【鼻の黒ずみを取る方法】簡単!家にあるものでいちご鼻を治す

鼻の黒ずみをとる方法 簡単 家にあるもの 美白ケア

鼻のくろずみ・いちご鼻の原因は?治す前に原因を知ろう!

鼻の黒ずみをとる方法 簡単 家にあるもの

 

いちご鼻の種類1・詰まり毛穴とは?

いちご鼻は毛穴が大きく広がって、その毛穴が黒くなっている外観から、いちごに似ているので、この名前が付けられました。

いちごは美味しそうですが、いちご鼻は毛穴がとても汚く見えてしまって人前に出るのが恥ずかしくなってしまいます。

そんないちご鼻には種類が二つあり、その一つを詰まり毛穴と言います。

詰まり毛穴とは毛穴に角栓や皮脂が詰まり、それが酸化して黒くなってしまっている状態です。

毛穴に汚れが詰まっているので、本当に汚い状態です。

この詰まり毛穴の人は日ごろからあまり洗顔を行っていないか、乾燥肌などで皮脂が過剰に分泌されているなど、何か肌に問題のある人が多いようです。

他人から見られてもいい印象は得られないので、詰まり毛穴は最優先で改善しておいた方がいいです。

 

角栓とは?

詰まり毛穴は皮脂や角質が詰まってしまったものです。

この毛穴の出口で毛穴を硬く詰まらせてしまっているものを角栓といいます。

つまり、角質で栓をしてしまっているという事です。

角質とは皮膚の一番表面にあり、肌のバリア機能の要となっているタンパク質になります。

角質は古くなると硬くなり、バリア機能も弱くなってしまいます。

皮膚の水分も逃がしやすくなり、紫外線も隙間から通してしまうのでシミやシワの原因にもなってしまいます。

肌のターンオーバーがうまくいっていないと古い角質がそのまま残ってしまい、角質が硬くなってしまって毛穴の出口に弾力が無くなって詰まりやすくなってしまいます。

この硬くなった角質が毛穴の栓となってしまう角質を角栓と言います。

 

いちご鼻の種類2・メラニン毛穴とは?

いちご鼻の二つ目の種類にメラニン毛穴というものがあります。

メラニン毛穴とは詰まり毛穴とは違い、毛穴の中には特に汚れや皮脂や角質は詰まっていません。

毛穴の中は何もない状態です。

毛穴の中に何もないのですが、毛穴が大きく、紫外線が直接毛穴の奥にまで当たってしまいます。

毛穴の奥でも皮膚の一部ですので、紫外線をあびるとメラニンが生成されて毛穴の中が黒くなってしまいます。

毛穴の中が黒くなるので、いちご鼻と言われてしまいます。

中には皮脂や汚れなどは入っていないので、それほど不潔ではないのですが、汚く見えてしまうのでメラニン毛穴も改善する必要があります。

特に毛穴の出口が大きく広がっているのは大きな問題ですのですぐにでも解決しておきましょう。

 

メラニン色素とは?

メラニン色素とは私たちの肌に黒くシミを作ったりしてしまう黒色の色素です。

このメラニン色素さえなければメラニン毛穴やシミやそばかすなどが存在しないので、メラニン色素についてあまりいい印象を持っている人はいません。

ですが、実はメラニン色素は私たちの体を守ってくれている色素なのです。

小学生のころに黒色の折り紙を使って太陽光が集まる実験をしたことはありますよね。

メラニン色素が黒いのは、太陽光や紫外線を吸収しやすい色だからです。

太陽の紫外線は体にとって害があります。

特に皮膚細胞に当たると皮膚がんの原因になったりもします。

ですので、なるべく皮膚細胞に当たらないように外にそらす必要があります。

そこで登場するのがメラニンの黒色色素です。

皮膚細胞の隣にメラニンが作られることにより、紫外線は皮膚細胞に当たらずにメラニンに吸収されて皮膚細胞を守ってくれます。

このように、メラニン色素は皮膚細胞を守るために存在しています。

 

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因1・角栓が毛穴に詰まる

いちご鼻の原因の一つに角栓が毛穴に詰まることがあります。

特に詰まり毛穴なのですが、毛穴に角栓が詰まるとそこに皮脂やメイク汚れなども入って、それが酸化して真っ黒になってしまいます。

これはとても汚くて肌にとってもかなり悪い影響を与えて、肌荒れの原因にもなってしまいます。

角栓は過剰な皮脂分泌や肌のターンオーバーの異常といった原因で発生します。

特に過剰な皮脂分泌は角栓が毛穴に詰まる重要な原因になっています。

角栓というのは古くなって剥がれ落ちた角質も含まれています。

このように古い角質は硬いので皮脂の過剰分泌で流れてきたものと混じって毛穴の出口で詰まってしまいます。

この角質や皮脂が混じって詰まらせてしまうものも角栓といいます。

角栓が毛穴に詰まってしまった場合には、出口だけ剥がせば解決する場合が多いので、ピーリングなども有効です。

 

過剰な皮脂分泌

過剰な皮脂分泌は、肌にとって多くのデメリットをもたらします。

まずは皮脂が過剰分泌されると顔がテカテカして、清潔感が無くなってしまいます。

そして、ニキビができやすくなってしまいます。

さらにニキビ鼻の原因にもなってしまいます。

このように沢山のデメリットをもたらしてしまう皮脂の過剰分泌ですが、なぜこのような事が起きてしまうのでしょうか。

それは、肌の乾燥が主な原因だと言われています。

皮脂というものは皮膚が水分を蒸発させないために分泌しているものです。

肌が乾燥してしまうと、皮脂が足りないと判断されてより皮脂を多く分泌してしまうのです。

ですので、日ごろから肌を乾燥させないことが皮脂を増やさないコツですので、スキンケアはしっかりと行っておきましょう。

 

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因2・ターンオーバーの乱れ

いちご鼻の原因の一つにターンオーバーの乱れがあります。

ターンオーバーがちゃんと正常に回っていると、肌の角質も古いものはすぐに剥がれ落ちて新しいものができるので、角質は柔らかいまま落ちるので毛穴の出口に詰まってしまう事はあまりありません。

しかし、いったんターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまいます。

古い角質がどんどん剥がれずに残ってしまうと重なって硬くなってしまいます。

この硬い角質が角栓となって毛穴を詰まらせてしまうのです。

若いうちはターンオーバーの事を気にしなくてもいいともいわれていますが、若いうちは毛穴の出口がとても小さいので、少しでもターンオーバーが乱れてしまうと毛穴が詰まってしまう原因になりかねませんので、しっかりとターンオーバーが正常に回るようにしておく必要があります。

 

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは古くなって硬くボロボロになった皮膚が剥がれ落ちて、新しい皮膚が作られるという、いわゆる肌の新陳代謝の事です。

私たちの皮膚は存在している限り、ダメージを受け続けています。

紫外線などはその最たるものになります。

私たちの皮膚は紫外線やストレス、刺激などを受けると、皮膚にダメージを受けて硬く酸化したり、一部がボロボロに剥がれたりして、肌のバリア機能がどんどん低下していきます。

このように肌のバリア機能がどんどん低下していくと紫外線や刺激に対するダメージはさらに大きくなり、悪循環に陥ってしまいます。

そこで肌は古い皮膚を落として新しい皮膚と交換することにより、肌のバリア機能を強い状態に保つことができるのです。

ですので、肌のターンオーバーが乱れると角質などが硬くなって落ちなくなり、その部分の毛穴が詰まりやすくなっていちご鼻の原因にもなってしまうのです。

 

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因3・肌の乾燥

いちご鼻の原因の一つに肌の乾燥があります。

いちご鼻の黒ずみは皮脂や角質が酸化して黒く変色したものです。

ですので、皮脂の分泌を抑える事で毛穴の黒ずみは改善することができます。

皮脂の分泌を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

私たちの肌は皮膚が乾燥している時に肌の水分をこれ以上蒸発させないために皮脂を多く分泌する習性があります。

つまり、肌がしっかりと潤っている状態であれば、皮脂は多く分泌する必要がないので、皮脂の分泌量は自然と減ってくる傾向になります。

ですので、いちご鼻の黒ずみの原因である皮脂は肌の乾燥によって引き起こされるので、逆にしっかりと保湿することで改善することができます。

特に冬場などは空気が乾燥しているので、いつもより保湿をしっかりと行うことがポイントです。

 

鼻の黒ずみを家にあるもので簡単に取る方法

鼻の黒ずみをとる方法 簡単 家にあるもの

 

NGな方法1・食べ物パック(ヨーグルト、バナナなど)

食べ物に小麦粉などを少し混ぜてパックを作ってそれを使うと美容にいいという話があります。

特にヨーグルトの分解酵素には毛穴を綺麗にする作用もありますので、ヨーグルトでパックをすると毛穴がすっきりと綺麗になるので、ひそかに人気を得ている方法です。

ただし、何度か続けているうちに、肌荒れが出てきて、途中でやめてしまったという声もかなり多くあります。

せっかく毛穴に効果があるのに、なぜ肌荒れが発生するのでしょうか?

それはアレルギーだと言われています。

ヨーグルトを食べても問題なかったのに肌に塗るとアレルギーが発生したというのはよくあることです。

それは、口に入れるよりも皮膚の方がアレルギー反応が起きやすいということがあります。

ですので、食べ物でパックを行うことはおすすめできません。

 

NGな方法2・オロナイン毛穴パック

オロナインはニキビや肌荒れなどに効果があるとされているお薬です。

このオロナインを毛穴にパックすれば毛穴の黒ずみが良くなるという話があります。

実際のところはどうなのでしょうか?

確かにオロナインでパックをして黒ずみが良くなったという声はあるようですが、あまり多くないようです。

まず、オロナインは薬であってパックではありません。

毛穴の黒ずみは皮脂の酸化でそう見えるものです。

しかし、オロナインに入っている成分は殺菌作用がメインです。

毛穴の黒ずみと殺菌作用は、全く関係が無いと言っても過言ではありません。

ですので、オロナインが毛穴の黒ずみに効果的だという話は全く根拠のないものです。

オロナインを肌に使い過ぎると肌に良い善玉菌まで殺菌してしまうので、おすすめはできません。

 

NGな方法3・オリーブオイルパック

オリーブオイルが毛穴の汚れに効果的だという話があります。

確かにオリーブオイルを肌につけると、肌や毛穴の汚れが浮いてきて効率的に毛穴の黒ずみを改善することができるようです。

ただし、これは化粧品用に作られたオリーブオイルの場合です。

しかし、家庭に普通にあるのは、食用のオリーブオイルです。

食用のオリーブオイルを塗っても確かに効果的に毛穴の汚れを浮かせて取ることはできるのですが、多くつけすぎると、オリーブオイルが酸化して、逆に汚くなってしまう事もあります。

また、特に食用のオリーブオイルは栄養価が高いので、ニキビの原因になるアクネ菌が寄ってきます。

アクネ菌と反応するとニキビの原因にもなりますので、食用のオリーブオイルを肌につけるのはおすすめはできません。

 

NGな方法4・剥がすタイプの毛穴パック(市販)

剥がすパックは毛穴の角栓が目に見えて沢山取れるのでとても気持ちいいですよね。

でも、このタイプの毛穴パックを使って、毛穴の黒ずみが治ったという人はほとんどいないのではないでしょうか。

この剥がすタイプの毛穴パックを使って綺麗になるのは、使った直後だけです。

半日もすればまた黒い毛穴に逆戻りです。

なぜ一生懸命綺麗に取ったのにまたできてしまうのでしょうか。

それは、毛穴パックで角栓を取ると、必要な皮脂まで全て取り去ってしまうので、皮膚は皮脂が足りないと判断して、かえって皮脂を増やしてしまうからです。

毛穴パックで一瞬は綺麗になりますが、次の瞬間にはもっとひどくなってしまうのはこのためです。

ですので、剥がすタイプの毛穴パックは治したい人にはおすすめできません。

 

NGな方法5・ピンセットでつまむ

角栓を先の細いピンセットなどでつまんで引っ張り抜くという方法があるようですが、こちらもおすすめできません。

というのも剥がすタイプのパックと同じで、取る瞬間は気持ちいいですが、次の瞬間にはもっとひどくなってしまうからです。

上手にピンセットでつまんで抜くと、剥がすタイプのパックよりも気持ちよくて、ついつい何時間も作業していたなんてこともあるようです。

この方法は、角栓が周りの皮脂も全て持っていくので、毛穴の中はとても乾燥しやすい状態になります。

ですので、毛穴の中の皮膚は皮脂を急いで補充しようと、沢山分泌してしまうのです。

すると、以前よりも大きい角栓ができてしまうという悪循環に陥ります。

また、ピンセットで自分でやっていると、雑菌なども毛穴に入りやすくなるので、ニキビや肌荒れの原因にもなりますのでNGです。

 

NGな方法6・過剰な酵素洗顔

過剰な酵素洗顔も毛穴の黒ずみに悪い影響を与える事もあります。

毛穴ケアのための酵素洗顔は主に皮脂を分解する事の出来るものを選ぶと思います。

酵素洗顔を使うと効果的に毛穴の中の皮脂だけを落としてくれるので、毛穴の黒ずみを綺麗にしてくれる効果があります。

かなり綺麗になるので面白くて毎日酵素洗顔してしまう人がいます。

これはNGです。

酵素洗顔をやりすぎてしまうと毛穴に最低限必要な皮脂まで落としてしまうので、かえって皮脂の分泌を増やしてしまうことがあります。

また、酵素洗顔のやりすぎは肌にとって刺激が強すぎるという面もありますので、皮膚に刺激を与えてしまい、それがまた皮脂の分泌を増やしてしまう結果になりかねませんので、おすすめできません。

 

NGな方法7・ワセリンパック

鼻の黒ずみにワセリンパックが効くという話もあります。

しかし、実際にやってみた人の感想をチェックしてみると、全然効果が無かったという声がほとんどでした。

なぜ、このような嘘が広まっていたのかというと、ワセリンが毛穴の角栓や皮脂を溶かして綺麗にするという効果があるという嘘が広まっていたからです。

ワセリンも油の一種なので角栓や皮脂を溶かす効果はありません。

ワセリンを鼻の黒ずみに塗るという事は、皮脂の油の上にさらにワセリンの油をぬっただけ、という事になります。

つまり、何の効果もない事を行っているわけです。

余計な手間や皮膚に対する負担を考えるとデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

また、ワセリンを皿に塗ることで、洗顔時の負担も増えるので、鼻の黒ずみ改善にとって、何一ついい事はありません。

 

おすすめな方法1・ベビーオイル+綿棒で取り除く

いちご鼻の毛穴の黒ずみ対策にはベビーオイルと綿棒で取り除く方法があります。

この方法は綿棒にベビーオイルをしみこませてきになる毛穴の部分に塗るという方法です。

ベビーオイルが角栓に反応して溶かすような作用があるので、毛穴の角栓ケアには効果的です。

この方法だとベビーオイルだけでなくオリーブオイルでも同じような効果を得られるようです。

ただし、オリーブオイルを使う際には食用ではなく化粧品のオリーブオイルを使うようにしないと逆効果になってしまうことがありますので注意が必要です。

何が違うのかというと食用のオリーブオイルには細かく調べると果肉やら皮など細かい物質が沢山入っていて、それらが毛穴に詰まってしまう可能性もあるからです。

化粧品として販売されているオリーブオイルは不純物が無いので安心して使用することができます。

 

ベビーオイル+綿棒を使った除去方法について

ベビーオイルと綿棒を使った毛穴ケアがなぜ効果的なのでしょうか。

この方法は毛穴の角栓を取り除くという事で剥がすタイプのパックと同じような感じがするのですが、実は全然違います。

ベビーオイルを使った方法では毛穴の皮脂や角栓を溶かすのですが、全てを取り除いてしまうわけではなく、必要な皮脂は残しておくことができるので、皮脂の過剰分泌を招くことはありません。

しかし、剥がすタイプのパックだと、角栓や皮脂を根こそぎ取り去ってしまうので皮膚は皮脂が不足していると勘違いしてしまい、通常よりも多く皮脂を分泌してしまうのです。

この皮脂の過剰分泌が次の毛穴の汚れを招いてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

ですので、毛穴の角栓を取り除くのであれば、少し皮脂を残すことができる方法がいいでしょう。

 

おすすめな方法2・蒸しタオルパック

鼻の黒ずみを改善する方法として蒸しタオルパックがあります。

45℃くらいまで温めた濡れタオルを鼻に当てる方法です。

数分当てていると毛穴が開いてきて、また中身の皮脂や角栓も柔らかくなりますので、洗顔で落としやすくなります。

この方法だと皮脂を完全に取り去ってしまう事もありませんので皮脂の過剰分泌につながることもありません。

また、少し大きめのタオルを使う事で、目にも被せる事ができます。

目の上にも被せると、リラックス効果が凄いと評判です。

ストレス解消にもなりますので、肌の酸化を防ぐことに役立ちます。

今までやったことが無い人は一度試してみるといいでしょう。

剥がすタイプのパックに比べて角栓がしっかりとれるところは見る事はできませんが、洗顔後はしっかりと綺麗になっているのがわかると思います。

 

洗顔前に行う

蒸しタオルパックは洗顔前に行う必要があります。

もし、蒸しタオルパックだけで終わってしまうと、一度開いた毛穴もまたもとに戻ってしまいますし、柔らかくなった角栓もまた硬くなってしまいます。

リラックス効果はありますが、直接いちご鼻の毛穴をケアすることはできません。

蒸しタオルパックを行った後に洗顔をすることで初めて効果を発揮する方法です。

洗顔前の蒸しタオルパックが毛穴を開いて角栓を柔らかくしてくれているので、洗顔をするといつもよりも角栓が落ちやすい状況になっているので、よりきれいになります。

この方法は洗顔だけでも蒸しタオルパックだけでもだめです。

二つ合わせて行う事で今まで悩んでいたいちご鼻が劇的に改善することもあるでしょう。

 

入浴中に行うと効果倍増

蒸しタオルパックと洗顔を入浴中に両方行う事で効果が倍増します。

お風呂は他の部屋よりも湿度が高く、温かいので蒸しタオルパックの温度も長持ちしますし、リラックス効果もアップします。

また、蒸しタオルパックを取ってからも湿度や温度が急激に下がらないので、毛穴はしっかりと開いたままで次の洗顔に移ることができます。

そのまますぐに洗顔もできるので効果は洗面所で行うよりも効果は上がります。

このように入浴中に蒸しタオルパックと洗顔を一緒に行う事で、通常よりも効果を倍増させることができるのでおすすめです。

この方法の良い所は洗顔で毛穴の皮脂を完全に落とさずに、必要最低限の皮脂は残しておく点です。

皮脂が残っていると次の皮脂の過剰分泌には繋がりませんので、効果的です。

 

おすすめな方法3・スチーマーを使ったマッサージ

毛穴の角栓を取り除く方法としてスチーマーを使ったマッサージがあります。

スチーマーというのは上記が出てくる美顔器です。

顔に蒸気をあてる事により、肌を乾燥させずに毛穴を開き、血行を良くすることができます。

このスチーマーを顔に当ててマッサージすることにより、今までなかなか取り除くことができなかった、かなり頑固な角栓を簡単に取ることができます。

角栓の中にはどうやっても取れないものがあります。

それは毛穴の奥の部分の角栓が硬くなって引っかかって取りにくくなっている状態です。

これを取るには血行を良くして温めて柔らかくする必要があります。

スチーマーに加えてマッサージも行う事で硬く取れなかった角栓が柔らかくなって取りやすくなりますので、角栓ケアの最終手段として使われることがあります。

 

スチーマーがない場合の方法について

このスチーマーとマッサージを組み合わせた方法だとしつこい角栓も簡単に取れてしまう事があります。

しかし、どの家庭にもスチーマーがあるとは限りません。

そんな時には蒸しタオルでも代用することができます。

45℃くらいに温めた蒸しタオルを顔に5分くらい乗せておいて毛穴が開いた状態で指先でマッサージすると同じような効果を得る事ができます。

いままでスチーマーが無いので角栓を取ることをあきらめていた人には最適の方法かもしれません。

間違ってもピンセットや指で毛穴をいじらないようにしましょう。

もしやってしまうとそこから雑菌などが入りますし、毛穴もさらに広がってしまいかねません。

また、何といっても皮脂の過剰分泌を招くので注意が必要です。

 

おすすめな方法4・毛穴ブラシ

毛穴の黒ずみを改善できる方法の一つに毛穴ブラシがあります。

毛穴ブラシは細い毛が沢山ついたブラシで、洗顔の時に泡を乗せて使用します。

角栓など目に見える汚れなのに手で洗顔しても取れる気がしませんよね。

そんな時に毛穴の中までしっかりと洗顔できる毛穴ブラシがあれば、しっかりと毛穴を綺麗にすることができます。

ただし、完全に毛穴の中の皮脂を流すことはないので、皮脂の過剰分泌を誘う事はなさそうです。

今まで洗顔しても毛穴の黒ずみがなかなか消えずに悩んでいた人も毛穴ブラシを使う事で毛穴を綺麗にすることができます。

間違えても剥がすタイプのパックなどを使用してはいけません。

毛穴の中の最低限必要な皮脂まで全て持って行ってしまうので、さらに毛穴の問題が深刻になってしまう事もあります。

 

密度があるカブキブラシなどがおすすめ

カブキブラシってご存じでしょうか?

歌舞伎の世界で使われるメイクの際に使用するブラシの事です。

先端がキノコのような形をしていて細い毛が密集しているので、塗るメイクにはとても役立つブラシです。

100均などでも普通に販売されていますが、なるべく密度があるものがおすすめです。

通常はメイクに使用するものなのですが、毛穴ブラシとして使うと、とても優秀です。

洗顔に使う洗顔剤はできれば泡が出てくるものがいいのですが、なければ自分の手で泡を作ってからブラシに乗せて、くるくると回転させながら気になる毛穴の部分を擦ります。

擦ると言っても優しく触るくらいの感覚が一番いいです。

擦ると活性酸素が発生してシミやシワの原因にもなってしまうので。

カブキブラシで丁寧にケアすると毛穴の黒ずみも以前自分の手で洗っていた時よりも数倍も綺麗になっているでしょう。

 

ニキビがひどい時にはNG

毛穴ブラシを使用する前には自分の肌の状態を先に確認しておく必要があります。

特に敏感肌やニキビ、肌荒れなどで悩んでいる肌には毛穴ブラシはNGです。

なぜならこれらの肌質にとっても毛穴ブラシは刺激が強すぎるからです。

毛穴ブラシは毛先がかなり細いので毛穴の中までしっかりと綺麗に洗うことができるのですが、敏感肌にとってはかなり刺激が強すぎます。

肌荒れのある肌やニキビなどもかなり敏感になっていますので、毛穴ブラシを使うと逆効果です。

肌に無用の刺激を与える事で活性酸素が発生してシワやシミの原因になるだけでなく、皮脂の過剰分泌も促進させてしまう恐れがあるので、敏感になっていない時の肌にだけ使うようにした方が無難です。

 

おすすめの方法5・ピーリング

毛穴の黒ずみを改善する方法にピーリングがあります。

ピーリングは皮膚の表面の皮を薄く溶かして肌をきれいにする方法です。

肌のターンオーバーがうまくいっておらず、古い皮膚がずっと残ってしまっている状態の皮膚にはとても効果があります。

毛穴の黒ずみで悩んでいる時にはピーリングを行うと毛穴の出口が少し広がるので、洗顔時に毛穴の中を掃除しやすくなるというメリットがあります。

ピーリングをすると見た目がかなり綺麗になるので満足感を得る人が多いようです。

しかし、それが楽しくなって毎日ピーリングすると皮膚を深く溶かしてしまうので皮膚にとっては逆効果で刺激を強く感じて皮脂分泌を増やしてしまう事もありますので注意が必要です。

 

鼻の黒ずみ・いちご鼻を作らせない・予防や対策

鼻の黒ずみをとる方法 簡単 家にあるもの

 

予防方法1・質の高い睡眠

いちご鼻は肌のターンオーバーが乱れる事で発生しやすい肌悩みです。

肌のターンオーバーは様々な事で乱れてしまいますが、よくあるのが睡眠不足です。

ターンオーバーに必要な成長ホルモンは夜私たちが寝ている間に分泌されます。

昼間活動している時には分泌されませんので、しっかりと質の良い睡眠をとることが必要です。

質の高い睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーを整える事で、肌の一番表面にある古くて硬くてボロボロになっている皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚が出てくることを促進するので、睡眠は肌にとってとても重要です。

また、いちご鼻の原因の一つである皮脂の分泌も質の高い睡眠により皮脂の分泌量が減り、毛穴に皮脂もたまりにくくなるので、毛穴の黒ずみに効果があります。

 

成長ホルモンの分泌で美肌に導く

成長ホルモンがしっかりと分泌されると美肌になることは間違いありません。

まずは肌のターンオーバーが乱れていたのを整えてくれますので、古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わり、見た目にもキメの細かい透明感のある肌になります。

また、成長ホルモンの分泌のおかげで皮脂の過剰分泌を抑える事ができます。

私たちの皮膚は何かあればすぐに皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を増やしてしまいます。

皮脂が増えると顔がテカテカするだけでなく、鼻の毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなり、その皮脂が酸化して黒く変色して汚れが目立ってしまいます。

このように成長ホルモンは私たちの肌を美しく保つのに必ず必要なものです。

特に睡眠の質が大きく関係しているので、日ごろから気を付けておきましょう。

 

予防方法2・食生活の改善

いちご鼻など毛穴の黒ずみは食生活の改善でも解決することができます。

特に皮脂の過剰分泌は脂分の多い食事や辛い食事を摂ると皮脂腺を刺激されるので、皮脂の分泌量が急激に増えてしまいます。

こってりしたものや辛い物を食べた次の日はニキビができやすいというのはこのためです。

このように、食生活と肌の調子は密接なつながりがあります。

なの色白になる方法のかなり重要な項目に食生活の改善があります。

皮脂腺を刺激するような食べ物を食べると皮脂の過剰分泌を招きますが、それが毛穴を詰まらせてしまい、角質や汚れと混じって、しかも空気に触れて酸化することによって、黒く変色してしまうと毛穴の黒ずみになってしまいます。

逆に皮膚に良い食生活を続けていれば皮脂の分泌も減り、毛穴の問題も同時に減っていくので毛穴の黒ずみの悩みも解決することが可能になります。

 

脂質・糖質の多い食事はNG

脂質や糖質の多い食事は毛穴の黒ずみにとってよくありません。

このような食事は皮脂腺を刺激してしまうからです。

脂質の多い食べ物とは、油を多く使った中華料理や肉の脂分の多いステーキや焼き肉など。

糖質の多い食べ物とは、砂糖など沢山入った飲み物や食べ物、そして意外と気が付きにくいのが、ごはんやパンなどの炭水化物です。

炭水化物も体に入ると糖質になりますのでNGです。

こういった食事を多く摂った場合には皮脂腺を刺激して、皮脂が多く分泌されてしまいます。

すると毛穴に皮脂が沢山溜まって汚れや角質と混じり、日光や空気に触れると酸化して黒く変色して汚く見えてしまいます。

ですので、普段から脂質、糖質には注意して、他にも香辛料なども皮脂腺を刺激してしまいますので、避けておいた方が無難です。

 

過剰なアルコールなNG

毛穴ケアにとって過剰なアルコール摂取は大きな問題です。

毛穴を開いてしまう危険な事の一つにアルコールが入っています。

危険なことには3つあり、

タバコ、睡眠不足、そしてアルコールです。

特にアルコールは飲むと血中のアルコール濃度を下げようと大量の水分を必要とします。

水分と共にアルコールを体外に排出しようとするので利尿作用があります。

そのほかに皮膚から汗として排出します。

この際に毛穴を大きく開いて汗をだすので毛穴が大きく開いてしまうのです。

また、アルコールは皮脂の分泌も促進しますので、毛穴の中に大量の皮脂を分泌して毛穴の黒ずみの大きな原因ともなってしまうので注意が必要です。

このようにアルコールは毛穴にとってデメリットしかありませんので、なるべく避けておくのが無難です。

 

角栓詰まりを予防する栄養素1・タンパク質(アミノ酸)のはたらき

角栓の詰まりを防ぐ栄養素の一つにタンパク質があります。

タンパク質は体内に入るとアミノ酸に分解されて再合成されます。

その再合成される際に皮膚の一番外にある角質も作られます。

角質は皮膚の一番外にあるもので、常に紫外線や乾燥にさらされています。

ですので、長くそのままでいると硬くカサカサになってしまいます。

この硬くてカサカサした角質が角栓の核となってしまうのです。

特にタンパク質が不足してターンオーバーが乱れている肌では角質が硬くなりやすく角栓つまりの原因になってしまうことが多いようです。

ですので、日ごろからタンパク質を多く摂って皮膚を常に柔らかく新しい肌を作り出す努力をしておきましょう。

タンパク質は体のほとんどの構造に必要な成分なので積極的に摂ると様々なメリットがありますよ。

 

角栓詰まりを予防する栄養素2・ビタミンB群のはたらき

角栓詰まりの主な原因は皮脂の過剰分泌です。

皮脂というのは何かあればすぐに過剰分泌されてしまうので、私たちの肌にとってはとても不便なものです。

ただし、皮脂は私たちの肌の水分の蒸発を防ぐのに大切な成分です。

ただ、過剰に分泌されてしまうと角栓詰まりの原因になりますので注意が必要です。

そんな皮脂ですが、ビタミンB群を摂ることで、正常な量にコントロールしてくれる働きがあることがわかっています。

つまり、皮脂が少ない時には多く分泌し、過剰に分泌されている時には量を減らすという調節を行ってくれます。

ですので、角栓で悩んでいる人で、皮脂が多いと感じているのであれば、ビタミンB群を積極的に摂ることで皮脂の量を減らすことができます。

また、ビタミンB群はシミに効く食べ物シミに効果的なサプリなどに必ずと言っていいほど入っている美肌にとって重要な栄養です。

 

角栓詰まりを予防する栄養素3・ナイアシンのはたらき

角栓つまりを予防する栄養素の一つにナイアシンがあります。

ナイアシンというとシワ対策のコスメにも使われている美肌成分です。

このナイアシンという成分は毛穴の角栓詰まりに対して二つのアプローチで予防の効果を発揮してくれるようです。

一つ目のアプローチが皮脂の過剰分泌を抑えて量をコントロールしてくれる働きです。

角栓の主な成分は皮脂なので、皮脂の過剰分泌を減らすことで角栓ができるのを防いでくれます。

もう一つのアプローチはセラミド生成を促進させることです。

セラミドというのは肌の弾力を支えている成分になりますが、毛穴の出口の弾力も関係しています。

つまりセラミドが少ないと毛穴が開きっぱなしや大きく開いたりして、セラミドが多いと普段は毛穴を小さく保ってくれます。

ナイアシンの効果でセラミドが増えると毛穴が小さくなり、毛穴の黒ずみの問題も解決する方向に向かいます。

 

角栓詰まりを予防する栄養素4・ビタミンCのはたらき

角栓詰まりを解消する成分の一つにビタミンCがあります。

角栓の主な成分は皮脂や角質のタンパク質です。

これらに汚れなどが混じって硬くなり、毛穴の出口を詰まらせてしまうものを角栓といいます。

角栓つまりが起きるとその部分に紫外線があたり、酸化してしまうと黒く変色して汚くなってしまいます。

そんな時に活躍するのがビタミンCです。

ビタミンCは皮脂の量をコントロールする作用があります。

この作用のおかげにより、皮脂の量が減り、角栓の問題も減るという仕組みです。

また、このほかにもコラーゲンの生成を促進させる働きがありますので、毛穴を引き締めて小さく目立たなくする効果がありますので、毛穴の問題に総合的に対処することが可能になります。

 

角栓詰まりを予防する栄養素5・ミネラルのはたらき

角栓の詰まりに効果的な栄養素の一つとしてミネラルがあります。

ミネラルがなぜ角栓の詰まりを予防するのか不思議ですよね。

ミネラルと言えばカルシウムやマグネシウムといった成分になりますが、実は人体の新陳代謝に大きく関係しています。

ミネラルが不足すると、私たちの体では肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

肌のターンオーバーが乱れると古くなった角質がそのまま残ってしまい、どんどん硬くなってしまいます。

最終的に角質は硬くなってそのまま皮膚の表面に留まってしまい、弾力が大切な毛穴の出口でも皮膚を硬くしてしまいます。

すると、少しの皮脂でも毛穴の出口が硬いのですぐに詰まってしまい、角栓詰まりを作ってしまいます。

このようにミネラルが不足すると肌のターンオーバーが乱れて角栓ができてしまうので要注意です。

 

関連ページ:【美肌 食べ物 ランキング

 

予防方法3・定期的な角質ケア

角質は私たちの肌にとってとても大切な体の一部です。

皮膚の一番外側にあり、私たちの体を紫外線や様々な刺激から守ってくれています。

ですので、とても大切な体の一部なのですが、年齢と共に角質の質が悪くなってしまいます。

若いころは肌のターンオーバーの回転がいいので、常に新しい角質が出てくるのですが、年齢と共にターンオーバーが乱れてくると、古い角質が皮膚の表面に残ることが多くなってしまいます。

これは仕方がない事です。

ですので、古い角質は人工的にはがしたり、ターンオーバーの回転を改善したりして、少し無理やりにでも肌の調子を良くしてあげる事が必要です。

肌の表面がガサガサしてきたと感じたら角質が古くてささくれ始めている合図です。

特にアラフォーになると肌の状態がガラッと変わってしまうので、40代のシミに効く化粧品など、ピンポイントな年代に効果的なコスメもありますので、試してみるといいかもしれません。

 

酵素洗顔

角質ケアの方法の一つに酵素洗顔という方法があります。

酵素洗顔はパウダーで販売されているものが多く、大きく分けて二種類のものがあります。

一つはタンパク質を溶かすもの。

もう一つは脂質を溶かすもの。

角質をケアしたいのであればタンパク質を溶かす酵素のものを選びましょう。

タンパク質を溶かす酵素が入っている洗顔料なので、角質だけを溶かしてくれるので、皮膚に最低限必要な皮脂は残してくれるので、皮脂の過剰分泌を防ぐこともできます。

このように酵素洗顔は角質ケアで改善することができますが、あまりやりすぎると肌にとって刺激になりますので、できれば一週間に一度くらいにしておいた方がいいでしょう。

これ以上やりすぎると肌にシミやくすみが増えてしまう可能性もあります。

 

ビタミンC配合の化粧品

毛穴の悩みにはビタミンCが配合されたものを使うのが一番いいという説もあります。

というのもビタミンCは4つのアプローチで毛穴に効果的だからです。

一つ目は肌のターンオーバーを促進させる作用です。

ビタミンCでターンオーバーをしっかりと促進させることができるので角質も硬くならず角栓を作らせません。

二つ目は皮脂の分泌を抑えるので、角栓の原因である皮脂がないので角栓を作らせません。

三つめはコラーゲンの生成を促すので、毛穴を引き締めて角栓を作らせません。

最期はストレスの無効化です。

ストレスは皮脂腺を刺激したり、ターンオーバーを乱れさせる原因なのですが、ビタミンCでストレスを分解して無効化するので、肌に影響を与えません。

このようにビタミンCは角栓の予防にとても効果的です。

他にも美白クリームランキングなどをチェックしてみると、色々な美白ケアのアイテムが見つかりますよ。

 

高保湿の化粧品

角質の原因は肌の乾燥も大きく関係しています。

というのも肌が乾燥すると皮膚が水分が不足していると判断してしまい、皮脂を通常よりも多く分泌してしまいます。

皮脂は肌にとっては水分の蒸発を防ぐものなので、肌の潤いが足りなくなったと感じれば対策として皮脂を多く分泌してしまいます。

この皮脂が過剰分泌されると、角質と混じって角栓になってしまうのです。

ですので、皮脂が過剰に分泌されないように日ごろからしっかりと保湿をしておくことが大切です。

もし、角栓ができてしまった場合には、高保湿の化粧水か美容液を使いましょう。

高保湿の化粧品の中にはヒアルロン酸やコラーゲンが高濃度で配合されているのでとろみのあるテクスチャが特徴です。

例えば美白オールインワンジェルとして有名なシミウスといった高保湿の化粧品を使う事で、皮脂の量を抑える事ができます。

 

摩擦は厳禁・おすすめのオールインワンジェル/メディプラスゲル

商品名 メディプラスゲル
会社名 株式会社メディプラス
容量 180g
価格 4,070円
用法 洗顔後
美容成分 セラミド、ヒアルロン酸

こちらはヒアルロン酸やセラミドなどが配合された保湿用オールインワンジェルです。
まず、一番目に付くのは容器がポンプ式であることです。
オールインワンジェルはジャータイプのものがほとんどなのですが、こちらはポンプタイプで衛生的で使いやすいタイプです。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、保湿効果に関しては乾燥肌の人もたくさん使っていたようですが、保湿力は冬場の乾燥しやすい季節でも問題なく乾燥せずに使えているようですので、保湿力はかなり高めです。
そして、敏感肌の人が使ってみた感想ですが、特に刺激を感じる事もなく使えていたので安全性もかなり高いオールインワンジェルだと言えるでしょう。
容器もかなり使いやすいのでおすすめです。

 

 

関連ページ:【メディプラスゲル 口コミ

 

家にあるもので簡単に鼻の黒ずみを取る方法まとめ

家にあるもので簡単に鼻の黒ずみを取る方法をまとめると、

蒸しタオルが最強

すでに鼻の黒ずみが目立ってしまっている状態では、蒸しタオルパックが一番効果的です。

毛穴の角栓には、専用のパックもありますが、あのような肌に必要な皮脂まで全て持って行ってしまうような方法だとその時はいいのですが、次の日には以前よりも皮脂の分泌が増えてしまって、かえって逆効果になってしまうという問題がありますのでおすすめできません。

蒸しタオルで顔の毛穴を開いて角栓もや柔らかくしたうえで洗顔することで、肌に必要な皮脂を全て流さずに角栓だけを除去することができるので、皮脂の分泌も増えないのでおすすめの方法です。

とにかく角栓ができてしまったら、全部を取ってしまわないようなケア方法を選択しましょう。

他にも自宅で気軽に美白ケアができる物として、自宅でシミ取りができるレーザーなどもありますので、新しいアイテムはしっかりとチェックしておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました