるという報告は今までありませんので、安全性は高い成分であることは間違いないでしょう。

トラネキサム酸は食材には入っているものはありませんが、サプリなどで摂ることはできますので、値段もそれほど高い価格ではありませんので気軽に購入できる成分です。

 

美白に効果的な食べ物2:アルブチン

アルブチンも美白有効成分として厚生労働省に認められた成分です。

美白作用には色々ありますが、アルブチンはメラニンに作用することはせず、メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼに作用してそれを阻害することでメラニンを作らせないという効果を発揮します。

こちらのアルブチンという美白成分ですが、実は天然界にも存在しています。

どのような植物に入っているかを紹介します。

  • サンタベリー
  • ウワウルシ
  • マッシュルーム

このような植物の中に入っていますので、もし、何か好きな植物があれば、沢山購入して毎日少しずつ食べて美白効果を得るのもよいのではないでしょうか。

美白は毎日続けることにより、効果を発揮することが多いのでおススメです。

 

美白に効果的な食べ物3:ハイドロキノン

ハイドロキノンは美白成分として有名です。

その強力な美白作用から、肌の漂白剤ともいわれています。

通常の美白成分はチロシナーゼに作用してメラニンを作らせない効果がありますが、ハイドロキノンは直接メラニンに作用してメラニンを作らせないので、より強力です。

このように強すぎる美白効果には裏には副作用があり、それは、使用している間は紫外線への防御力が著しく低くなるという問題があります。

つまり、ハイドロキノンを使用する時は夜、もしくは日焼け止めを塗ってからでないと、いつもより紫外線を吸収しやすくなっているので、要注意です。

このハイドロキノンですが、実は天然の植物の中にも含まれています。

  • イチゴ
  • ベリー類
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 麦芽

このような天然植物の中に含まれていますが、ごく少量なので、美白に役立てようと思ったら、サプリやスキンケアの方が現実的です。

 

美白 食べ物/シミ

スキンケア中

 

くすみに効く美白食べ物

肌がくすむ時にはおおよその原因はわかっています。

それは、肌のバリア機能が低下している事で、肌が全体的に弱くなっているので、防御機能を高めようと全体的にメラニンを作って肌を守ろうとしているからです。

つまり、肌のバリア機能を上げてあげればくすみが消えるという仕組みです。

さて、肌のバリア機能を上げる食べ物というのが

ニンジンや小松菜などに代表される緑黄色野菜です。

緑黄色野菜に含まれるβカロチンは皮膚や粘膜の免疫力をアップさせる効果があります。

紫外線の他にも肌の免疫力を下げる原因にはストレスもあります。

続けやすい方法としては、朝の野菜ジュースなどは習慣づけやすいので続けやすいと評判です。

その際には基本的にニンジンが入っているものを選びましょう。

 

マスクケアのできる美白食べ物

マスク生活になって数年が経ち、特に夏場などはマスクの内側は湿気でふやけて肌荒れを起こしやすくなっている状態です。

主にマスクが肌に接触している部分が肌荒れを起こしている場合が多いようです。

こちらも肌が炎症を起こしている原因として、肌のバリア機能が低下している事が原因であると考えられます。

肌のバリア機能をアップさせるにはビタミンAが効果的です。

ビタミンAは

  • レバー
  • ニンジン
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

このような食材に多く含まれています。

また、美肌効果もあるので、毎日食事の中に少しでも問い入れる事で、肌が強くなり、マスクをつけていても肌荒れを起こすことが少なくなる効果が期待できます。

こちらもニンジンジュースなどでも簡単に栄養を補うことができるので比較的便利です。

 

エイジングケアのできる美白食べ物

加齢による肌の機能低下というものは、身体の細胞が酸化している事ではだのバリア機能だけでなく、肌の免疫力なども下がり、シワやシミが増えてしまう現象で、加齢とともに参加してしまうので、仕方ありません。
しかし、この酸化を遅くすることはできます。
食品の中には抗酸化作用が強いものがあり、そういった食べ物を食べる事により、酸化に強いからだとなり、アンチエイジングが可能になります。
例えば

  • プロポリス
  • プルーン
  • あずき
  • カカオ
  • 赤ワイン
  • 緑茶

これらの食材は抗酸化作用が強く、肌の老化を遅らせる事ができるようになります。

毎日少しずつ食事の中に取り入れる事で、シワができにくくなったり、新たなシミができにくくなったりする効果が期待できます。

 

シワに効く美白食べ物

シワ、たるみシワやたるみを防ぐための食べ物と言えば、赤い食べ物が一番効果的です。

赤い食べ物とは、

エビ、カニ、イクラ、鮭に代表されるような海産物になります。

これらの食材は熱を加えると赤く変色しますが、これはアスタキサンチンという成分によるものです。

アスタキサンチンというのは人間で言えばメラニンのようなもので、肌を紫外線などから守ってくれる成分です。

メラニンは色が黒いから見た目が悪いですが、アスタキサンチンは食べる事によって、抗酸化作用のみ効果を発揮してくれるので便利です。

アスタキサンチンはなぜ海産物に多いのでしょうか?

それは、これら海の生物は太陽からの紫外線から身を守る術がほとんどないからです。

地上のような日陰などは海にはほとんどありませんし、紫外線から身を守るには自分の皮膚、つまり殻をグレードアップするしかないのです。

そのためにアスタキサンチンという成分が発達したのですが、人間がこれを取り入れる事で肌の免疫機能が上がることがわかっていますので積極的に取り入れましょう。

 

ハリに効く美白食べ物

肌のハリも加齢によって失われます。

もう少し具体的に言えば、加齢により、肌のキメが荒くなり、キメの隙間から水分が蒸発し、皮膚のコラーゲンやエラスチンがしぼんでしまい、ハリがなくなり、シワなどが増えてしまうという仕組みです。

ですので、まずは肌のコラーゲンから回復させる事が一番の早道だと言えます。

コラーゲンはタンパク質から作られます。

コラーゲンを食べてコラーゲンを合成することもできるのですが、コラーゲンを体内で分解、再合成するには少し使用効率が悪く、あまりお勧めできません。

ですので、使用効率の良いタンパク質を摂ることをお勧めします。

例えば牛乳、乳製品、玉子、肉、魚、大豆、特に大豆製品にはタンパク質が多く含まれています。

大豆系のタンパク質は体内での再利用が効率よく行われるので、おすすめです。

 

ターンオーバーに効く美白食べ物

肌にとって、ターンオーバーの乱れは深刻です。

ターンオーバーは古い肌から新しい肌へ置き換わる動きなので、これがうまく機能しないと古い肌が残ってしまい、古い肌の隙間から水分が蒸発して、コラーゲンやエラスチンなど皮膚を支えている細胞に大きなダメージを与えてしまいます。

また、シミなどはターンオーバーによって体外に排出されますが、うまく行われないと、肌の中にいつまでもとどまってしまいますので、早く治す必要があります。

ターンオーバーを正常に戻すにはビタミンB2を多く含む食べ物が効果的です。

ビタミンB2はターンオーバーの乱れを正常にする働きがあります。

例えば、うなぎ、レバー、青魚、アーモンド、納豆、玉子といった食品はビタミンB2を多く含んでいるので、肌のターンオーバーにとってメリットが大きいです。

ファストフードはこれらビタミン類が極端に少ないので、多く食べているとすぐにターンオバーが乱れてしまいますので、あまり頻繁に食べるのはおすすめできません。

 

シミに効く美白食べ物

シミに効果のある食べ物は沢山あります。

沢山あり過ぎてどれを選べばいいのか困ってしまうほどです。

ただし、一つだけ別格の成分があります。

それはビタミンCです。

ビタミンCにはビタミンC誘導体が美白に効くという事が有名ですが、それは肌に塗って浸透させるもので、経口ではありません。

経口であれば、ビタミンCが最も効果的です。

例えばこのような効果があります。

  • メラニンの原料であるチロシナーゼを抑える
  • メラニンの原料である活性酸素を除去する
  • 抗酸化作用
  • メラニンを還元して淡色化する
  • コラーゲンの生成を促進

このように圧倒的に美白に効果的な食べ物はビタミンCをおいて他にはありません。

ビタミンCが多く含まれている食材はパプリカ、キウイ、ブロッコリー、いちご、さつまいも、など。

ただし、ビタミンCには弱点があり、それは体内にため込んでおくことができないという事です。

ですので、毎日少しずつでも食べる事により、初めて効果を発揮するので、継続することを最も第一に考えておきましょう。

 

美白 食べ物/まとめ

美白に効果的な食べ物をまとめると

毎日ビタミン類を中心に摂るのが大切

肌はタンパク質によって構成されていますが、そのタンパク質の合成を行っているのがビタミン類です。

ビタミン類は毎日普通の家庭に出てくるような食事を毎日行っていれば、ほぼ問題ありませんが、ファストフードやインスタントラーメンなどにはほとんどビタミン類が含まれていないので、毎日ちゃんとした食事を摂ることが本当に基本中の基本になります。

特にビタミンCは美白にとって、様々な効果を発揮してくれるので、他のビタミンが摂れない時でも、必ず毎日サプリメントなどで摂ることが大切です。

美白は毎日ビタミンCが摂れているかどうかが本当に決めてです。

ビタミンCはサプリメントだとかなり安く販売されているので、食事で摂るよりもお得で便利なのでおすすめです。

美白クリームランキングで肌が白くなるプチプラ/美肌におすすめ
美白クリームはおすすめなのが多くてどれが本当に人気なのかよくわからなくなる時がありますよね。そんな時には美白に特化したランキングをチェックしてみましょう。今までよりもわかりやすい内容だと評判になっている様なのでご参考にしてください

 

⇒関連記事:シズカゲルの口コミ

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました