美容液ランキングで50代のおすすめ/ハリとエイジングケア

美容液ランキング50代 エイジングケア

おすすめのハリ回復エイジングケア美容液ランキングの前に50代の肌の変化を知ることが大切

美容液ランキング50代

 

50代になると、肌の老化のペースが一気に速くなってしまいます。

まずは女性ホルモンであるエストロゲンが激減します。

すると、今まで体の中で均衡を保っていた女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてきます。

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった皮膚で作られる美肌の材料も、作られる量が激減してきます。

男性ホルモンが優位になると、乾燥しやすくなり、皮脂が急激に増えて肌トラブルが増えてきます。

ですので肌悩みへのアプローチも必要ですが、保湿もしっかりと今まで以上に行うことが必要です。

ついつい40代と同じスキンケアを使い続ける人もいますが、もちろんそれでなにも問題が無ければそれでもいいのですが、肌が乾燥しがちになったり肌荒れが出てきたりすると、そのコスメはすでに自分にとっては内容が足りないと思った方がいいでしょう。

 

50代のおすすめのハリ回復エイジングケア美容液ランキングの選び方

美容液ランキング50代

 

高保湿のものを選ぶ

50代になって何か問題が発生したら、すぐに高保湿の美容液を使うようにしましょう。

たとえば、シワが深くなった、シミが増えた、肌荒れが発生した、ニキビができた。

このような問題は一見すると保湿とは関係ないような気がしますが、実はこれらすべて乾燥が原因です。

肌が乾燥していると少しの刺激でコラーゲンが分解されたり、シミができやすくなったり、ニキビができやすくもなったりします。

ですので、何か問題が発生したら、まずは高保湿の美容液を選ぶと一番近道です。

高保湿の美容液にはこのような成分が入っています。

  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • 天然保湿因子(NMF)
  • ヒト幹細胞順化培養液
  • プラセンタエキス など

まずはこれらの成分が含まれているものから選びましょう。

 

肌悩みに合った成分が含まれているものを選ぶ

肌に何か問題が発生した場合には、まずは保湿成分が入っているものを選ぶことが肝心です。

そして、次にその肌悩みに合った成分が含まれているものを選ぶといいですよ。

肌悩み毎にその対策成分は異なります。

例えばシワに悩んでいるとすれば、シミに効果のある成分が入っている美容液を使ってもシワは改善しません。

ですので、まずは自分の肌の悩みは何なのかをしっかりと把握することが第一歩です。

ただし、複数ある場合には、一番先に改善したいものを選ぶといいでしょう。

複数の悩みを一度に解決しようとすると、結局どれも解決できない場合が多いので、まずは悩みを一つに絞ってそれに集中して改善しましょう。

大きく分けて三種類に分ける事ができます。

一つ目はシワです。

目尻の小じわなどもこちらに含まれます。

二つ目はシミです。

くすみやニキビ跡などもシミに含まれます。

三つ目は肌荒れやニキビです。

 

エイジングケアにはプラセンタ美容液

エイジングケアにはプラセンタ美容液が一番無難かもしれません。

エイジングケアとはいわゆる肌のシワやたるみ対策です。

プラセンタは美白有効成分として有名ですが、実はエイジングケアにもとても効果的です。

30代のおすすめ化粧水でも人気でアンチエイジング化粧水として販売されています。

 

プラセンタを塗った部分はコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させる効果があるので、肌を内側からふっくらさせてシワやたるみ改善になります。

特に目の下の小じわ対策効果が有名ですね。

他には、プラセンタと同じようにコラーゲンの生成をサポートするレチノール。

たるんだ肌をしっかりと引き締める効果のあるマツエキス。

強力な抗酸化作用で肌のコラーゲンを分解する活性酸素を無害化するアスタキサンチン。

皮膚の皮脂と水分のバランスを整えるアセチルヘキサペプチド-8など。

また、プラセンタエキスの他にハトムギエキスなどが入ったものはわらびはだといったオールインワンジェルがありますが、イボなど肌の異常を治す働きがあります。

 

乾燥肌や敏感肌にはセラミド美容液

乾燥肌や敏感肌というのは肌のバリア機能が極端に弱くなっている状態です。

肌のバリア機能は細胞同士をつなぎとめているセラミドが減ってしまって隙間が沢山空いていると、バリア機能を十分に発揮することはできません。

刺激や紫外線はその隙間から皮膚の奥まで届いて大きなダメージを与えてしまいます。

また、肌のバリア機能が弱いので、どんな刺激にも敏感になっている状態です。

肌のバリア機能を回復させるにはセラミドを補うことが必要です。

特に保湿性が高く、肌への負担が少ない人型セラミドがおすすめです。

ヒト型セラミドは

  • セラミド1
  • セラミド2
  • セラミドEOP
  • セラミドNG など

このようなセラミドが入っているものを選ぶと敏感肌を効果的に改善することができます。

 

美白やニキビ予防にはビタミンC美容液

ビタミンC美容液は美白の成分ともいわれていて、効果もかなり強いものです。

通常私たちの肌は紫外線や刺激を受けるとその部分が活性酸素や酵素を作り出してメラニンが作られます。

メラニンができると次はシミになります。

そこで登場するのがビタミンCです。

ビタミンCは酵素の働きを阻害してメラニンを作らせないようにするのでシミができにくい体質になります。

また、すでに出来たシミにも反応してメラニン色素を還元して色を薄くする作用もあります。

ですので、ビタミンCはシミの予防だけでなく、シミの改善の効果もあります。

しかし、大きな弱点があり、それは空気や熱に触れるとすぐに壊れてしまう点です。

この弱点を改善したのがビタミンC誘導体です。

これはビタミンCをコーティングしたもので、簡単に壊れる事はなく、肌の奥まで浸透してしっかりと効果を発揮してくれます。

 

毛穴悩みは原因によって使用する美容液が異なる

毛穴の悩みは実は様々な原因に分かれています。

原因が違うものは対策も違うので注意が必要です。

まず、毛穴が大きく開いてしまっている問題は、皮脂の過剰分泌が原因なので、ビタミンC誘導体で皮脂の分泌をコントロールしてあげると毛穴が引き締まります。

二つ目は毛穴が詰まってしまって黒ずみになっている状態のものは皮脂の過剰分泌と肌のターンオーバーの乱れが原因なので、ビタミンC誘導体やフラーレンが効果的です。

また、毛穴が下に長く垂れているように開いている場合はたるみによるものなので、ビタミンC誘導体やレチノールが効果的です。

このように毛穴の悩みはそれぞれ原因が違いますので、自分の毛穴の問題の原因をしっかりと把握してからどの成分を使ったらいいのかを検討すると失敗せずに済みますよ。

 

うるおい不足はコラーゲン美容液

肌が乾燥したり、潤い不足を感じた時にはコラーゲン不足の可能性が高いです。

コラーゲンは皮膚の水分が蒸発するのを防いでくれる作用もありますが、皮膚の水分が不足した時には水分を皮膚に与えて潤いを補う働きもあります。

ですので、コラーゲン美容液を使う事で、肌の乾燥や潤い不足を改善することができます。

ただし、コラーゲン美容液はどれでもいいわけではありません。

コラーゲンはそのままでは分子量が大きく、皮膚に浸透しづらいからです。

ですので、低分子コラーゲンや超低分子コラーゲンも入っているものを選ぶと肌に浸透しやすくて、塗ってから比較的早めに実感することができます。

ただし、成分表には低分子コラーゲンとは書かれていませんので、加水分解コラーゲンと表示されているものを選びましょう。

 

低刺激のものを選ぶ

肌に効果的なものであっても、自分に合っているかどうかはわかりません。

高級なコスメを購入してしまったときにありがちなのですが、とても良いものという先入観があって、塗った時に少し肌に刺激があることがわかっていても、もう買ってしまったのでそのまま使い続けてしまうということがあります。

ですが、少しでも刺激があるものを使い続けると、とても悪い結果になってしまうことが多いようです。

刺激は活性酸素や様々な酵素を生み出して、メラニンを作り出したり、コラーゲンを分解してシワを増やしたり、乾燥を促進させたりもします。

せっかくいい成分を使っても、肌に刺激のある成分はそれ以上に悪影響があるのです。

ですので、50代で新しいコスメを選ぶ際には、必ずサンプルなどを試してから本格購入しましょう。

50代になってから急に敏感肌になる人もいますので、少しの刺激でも避けるようにした方がいいでしょう。

成分の中でも防腐剤や香料などは刺激がある可能性があります。

防腐剤は「フェノキシエタノール」や「パラベン」など、こういった材料が入っているものはなるべく避けた方がいいでしょう。

 

使用感や価格で選ぶ

保湿力もあり、肌悩みに合ったものが見つかったら、次に考えるのはそれが続けられるかどうかです。

良い成分を使っている美容液は、だいたい値段が高いです。

値段が高いものは一回二回ならいいかもしれませんが、継続して使い続ける事を考えると難しいかもしれません。

特にシワやシミといった肌悩みに関しては長期間継続して使い続ける事ができる物でないと意味がありません。

まずは価格です。

高いものはそれだけいいものですが、長期間継続して使える物を選びましょう。

目安としては最低でも一年間分を一括で購入できるようなものを選ぶといいでしょう。

次に使い心地です。

サラサラやトロトロなどコスメによって結構違います。

一度使ってみて、ストレスの無いものを選びましょう。

そして最後に香りです。

自分の好きな香りのものを選びがちですが、実は一番継続しやすいのは無香のものだというデータもあります。

無香だと好きでもなく嫌いでもなく、飽きも来ないというメリットがあります。

 

50代におすすめのハリやエイジングケア美容液の正しい使用のタイミング

美容液ランキング50代

 

美容液を使うのはタイミングを間違うと効果がありません。

基礎化粧品は大きく分けて4種類あります。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

化粧水はサラサラしていますが、クリームは白色で硬いテクスチャーになります。

これは何が違うのかというと、主に中に含まれる油分の量の違いです。

肌は油分と水分の絶妙なバランスで成り立っています。

ただ、基本的には水分は内側にあり、油分はその水分が蒸発しないように外側に蓋の役割として存在しています。

ですので、油分を先に塗ってしまうと、そのあとに水分を塗っても油分が邪魔をして皮膚に浸透できません。

つまり、基礎化粧品を使う時には、最初に油分の少ないものから徐々に多いものという順番で使わないと効果が無いという事です。

化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム

この順番が正しい順番です。

 

50代におすすめのエイジングケアのできるハリ回復美容液ランキング

美容液ランキング50代

 

キソ ホワイトエッセンス VCRSkiso-k41

商品名 ホワイトエッセンス VCRS
メーカー名 キソ
容量 20ml
価格 4,380円
使用方法 化粧水の後
有効成分 フラーレン

こちらはフラーレンが配合されたハリ回復美容液です。
私たちの肌は紫外線や刺激を受けると活性酸素が発生します。
この活性酸素がメラニンを作り出したり、コラーゲンを分解して破壊したりします。
結果、シミができてしまったり、シワができてしまったりもします。
そこで登場するのがフラーレンです。
フラーレンは抗酸化作用が強く、これら活性酸素を無害化する働きがあり、シミだけでなくシワの改善にも役立つ成分です。
実際に使ってみた人の口コミを見てみると、
まず、使い心地については可もなく不可もなく、といった感じでした。
また、効果に関してはあまり効果を感じられなかったという声の方が多く見られました。
通常は肌がふっくらしてきたなどの声がいくつかあるものですが、こちらでは見られませんでした。

 

ハダギワエッセンス

商品名 はだぎわ美容液
メーカー名 はだぎわ
容量 40ml
価格 2,998円
使用方法 化粧水の後
有効成分 アナツバメ巣エキス

こちらはアナツバメ巣エキスが配合された美容液です。
アナツバメ巣エキスとはいわゆるツバメの巣との呼ばれるもので、シアル酸などが含まれている成分です。
シアル酸とはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、肌にハリを与える成分として知られています。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、保湿効果に関してはあまり強くないという声がいくつかありました。
特に冬場の乾燥した季節にはこれだけでは足りないので、別のクリームなどを併用すると大丈夫だそうです。
また、効果に関しては、肌少しふっくらしたり、毛穴が目立たなくなったという声はいくつかありました。
肌のハリ回復効果に対しては劇的に改善したという内容は特になさそうでした。

 

日本酒の美容液

商品名 日本酒の美容液
メーカー名 菊正宗
容量 150ml
価格 1,980円
使用方法 化粧水の後
有効成分 ビタミンC誘導体

こちらは日本酒メーカーが作り出したビタミンC誘導体が配合された美容液です。
日本酒がどのようにハリ回復に役立つのかはあまりよくわかっていませんが、ビタミンC誘導体は美肌成分として認められています。
そのビタミンC誘導体が配合されている美容液なので、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させることができ、シワやたるみの改善に役立つことができます。
実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、
まず、お酒の匂いが結構強くてあまりお酒の匂いが好きという人はいなかったようで、その点は不満が多いようでした。
ただ、刺激を感じたなどの声はありませんでしたので、安全性は高いと思われます。
また、効果に関しても肌がふっくらしてきたなどのハリ回復の効果は実感できている人は多いようでした。

 

SCセラム

商品名 SCセラム
メーカー名 株式会社 ジュネスクレール
容量 30ml
価格 2,970円
使用方法 化粧水の後
有効成分 ヒト幹細胞培養液

こちらはヒト幹細胞培養液が配合された美容液になります。
ヒト幹細胞培養液とは使用すると塗った部分のコラーゲンやヒアルロン酸の生成機能が活性化し、肌のハリを保つのに必要な材料が増えてシワやたるみの改善を行うことができます。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
肌のターンオーバーが正常に戻ってきたと感じる人がたくさんいました。
特にガサガサしていた肘に使ってみたところ、数日でつるつるになったのは本当に驚いたようです。
50代や60代の人が使っても、翌日には肌がプリプリしている感覚がとても楽しいと高評価のようです。
特に肌に浸透していく効果が凄いとのことで、べたつかずにとても使いやすいというのも人気に理由のようです。

 

アスタリフト ジェリー アクアリスタ

商品名 ジェリー アクアリスタ
メーカー名 富士フィルム
容量 60g
価格 13,200円
使用方法 洗顔後
有効成分 ヒト型ナノセラミド

こちらはヒト型ナノセラミドが配合されたジェルです。
私たちの肌は年齢と共に肌の弾力を失ってしまいます。
若いころは肌の弾力を支えているセラミドですが、年齢とともにどんどん減ってしまうので肌のハリは失われていきます。
そこで登場するのがヒト型ナノセラミドです。
ヒト型なので、人の肌に馴染みが良く、ナノ加工されて肌に浸透しやすくなっているので、従来のセラミドとは違い、効果を実感しやすいものになっています。
実際に使ってみた人の感想をチェックしてみると、
使うと肌のハリが全然良くなるという声もいくつかありましたが、何よりも次に使うコスメの入り方が全然変わるというブースターとしての効果がとてもすごいという声が沢山ありました。

 

50代のエイジングケア美容液ランキング

美容液ランキング50代

 

資生堂HAKU メラノフォーカスZ

商品名 HAKU メラノフォーカスZ
メーカー名 資生堂
容量 45g
価格 11,000円
使用方法 化粧水の後
有効成分 4MSK

こちらは4MSKが配合された美容液です。
4MSKは美白に効果のある成分として広く知られています。
しかし、ハリ回復にも効果があるという結果もあります。
実際どうなのか、使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、安全性ですが、4MSKの使われているコスメはヒリヒリと刺激を受けやすいというデメリットがあるのですが、こちらはそういった刺激を感じた人はいないようなので安全性は高いようです。
また、肌のハリに対する効果ですが、あまりハリに対して気にしている人はいませんでした。
美白に対する効果はしっかりとあるようですが、ハリに関しては保湿効果がしっかりとあるので、肌が少しふっくらしたといった軽い実感をできた人は何人かいました。

 

メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液

商品名 メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液
メーカー名 ロート製薬
容量 20ml
価格 1,090円
使用方法 化粧水の後
有効成分 アスコルビン酸

こちらはアスコルビン酸が配合されている美白美容液です。
エイジングケアはシミ対策も含まれており、私たちの肌は年齢と共にバリア機能が衰えていきますので、少しの紫外線でもメラニンができやすくなってしまいます。
そこで登場するのが、アスコルビン酸をはじめとしたビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はメラニンの生成を防ぐのでシミの予防ができますし、すでにあるシミに働きかけてシミの色を薄くすることもできるので、シミ改善にもなります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、ビタミンC誘導体にありがちな刺激性はなさそうで、安全性は高いようです。
効果に関しては、明確に実感できたという人はほとんどおらず、なんとなく肌のトーンが上がったといった感想にとどまっているようです。

 

薬用ホワイトニングクリアセラム

商品名 薬用 ホワイトニングクリアセラム
メーカー名 株式会社エトヴォス
容量 50ml
価格 5,500円
使用方法 化粧水の後
有効成分 トラネキサム酸

こちらはトラネキサム酸が配合された美白美容液です。
今まで使っていた美容液ではシミが改善されなかったり、シミが増えるのを止められなかった場合に使われることが多いようです。
トラネキサム酸は紫外線を浴びてもメラニンを作らせないのでシミ予防効果があります。
また、美白有効成分は肌に刺激があることが多いのですが、トラネキサム酸は中でも安全性の高い成分として人気です。
実際に使ってみた人の口コミを見てみると、
敏感肌で今まで美白系のコスメが使えなかった人でも気にせず使える安全性なので、人気を集めているようです。
効果に関してはすぐに劇的な効果があった人はあまりいませんでしたが、ニキビや肌荒れが無くなったといった感想が多く見られました。

 

SBC MEDISPA ステムセラム

商品名 SBC MEDISPA ステムセラム
メーカー名 株式会社コスメテックス
容量 30ml
価格 3,960円
使用方法 化粧水の後
有効成分 ヒト由来幹細胞エキス

こちらはヒト幹細胞由来エキスが配合されている美容液です。
私たちの肌は年齢にともない、コラーゲンやヒアルロン酸が減少していきますので、シワやたるみの原因になってしまいます。
しかし、これらコラーゲンやヒアルロン酸を皮膚で増やすことができればシワやたるみを改善することができます。
そこで登場するのがヒト由来幹細胞エキスです。
まず、ヒト由来なので、人の肌に馴染みが良く、刺激もなく安全性が高い事がわかっています。
さらに幹細胞美容液でコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことができるのでシワやハリ回復をすることができます。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
あまり効果はわからないが、コスパは悪くないので使っているという人の声が多いように感じました。

 

コアエフェクター

商品名 コアエフェクター
メーカー名 ファンケル
容量 18ml
価格 8,030円
使用方法 洗顔後
有効成分 チオレドキシン

こちらはチオレドキシンという強力な抗酸化作用のある成分が配合されているシワ改善美容液です。
チオレドキシンというのはまだあまり知られていませんが、ファンケルが開発した強力な抗酸化作用のある成分です。
私たちの肌は紫外線や摩擦など刺激を受けると活性酸素が発生します。
この活性酸素が肌のハリを支えているコラーゲンを分解してシワやたるみの原因になっています。
そこで登場するのがチオレドキシンで、強力な抗酸化作用により、活性酸素を無害化してシワやたるみの予防を行います。
実際に使用してみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、使い心地で伸びが良い事で満足している人が多いようでした。
また、効果に関しては使い始めて数日で肌にハリが出てきたと実感できている人が多いように感じました。

 

50代におすすめの美容液ランキング

美容液ランキング50代

 

ジェニフィック アドバンスト N

商品名 ジェニフィック アドバンスト N
メーカー名 ランコム
容量 30ml
価格 11,550円
使用方法 洗顔後
有効成分 美肌菌

こちらは美肌菌配合の美容液です。
あまり美肌菌に注目しているコスメは多くないのですが、とても大切です。
というのも私たちの肌には常在菌があり、善玉菌、日和見菌、悪玉菌と大きく分けて三種類あります。
このバランスが大切で、特にアクネ菌などが属する日和見菌が少し悪い方に働くと全体のバランスが悪くなり、肌荒れやニキビができやすくなってしまいます。
実際に使っている人の口コミをチェックしてみると、
ブースターとしての効果の実感がすごくよくて、次に使うコスメの浸透が全然違うと高評価です。
また、肌の調子もかなり良くなるという事です。
例えば今まで生理前には必ず肌荒れができていたのが、こちらを使い始めてからは全くできなくなったという事もあるようです。

 

スーパーコラーゲン スプリーム

商品名 スーパーコラーゲン スプリーム
メーカー名 DHC
容量 100ml
価格 5,060円
使用方法 化粧水の後
有効成分 ジペプチド-8

こちらはジペプチド-8という世界最小コラーゲンが配合されているハリ回復美容液です。
私たちの肌はコラーゲンの生成量が年齢と共に減っていきますので、それにより肌のシワが増えたり、ハリが無くなってしまったりします。
しかし、外からコラーゲンを補充することができれば、シワやたるみの改善は可能です。
ですが、今まではコラーゲンは分子量が大きく、なかなか浸透させることができずにハリ回復は難しいものでした。
今回ジペプチド-8が開発されて最も浸透しやすい形状なので、今までとは違った効果があるはずです
実際に使ってみた人の口コミを見てみると、
使ってすぐに肌にスッとすぐに浸透する感じが良く、肌がもっちりする感覚を実感できるという声が沢山ありました。

 

シュペリエル エンリッチドセラム CB

商品名 シュペリエル エンリッチドセラム CB
メーカー名 資生堂
容量 35ml
価格 8,250円
使用方法 化粧水の後
有効成分 コラーゲン

こちらはコラーゲン配合のハリ回復美容液です。
コラーゲンと聞くと当たり前と思うかもしれませんが、コラーゲンを専門に研究しているところがコラーゲンを加工して最も浸透しやすい形にして配合しているので、今までのコラーゲンとはアプローチが全然違います。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まずは、とにかく保湿力が凄いということが特に印象が強いものでした。
乾燥肌の人でも冬場の乾燥している季節にこれだけぬれば問題ないといったように、保湿力はかなり強いようで、かなり人が満足していました。
他には、肌のハリがアップして顔のリフトアップ効果をすぐに実感したという人もいましたので、即効性はあるようです。
特に肌が乾燥しがちな人にはおすすめの逸品です。

 

ニューロジック 薬用セラム

商品名 ニューロジック 薬用セラム
メーカー名 ノエビア
容量 50g
価格 50,000円
使用方法 化粧水の後
有効成分 アルブチン、トラネキサム酸

こちらはアルブチンとトラネキサム酸が配合された美白美容液です。
私たちの肌は紫外線や刺激を受けると活性酸素が発生し、メラニンを作り出す酵素も出てきて、メラニンが作られて最終的にはシミになってしまいます。
そこで登場するのがアルブチンやトラネキサム酸です。
これらの成分は活性酸素を無害化したり、メラニンを作らせない作用があり、シミやくすみの予防や改善効果が期待できます。
また、トラネキサム酸は美白有効成分の中でも安全性が高く、敏感肌の人でも安心して使える成分だと人気です。
実際に使ってみた人の口コミを見てみると、
美白効果は当然ありますが、そのほかにも肌にハリが出たと美白にトータルに効果を発揮してくれるので、高い物を買ってよかったという声が多いようです。

 

薬用保湿美容液

商品名 薬用保湿美容液
メーカー名 コーセー
容量 60ml
価格 5,280円
使用方法 化粧水の後
有効成分 ライスパワーNo11

こちらはライスパワーNo11が配合されている保湿美容液です。
ライスパワーNo11は肌の水分保持機能をアップさせる機能が認められている成分です。
肌の乾燥を防ぐのにこちらの成分はとても効果的だということがわかっています。
肌のシワやシミの一番根本的な原因は乾燥です。
その乾燥をしっかりと防いでくれる成分がこちらのコスメには配合されています。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
とにかく肌にぐんぐん入っていくので素晴らしいという声が沢山ありました。
乾燥肌だとなかなか肌に浸透しにくいものですが、どんなに強い乾燥肌でもしっかりと浸透させることができるので、今まで乾燥肌で悩んでいた人もかなり満足しているようです。

 

50代の美容液ランキングのまとめ

50代の美容液ランキングをまとめると、

少しでも刺激のあるものは使わない

50代になると、なかなか自分の肌に合ったコスメを探すのが難しくなります。

肌が乾燥しても、若いころのようにしっかりと保湿力が足りていると実感できるものはあまりありません。

ですので、自分の肌に合ったものを見つけると、少しくらい高くても少しくらい刺激があっても、そのまま使い続けてしまうという傾向があるようです。

値段が高いのもあまりよくはありませんが、少し刺激があるものを使い続けるのは、大きな問題に発展する可能性があります。

少しでも刺激のあるものは使うたびに肌に大きなダメージを与えてしまいます。

これが続くと肌がどんどんボロボロになり、さらに敏感になってきます。

すると、いよいよ自分の肌にあったコスメを見つける事が難しくなってしまいます。

ただ、美容液でなくともイミニのようなオールインワンジェルでも代用は可能です。

ですので、50代の美容液を探す際には、肌悩みに合ったものを探すものも大切ですが、少しでも刺激のないものを使うようにしましょう。

 

 

⇒参考記事:エイジングケア 美容液

 

⇒参考記事:美容液 30代 おすすめ

 

⇒参考記事:美容液 おすすめ 40代

コメント

タイトルとURLをコピーしました