【色白になる方法】地黒から肌を白くする方法/地黒は美白で治る?

色白になる方法 美白ケア

地黒は遺伝?色黒の原因について

色白になる方法

 

地黒の原因1・遺伝的な要因

生まれつき色黒な人がいます。

生まれつきなので先天性で、遺伝的な要因である可能性が高いと言われています。

親が色黒でなくても、先祖をたどれば色黒な人がいたということはよくあります。

これは過去に皮膚に何らかの疾患があった場合が多いようです。

過去をさかのぼってみると、何代か前に皮膚がんになった人が存在していたなどなにか皮膚関連の疾患がある家系である場合には、皮膚を守ろうと先天的に皮膚を守るためにある程度皮膚が黒い状態で生まれてくる場合があります。

ただ、地黒の人は皮膚が黒いというだけで他に特別何か疾患があるといった事はほとんどありません。

遺伝的な要因であっても美白になる方法はいくらでもありますので、全くあきらめる必要はありません。

 

生まれつきメラニン色素の量が多い

生まれつきメラニン色素が多い人がいます。

わかりやすい例が黒人です。

黒人は肌に大量のメラニン色素を持ったまま生まれてきます。

アジア人は黒人ほどではありませんが、そこそこメラニンを沢山持って生まれてきます。

白人は逆にほとんどメラニンを持たない状況で生まれてきます。

このように人種によってメラニン色素の量が違います。

人の肌は紫外線を浴びると皮膚の細胞がダメージを受けてしまいます。

ダメージが大きいと細胞の核が壊されたり、皮膚がんになったりもします。

これを防ぐために一定量の紫外線を受けると皮膚細胞とは別にメラノサイトという細胞がメラニンという黒色色素を作り出して皮膚細胞を守ります。

紫外線は黒色に吸収されやすいという習性を利用した防御方法です。

このように、紫外線に強い肌というのはメラニン色素が多い肌で、黒人などは生まれつきメラニン色素を大量に持ったまま生まれてくるのです。

 

地黒の原因2・日焼けしやすい体質

友達と一緒にプールや海に行って自分だけすぐに赤くなって一番黒くなる経験ってありませんか?

これは体質によって日焼けしやすい皮膚と日焼けしにくい皮膚があるからです。

では、日焼けしやすい肌とはどんな肌でしょうか?

皮膚は紫外線を浴びると皮膚細胞の核にダメージを受けてしまいます。

皮膚細胞にダメージを受けると皮膚細胞が死んでしまったり、皮膚がんが出てきたりもします。

そこで皮膚細胞とは別に存在するメラノサイト細胞がメラニンを作り出して紫外線を皮膚細胞に当たらないようにします。

この時に、皮膚にダメージを受けやすい場合はすぐにメラニンが作られて日焼けしやすい体質といえます。

ではなぜ皮膚にダメージを受けやすくなるのか?

それは皮膚のバリア機能が低下しているからです。

乾燥やアレルギーなどでバリア機能は低下します。

 

紫外線を浴びる時間が長い

紫外線を浴びる時間が長ければ長いほど日焼けしやすいです。

紫外線を浴びている間はずっと肌にダメージを受け続けています。

また、この紫外線のダメージは皮膚に蓄積されるという問題もあります。

紫外線にはUVAとUVBがありますが、いわゆる直射日光であるUVBを避けていても、日陰でも明るい場所には存在しているUVAはずっと皮膚にダメージとして蓄積し続けています。

ですので、ずっと直射日光を浴びていないのにある日突然大きなシミができる事もあります。

これはUVAがずっと蓄積されて、一定量を超えたので急激にメラニンが作られたことが原因です。

このように、人の肌は紫外線を浴びる時間が長ければ長いほど日焼けしやすくなります。

女優さんなどは自宅内であっても日焼け止めを塗って生活している人もいるようです。

 

地黒の原因3・色素沈着やくすみ

地黒の原因に色素沈着やくすみというものがあります。

紫外線や様々な刺激を受けるとメラノサイトという細胞は皮膚を守ろうとメラニンを作り出します。

このメラニンは通常であれば一定期間がたてば体外に排出されるのですが、ターンオーバーの乱れや、メラニンの過剰生産により、メラニンが皮膚の中に留まってしまうものがあります。

これがメラニンの色素沈着やくすみとして残ってしまうのです。

一度色素沈着してしまうとこれを取り除くのはかなり難しいと言えます。

ターンオーバーに頼るとしても数ヶ月や数年間かかることもありますし、くすみもちゃんとした美白スキンケアを使って改善するしか方法はありません。

一番のポイントはメラニンを過剰生産させない事とターンオーバーを滞らせない事です。

 

血行不良によるくすみ

顔色が何となく暗かったり、顔色が悪い場合には、血行不良によるくすみが考えられます。

血液のめぐりが悪くなると皮膚に必要な栄養がちゃんと皮膚細胞の隅々までなかなかとどかなくなってしまいますし、老廃物の回収もできないので、皮膚細胞がだんだんと不健康になり、くすみが発生してしまいます。

特に冷え性の人に多い症状ですが、血行不良があると体の末端部分からくすみが始まって見栄えも悪くなってしまいます。

このような症状に一番効果的なのは血行促進効果のある成分を摂ることです。

主に服用タイプのサプリメントなどがとても効果的です。

また、食生活や睡眠などもしっかりと見直してみるところから始めてみるといいかもしれませんね。

 

紫外線ダメージによる色素沈着

紫外線は皮膚に大きなダメージを与えます。

肌の老化の原因の8割以上が紫外線によるものだともいわれています。

これを光老化と言います。

光、つまり太陽の紫外線により私たちの肌はどんどん老化していきます。

紫外線を浴び続ける事で皮膚細胞にダメージを受け、メラニンが沢山作られます。

このメラニンが過剰に作られることにより皮膚にそのままメラニンが残ってしまって色素沈着してしまう場合があります。

このように私たちの皮膚は紫外線ダメージを受けやすい構造になっているので、とにかく紫外線を浴びる事を避けるのが一番の対策です。

それでも完全ではありませんので、普段から紫外線を浴びてもメラニンが作られにくい体質にするために肌のバリア機能を向上するように心がけておきましょう。

アラフォーにとっては40代に特化したシミに効く化粧品などもありますので、検討してみましょう。

 

地黒の原因4・ターンオーバーの乱れ

肌の色が黒い原因の一つにターンオーバーの乱れがあります。

これは若いころは肌が白かったけれども年齢を重ねてくるとだんだんと皮膚の色が黒くなってきた人などに当てはまります。

若いころは紫外線を沢山浴びても数日肌が赤くなって黒くなってすぐに元の色に戻りました。

しかし、年を取ってから紫外線を浴びると、メラニンができやすくなってしまいます。

わかり時にはメラニンができてもターンオーバーのおかげで、新しい皮膚が沢山出来て古い皮膚は垢として体外に排出されていたので、色素が皮膚に残ることはほとんどありませんでした。

しかし、年齢を重ねてからはこのターンオーバーがゆっくりになり、以前のように体外になかなか排出されないので、皮膚内にそのまま残ってしまったのがシミです。

シミができてしまったら美白クリームランキングなどを参考にしてみるのもいいですが、自宅で簡単にレーザーでシミ取りができるものもありますので、検討してみましょう。

 

古い角質によるくすみ

古い角質が皮膚に残っていると、くすみの原因になってしまいます。

角質はゴワゴワした質感で、皮膚の一番外側にあり、古くなり硬くなるとなめらかではないので窪みは影になってしまい、顔全体がくすんだような印象になってしまいます。

私たちの肌は常にターンオーバーが行われていて、新しい皮膚が常に作られていて、古い皮膚と新陳代謝が行われています。

ただし、肌のターンオーバーが乱れてくると、剥がれ落ちるはずだった古い角質がそのまま皮膚に残ってしまい、古い角質が沢山増えて皮膚の影が増えてしまい、くすみの原因になってしまうのです。

このように古い角質によるくすみは、まずはこの角質を落としてあげる事から始まります。

例えばピーリングなど皮膚の表面の角質を落とすコスメもありますので、改善はそれほど難しくはありません。

特に角質が毛穴に詰まるといちご鼻の原因である角栓ができてしまいます。

こういった鼻の黒ずみは家にあるもので簡単に取る方法もあるので試してみましょう。

 

地黒の原因5・似合わないヘアカラーやメイク

地黒の原因の一つに似合わないヘアカラーが挙げられます。

実はヘラカラーによって肌が白く見えたり、くすんで見えたりもします。

このことを知っている人はちゃんと肌が白く見えるようなヘアカラーを選んでいますし、知らない人はなぜかいつも肌がくすんでみえてしまいます。

では、どのようなヘアカラーが肌を明るく見せるのでしょうか?

基本的にはイエローベース、いわゆるイエベと言われる色で、ブラウン系、ベージュ系、イエロー系、オレンジ系、ピンク系といったイエベ系の色は肌を明るく見せてくれます。

逆に肌を暗く見せてしまうヘアカラーはブルー系などの暗いカラーになります。

肌の色を明るく見せたいのであれば、基本的にはイエベを使うようにするといいでしょう。

 

地黒から色白になる方法/地黒は美白ケアで治る?

色白になる方法

 

地黒から色白になる方法1・遺伝的な要因は変えられない

自分の地黒な肌が遺伝的な要因によるものだった場合は、肌を白くすることは難しいかもしれません。

というのも原因が遺伝なので、一時的に肌を白くすることができたとしても、遺伝子の中に組み込まれた色に戻そうとする力が働くので、結局はまた黒くなってしまいます。

ですので、遺伝的な要因は変える事ができないのです。

ですが、見た目は多少は変える事はできます。

遺伝的なものは変える事はできませんが、見た目だけは変える事ができます。

つまり、メイクです。

ファンデーションやコンシーラーなどで肌の色は自由自在に変える事ができるので、そういった術を覚えるのも対策の一つです。

ファンデを選ぶときにもイエローをベースとしたものを使ってみると肌が白く見えやすくなりますよ。

 

生まれつきのメラニンの量は変えられない

人間は生まれた時にあるメラニンの量は変える事はできません。

つまり、肌に最初から備わっているメラニンの量です。

極端な話ですが、黒人の見た目で生まれてきた人が成長につれて白人のような見た目になる例はいままでありません。

このように、先天的に持って生まれたメラニンの量は変える事はできません。

どんなスキンケア商品を使っても、どんな美白サプリを使ったとしても効果は一時的に感じる事はできるかもしれませんが、結局は同じ色にもどってしまいます。

ですので、生まれつきのメラニンの量を変える事はせずに、見た目だけを変えるようにしましょう。

見た目を変えるのはメイクでファンデーションやコンシーラーなどを使えばいかようにも変える事ができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

体で一番白い部分の肌色までは白くなれる

様々な美白アイテムでどこまで白くなれるのか?という疑問があります。

一般的な回答としては、自分の肌で一番白い部分のレベルまでは白くなれるというものです。

では体の中で一番白い部分とはどこでしょうか?

例えば二の腕の内側であったり、お尻は体の中で最も白い部分だといえるでしょう。

自分でまずはこういった一番白い部分を確認してみて、その部分の色までは美白クリームランキングにもあるスキンケアやサプリメントで近づける事はできます。

ですので、自分は地黒なのでこれ以上白くなるのは無理だと考えていた人でも、自分の身体で一番白い部分を探して確認してみると、全身美白とはいかないまでも、意外とまだ白くなれる余裕がある場合も多いようです。

もし、今が一番白いのであれば、スキンケアではなく、メイクで改善する方法もあるので大丈夫です。

 

地黒から色白になる方法2・紫外線対策

地黒を何とか色白にしたいのであれば、まずは紫外線対策です。

シミやくすみの原因のほとんどが紫外線だと言われています。

つまり、紫外線対策だけしっかりと行っていれば美白対策のほとんどはできていると言えます。

紫外線は太陽が出ている限りはずっと肌にダメージを受けている状態です。

例えば日中家の中にいるので紫外線対策は必要ないと思っている人がほとんどだと思いますが、実は微量ながら家の中に居ても紫外線を浴び続けていることになります。

ですので、家の中に居ても紫外線を浴びていないことにはならないのです。

徹底的に紫外線対策を行っている人は、例えば女優さんなどは家の中でも日焼け止めクリームを塗って過ごしている人もいるそうです。

 

1年を通して紫外線対策をする

紫外線が一番強いのは何月でしょうか?

一番紫外線が強いのは真夏だと思われがちですが、実は違います。

一番紫外線量が多いのは6月の初夏なのです。

このように、真夏だけ紫外線対策を行っても実は6月にものすごい量の紫外線を浴びていたという人もいます。

また、逆に冬などはまったく紫外線がないと勘違いしている人もいます。

確かに冬の外出は真夏に外出した時と比べて紫外線量が少ないのは間違いありません。

しかし、冬の紫外線量は夏に比べてせいぜい70%くらいなのです。

冬になると紫外線量はほとんどなくなると思っていた人は、冬でも全然多い事に気づきます。

冬は服も多く着ているので、気づきにくいですが、顔は夏と同じように露出しているのでしっかりと紫外線を十分受けています。

ですので、紫外線対策は1年を通して行うことが必要です。

 

外出をしない日も日焼け止めを塗る

紫外線には二種類あることをご存じでしょうか?

一つはUVA、もう一つはUVBです。

UVBというのがいわゆる太陽の直射日光の中に多く含まれる紫外線のことです。

直射日光の中に多く含まれており、日陰に入るとほとんどUVBは含まれません。

UVBは紫外線の力が強く、少し浴びただけでも肌へのダメージが大きく、すぐにメラニンが作り出されて、余り大量に浴びすぎるとシミになってしまったりもしてしまいます。

ですので、外出する時には日焼け止めを塗るのは当たり前です。

外出をしない時には日焼け止めを塗らないのも当たり前ですよね?

ところが、もう一種の紫外線であるUVAなのですが、こちらは紫外線の力はとても弱いのですが、日陰でも日光がとどく明るい所であれば存在する紫外線です。

つまり、家の中に居ても紫外線の脅威は残っているのです。

しっかりと紫外線対策を行うのであれば、外出しない日も日焼け止めを塗った方がいいかもしれません。

そばかすがある人は紫外線を浴びると色が濃くなってしまうことがあるので、そばかすを消すメイクを施してから外出するのがいいでしょう。

ニキビ跡も同様に紫外線を吸収しやすいので自分で治すことができないレベルになる前に日焼け止めやメイクをしっかりと塗ってから外出しましょう。

 

帽子・日傘・サングラスなどで紫外線を予防

外出する際には必ず日焼け止めを塗ってからにしましょう。

しかし、日焼け止めといえど万能ではありません。

水でぬれたりしたら塗りなおす必要がありますし、3時間ほど経過すれば日焼け止めの効力はかなり失われてしまいます。

塗る際も大変ですし、ベタつきもします。

ですので、日焼け止めだけで紫外線対策を行うのは非現実的ですね。

そんな時にはもっと手軽な洋服や帽子、日傘、サングラスなどを使って紫外線を防止するのが便利です。

塗りなおしも必要ありませんし、最近ではしっかりとUVを吸収させない素材などを使った洋服や帽子などもありますので、チェックしてみましょう。

また、目に関しても紫外線を浴びるとメラニンが作られることはありませんが、視力などに影響してきますので、しっかりとサングラスで保護する習慣をつけておきましょう。

 

飲む日焼け止めなどインナーケアを併用する

紫外線対策を徹底しようと外出の際には肌を露出しないようにしっかりと肌を隠して、家の中でもたっぷりと日焼け止めクリームを塗って生活するのは実際大変です。

そんなことを本当にやっているのは透明感を売りにしている女優さんくらいではないでしょうか。

実際にはもっと簡単に紫外線対策を徹底する方法があります。

それは飲む日焼け止めを活用する事です。

サプリメントなど日焼け止め成分が入っているものを飲むことで紫外線を多少浴びてもメラニンが作られないような体質を作り出すことができます。

何も塗らずに、何も着ずに飲むだけで紫外線対策ができるので、すごく便利です。

最近では色々な美肌成分の入ったインナーケアのできるサプリが開発されていますので、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

地黒から色白になる方法3・全身の血行を改善する

地黒を改善する方法の一つに血行改善があります。

ダイエットや運動不足、栄養の偏り、生活習慣の乱れやストレスなどで、血行は悪くなってしまいます。

血行が悪くなると体調も悪くなりがちになります。

特に色白を目指している人にとっては致命傷な事もあります。

血行が悪くなることで活性酸素が増えて、メラノサイトを刺激してメラニンを作り出してしまうという大きなデメリットがあります。

また、肌のターンオーバーが滞ってしまい、作り出されたメラニンが体外に排出されずに皮膚に残ってシミとなってしまう事もあります。

ですので、血行を改善することにより、身体にたまった不純物もスムーズに流れて、黒いメラニンも剥がれて色白を実現させることができます。

 

半身浴

血行促進には半身浴がとてもいいと言われています。

リラックスした状態でゆるめのお湯に長時間入っている事で血行を促進させることができます。

ぬるめのお湯とは38℃から40℃の間くらいがちょうどいいでしょう。

この温度で30分以上使っていると、上半身からドっと汗が噴き出してきて新陳代謝が改善されるようになります。

この温度が大切で、これよりも温度が低いと、風邪をひいてしまいますし、これ以上温度が高いと皮膚に必要な脂分も落ちてしまい、肌のバリア機能が弱くなります。

また、刺激も強いので、メラニンの生成を促進してしまう事にもなりかねません。

半身浴は終わってからが一番重要だと言われており、お風呂から出たらすぐに化粧水などで保湿することがとても大切です。

 

軽いウォーキングなど全身運動

運動している人は肌の透明度が高いと言われていました。

最近の研究で、この美白効果が運動によるものだということがわかってきているようです。

具体的には下半身の筋肉から美白に効果的な成分が分泌されて、運動すればするほど美白にメリットが大きいということが実際のデータで証明されているようです。

ただし、下半身をムキムキに鍛えてもラインなどが崩れてしまうかもしれませんし、屋外で運動するのも紫外線がありますので、避けておいた方がいいですよね。

一番いいのは、ジムなどで軽いウォーキングなどの運動をすると、下半身もしっかりと鍛えられますし、紫外線の脅威からも避ける事ができますのでおすすめです。

あくまでも軽い運動にとどめておいて活性酸素などを作り出さない程度の運動がポイントです。

 

ストレッチ

美白になる方法の一つにストレッチがあります。

こちらも軽い運動で新陳代謝を活発にする作用と、下半身の筋肉から分泌される美白成分のW効果で美白効果が期待できます。

特にストレッチは各関節が良く伸びるので、リンパが通るようになります。

このリンパは不純物などが中に存在していますが、ストレッチをしていないとリンパの流れが滞って、その部分だけ不純物がたまり、メラノサイトを刺激して余計なメラニンを作り出してしまう原因にもなります。

ストレッチを行う事で、こういった不純物が入っているリンパをしっかりと流すようになり、美白効果を得る事ができます。

特に全身の筋肉や筋をほぐすことができるので、特に血行改善に対しても効果抜群です。

 

頭皮や顔のマッサージ

マッサージというものは血行の改善やリンパの滞りを改善することができます。

人は年を取ると活性酸素により血管やリンパ腺が硬くなり、流れが悪くなってしまいます。

流れが悪くなると、必要な栄養素が届かず、不要な不純物が残ってしまいます。

このようにめぐりが悪くなると、肌はくすんだ色になり、色白とはかけ離れた結果となってしまいます。

そこで重要になるのがマッサージです。

ただし、マッサージは摩擦を伴うので、顔や露出が多い場所はなるべく摩擦をかけずに優しくすることが必要です。

顔は頭と皮膚が一体になっているので、頭をマッサージすると顔の巡りも改善されます。

頭皮であれば、いくらマッサージして摩擦したとしても、問題ありませんので、積極的にマッサージしましょう。

今まで色々試してきてダメだったのに、意外とマッサージで簡単にシミが消えたと喜んでいる人も少なくありません。

同様にそばかすの消し方の一つとしてもマッサージがありますので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

地黒から色白になる方法4・角質ケア

地黒の一つの大きな原因として、くすみがあります。

くすみとは、通常の肌の色よりも色が黒く見えている状態のことを言います。

時に顔色が悪いと他人から指摘されることもあり、周りによい影響を与える顔の色ではありません。

このくすみの主な原因となるのが角質です。

角質は皮膚の一番表面で皮膚細胞を守っているバリアのような存在です。

しなやかで潤いのある状態の角質であれば、しっかりと刺激や紫外線から皮膚を守ってくれます。

しかし、時間がたって角質が古くなればボロボロと剥がれて落ちて、新しい角質がその下から生まれてきます。

しかし、ターンオーバーの不調などにより、古い角質が剥がれずにそのまま残ってしまう場合があります。

このように古い角質が表面に残ることにより、小さな影がいくつもできてしまい、くすみになってしまいます。

ですので、こういった古い角質は早いうちに対策しないと色白にはなれません。

 

ピーリング

ピーリングとは、残っている古い角質を取り去ることです。

ピールという英語で剥くという意味になります。

古い角質を剥くことで、新しい角質を作り出して、ターンオーバーを半強制的に促進させる働きがあります。

ドラッグストアなどで手軽にピーリング剤は手に入ります。

価格もそれほど高くありません。

始めてピーリングを行うと、肌色などが一気に明るくなるので、すごくうれしくなって、何度も何度も繰り返してしまう人が結構いるようです。

気持ちはよくわかりますが、これはとても危険です。

ピーリングは酸で皮膚の表面を溶かすので、短期間に何度も行うと逆に皮膚に大きな刺激を与える事にもなりかねません。

そうなるとかえってシミやくすみが増える原因になってしまいます。

 

酵素洗顔

角質を落とすアイテムの一つに酵素洗顔があります。

酵素洗顔とはその名の通り、酵素で洗顔して角質や皮脂を落とす洗顔料です。

酵素は水分に弱い事から、パウダー状で販売されているのが一般的です。

ピーリング剤などで効果がでなかったり、あまり効果を感じられなかった場合には、酵素洗顔を試してみるといいでしょう。

酵素洗顔には2種類あります。

一つは皮脂を落とすもの、もう一つは角質などのタンパク質を落とすものです。

角質をケアしたいのであれば、タンパク質を落とすものを選ぶといいでしょう。

酵素洗顔は正しく使えばピーリングよりも安全で効果も大きいので一度試してみるといいでしょう。

刺激をなるべく避けたいので、しっかりと両手で泡立ててから顔に乗せるようにしましょう。

毛穴の中にシミができているメラニン毛穴による顔のくすみなどにも酵素洗顔は効果的と言われています。

 

しっかり保湿でターンオーバーを改善

美白にとってターンオーバーは非常に重要です。

ターンオーバーが滞ると、皮膚の表面に汚れた皮膚やメラニンの存在する皮膚などがそのまま残ってしまい、長時間そのままだと色素沈着でシミになってしまう恐れもあります。

ですので、ターンオーバーはとても重要で、日ごろから停滞しないようにしなければなりません。

ターンオーバーが順調に行われるためにはさまざまな条件が必要です。

まずはビタミンやミネラルなどの栄養、質の高い睡眠などは基本中の基本です。

そして、意外と落とし穴なのが、肌の保湿です。

ターンオーバーは古い皮膚が剥がれて新し皮膚ができる事で行われますが、新しい皮膚が作られる際には栄養などの他に、水分が必須です。

乾燥している状態では、新しい皮膚は作られませんので、ターンオーバーが滞ってしまいます。

例えばシミトリーのようなオールインワンジェルで効率よく保湿しながら美白を実現することも可能です。

他にはシミに効くサプリなどで保湿力を高めながらターンオーバーを改善することもできます。

 

軽い運動でストレス発散

ストレスもターンオーバーに悪い影響を与える事がわかっています。

また、ストレスは直接活性酸素を生み出しますので、これら活性酸素が血管を硬くしたり、メラニンを作り出したりしてしまいます。

このようなストレスは軽い運動で解決することができる事もわかっています。

あくまでも軽い運動で、軽く汗をかくぐらいの運動の程度でかなりストレスが発散されます。

また、運動は体中の血行を改善し、肌のターンオーバーにとってとても良い事ばかりです。

ただし、問題なのは運動する場所です。

屋外で紫外線を浴びるような場所で運動してしまうと、かえって肌の色が黒くなってしまう事もありますので、運動は夜か室内で行うようにしたらいいでしょう。

 

質の高い睡眠でストレス発散

質の高い睡眠は体に様々なメリットを与えてくれます。

まずはストレス発散です。

眠ってストレスが減ることはあっても増える事はありません。

また、ストレスでさまざまな体のダメージも睡眠によって回復させることができます。

睡眠でダメージを受けても修復できるのは私たちの身体で作られる成長ホルモンのおかげです。

この成長ホルモンがあるおかげでストレスによってできた活性酸素も無害化してくれますし、紫外線でダメージを受けた肌も回復してくれます。

しかし、この成長ホルモンはいつでも分泌しているわけではありません。

実は私たちが寝ている時だけ分泌されるホルモンなのです。

ですので、質の良い睡眠はとても大切なのです。

毎日ぐっすり眠れるように生活習慣を見直すところから始めてみましょう。

 

地黒から色白になる方法5・似合うヘアカラーやメイクをする

スキンケアやサプリメント、食生活などを行っても地黒が改善できない場合があります。

それは先天的な遺伝の場合です。

この場合にはどんな方法を行って美白が実現できたとしても、それが一時のもので、またすぐに元の地黒の肌に戻ってしまいます。

このような場合には根本的な解決は難しいので、ヘアカラーやメイクで地黒に見えない工夫をすることが大切です。

たしかに毎回メイクやヘアカラーを行うことはとても大変ですが、先天的な肌の色を変えようとすると、他には方法はありません。

ですので、普段から自分の肌色が白く見えるようなメイクやヘアカラーがどんなものかを色々調べて記録しておくと便利になるでしょう。

メイクやヘアカラーの色によって、かなり肌の色の見え方が違ってくるのでチェックしておきましょう。

 

パーソナルカラーを知る

自分の肌がより白く見えるようにヘアカラーやメイクのカラーの色を知っておくと便利です。

一般的に肌が白く見えるヘアカラーがあります。

それは、イエベと呼ばれているイエローベースの色です。

つまり、明るい系の色でヘアカラーを行えば肌の色も明るく見えるというものです。

イエベにはオレンジ系やイエロー系があります。

逆の色にはブルーやグレーといった黒系の色は逆に肌の色を黒く見せる効果があるので注意が必要です。

ただし、これは個人によっても変わってきますので一度自分でいろいろと試してみる必要があります。

色々試してみると、自分の肌色が最も白く見えるものがありますので、まずはイエベであるオレンジ系の色から試してみるのがいいでしょう。

 

色黒でも肌が白く見える!色白になるためには肌の透明感が大事

色白になる方法

 

肌の透明感をアップする方法1・しっかり保湿

どんな肌が一番透明感を感じる事ができるでしょうか?

それは赤ちゃんの肌です。

赤ちゃんの肌はキメも細かく、しっかりと肌が潤っていて透明感にあふれています。

そんな赤ちゃんの肌の一番の特徴は水分量や皮脂量が多く、バランスが良い事です。

これは最近の実験データでも大人の肌よりも水分量が多くバランスが良い事が証明されています。

つまり、大人でもしっかりと保湿することで肌の透明感を出すことができるという事です。

保湿することで、肌のバリア機能も上がり、肌のキメも細かくなってきます。

また、保湿されることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成も促進されて、ターンオーバーが活発に動きます。

逆に乾燥していると肌のターンオーバーも滞ってしまいますので肌の保湿は本当に大切です。

 

おすすめの美白オールインワンジェル・シミウス薬用ホワイトニングジェル

商品名 シミウス
メーカー名 株式会社メビウス製薬
容量 60g
価格 5,217円
使用方法 気になる部分に塗布
美白有効成分 プラセンタエキス

こちらはプラセンタという美白成分が配合されているシミウスというオールインワンジェルです。
オールインワンジェルなので、保湿やスキンケアがひとつでできるというもので、ついでに美白もできるというアイテムです。
プラセンタは紫外線を浴びた後にメラニンの生成がされにくくしたり、肌のターンオーバーを促進したりする作用があります。
では実際に使用している人の口コミをチェックしてみると、これだけではうるおいはちょっと足りないかもしれないと感じる声が多いようです。
また、美白効果に関しては、肌のトーンが明るくなったと感じている人はいましたが、明確な変化を感じる事ができたという人は見つける事ができませんでした。
ひょっとしたら継続している期間が短いのが原因なのかもしれません。

 

肌の透明感をアップする方法2・ビタミンC配合の化粧品を使う

色白になる方法

 

おすすめの美白化粧水・メラノCCしみ対策美白化粧水

商品名 メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水
メーカー名 ロート製薬株式会社
容量 170ml
価格 990円
使用方法 気になる部分に塗布
美白有効成分 ビタミンC誘導体

こちらはビタミンC誘導体が美白成分として配合されている美白化粧水です。
ビタミンC誘導体はメラニンの生成を邪魔するだけでなく、すでにあるシミの色を還元して色を薄くする効果もあると言われています。
ただし、肌に刺激が大きいと感じる人もいるようで、ピリピリした刺激を感じてしまう人もいるようです。
では、実際に使用してみた人の口コミをチェックしてみると、
かなり少数ですが、使ってみて肌に刺激を感じる人もいました。
ですので、最初はサンプルやお試しから始めた方がいいかもしれませんね。
美白効果に関しては、シミが薄くなったと感じたり、肌の全体的なトーンアップ効果を感じる事ができたという人が結構多くそのような声が多数聞かれました。

 

肌の透明感をアップする方法3・インナーケア

色白になる方法

 

美白成分・ビタミンA

美白成分にビタミンAという栄養素があります。

ビタミンAというのはうなぎやレバーに多く含まれているビタミンで、ビタミン類でありながら、フルーツや野菜よりも肉の中に多く含まれているというビタミンになります。

このビタミンAが美白成分と言われているには理由があります。

それは、ビタミンAの抗酸化作用です。

私たちの体は酸素を吸収して日々生きているのですが、この酸素が時に活性化して活性酸素として体に害をなします。

例えば血管を硬くしたり、皮膚細胞を刺激してメラノサイトを生成してメラニンを作り出したりもします。

つまり、活性酸素がメラニンを作り出してしまう事にもなります。

この活性酸素を無害化するのはビタミンAです。

ビタミンAは活性酸素を無害化してメラニンの生成を防ぐ働きがあります。

 

美白成分・ビタミンC

美白成分でビタミンCというものがあります。

こちらは美肌ビタミンともいわれるほど美肌には欠かせない栄養素で、その効果を見てみると、メラニンの生成を防ぐ働きや、メラニンの色素を還元して色を薄くさせる働きなどもあります。

つまり、これからできる予定のシミを防ぐ働きだけでなく、すでに出来てしまったシミを消すといった改善の効果もある美白にとっては効果が大きな成分です。

このビタミンCさえあれば、美白はもう叶ったと言ってもいいでしょう。

しかし、ビタミンCには大きな弱点があります。

それは、肌に直接塗ってもほとんど浸透することができない事です。

ただし、最近ではビタミンC誘導体という形でより浸透しやすくなってきているので、だんだんと効率的になってきています。

 

美白成分・ビタミンE

美白成分にビタミンEというものがあります。

ビタミンEには大きく分けて二つの効能があります。

一つ目の効能は抗酸化作用です。

メラニンの原因となる活性酸素を無害化して美白効果があります。

そしてもう一つが血行促進作用です。

血行促進作用がアップしてどのように美白効果があるのかというと、体内に滞った不純物などを血行促進作用によって洗い流す効果と、栄養をしっかりと届ける効果です。

巡りが悪いと不純物が体にたまり、くすみの原因になってしまいます。

また、巡りが良くなると、今まで滞っていたターンオーバーの促進にもなりますので、古い肌がしっかりと落ちて新しい肌を作り出すことができるようになります。

このようにビタミン類は美肌を保つのにとても大切な栄養素です。

 

おすすめの美白ドリンク・ハイチオールコラーゲンブライト

商品名 ハイチオールコラーゲンブライト
メーカー名 エスエス製薬株式会社
容量 50ml
価格 324円
使用方法 1日1本
美白有効成分 コラーゲンペプチドとヒアルロン酸

こちらはコラーゲンやヒアルロン酸を美白成分として配合している美白ドリンクです。
コラーゲンが入っている美白ドリンクは今まではあまり吸収されないし、再合成もされにくいと言われてきましたが、なぜかこういったドリンクタイプのコラーゲンなどは肌の保湿に対して凄く即効性があるという声が増えてきました。
実際に飲んでいる人の口コミをチェックしてみると、
3本飲んだくらいで、肌がぷりぷりしている感が感じられて、しっかりと肌でコラーゲンやヒアルロン酸が生成されているのがわかるようです。
美白効果に関しては特に変化を感じたという人はいませんでしたが、味は美味しくて飲みやすいと好評でした。
長期間継続しなければならない時には味がとても重要なのでポイント高いですね。

 

おすすめの美白サプリメント・チョコラBBルーセントC

商品名 チョコラBBルーセントC
メーカー名 エーザイ株式会社
容量 180錠
価格 4,169円
使用方法 1日6錠
美白有効成分 ビタミンCとL-システイン

こちらはビタミンCとL-システインが配合されている美白サプリメントです。
ビタミンCやL-システインは服用で、メラニンの生成を防ぐ効果が認められているものです。
ですので、主にこれらからできるシミを予防するという効果があります。
1日6錠飲む必要があるので、通常のサプリメントよりも少し多いのかなという印象です。
粒の大きさなど少しでも気になるところがあれば、継続は難しいですが、実際に飲んでいる人の口コミをチェックしみると、
サプリメントの大きさなどは小さくてツルンとしていてストレスを感じる人はいませんでした。
美白効果に関しては、肌のトーンがアップしたという感想を持った人はいました。
やはり予防の目的なので、すでにあるシミには劇的な変化は無いようです。

 

地黒から色白になる方法まとめ

地黒から色白になる方法をまとめると、

先天的な原因でもあきらめなくていい

生まれた時から地黒という人がいます。

これは遺伝的な原因だと考えられるので、地黒を色白に変える事はとても難しいです。

だとしてもあきらめる必要はありません。

地黒であれば、スキンケアやインナーケアで改善することは難しいですが、メイクやヘアカラーで見た目を改善することはできます。

例えばヘアカラーであれば、イエローベースの明るい色にすることにより、肌の色を白く見せる事ができます。

また、最近ではコンシーラーやファンデーションも沢山いいものがあります。

インナーケアであれば、シミに効くサプリシミに効く食べ物なども沢山の種類があります。

また、地黒であっても肌のキメを細かく、しっかりと保湿していれば地黒であってもすごく清潔感がある人に見られることもできますので、地黒でも全くあきらめる必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました