化粧水のおすすめ30代ランキング/人気のスキンケアについて

化粧水おすすめ30代 エイジングケア

30代の肌の特徴とスキンケア化粧水がおすすめの理由

化粧水おすすめ30代

 

30代は肌トラブルが増えるという特徴がある

30代になると突然トラブルが増えるという傾向があります。

また、肌のハリがない、乾燥を感じやすいといった肌の問題もあります。

これは、20代の頃と比べて肌の水分が減ってしまったためにこういった問題が発生しているものです。

特に20代から30代にかけて突然肌トラブルが増えて、どうしていいかわからないという人がほとんどです。

今まで全く何のケアをしていなかった人が、突然肌トラブルが増えて混乱してしまうパターンです。

それまでは肌の水分も足りていて、コラーゲンやヒアルロン酸も生産量が多かったので肌のターンオーバーも正常だったのですが、少しでもバランスが崩れると肌のターンオーバーが乱れしまいます。

今まで紫外線をある程度浴びても少し赤くなるくらいでシミになることはなくて安心していても、ある日突然シミができてしまうなんてこともあります。

ですので、特に30代は肌の調子に気を付けておく必要があります。

もし、40代以降になると、また肌の調子は全然変わってきます。

乾燥だけでなくもっと具体的にシワやシミの悩みが増えてきます。

ですので40代以降になると、40代におすすめの化粧水エイジングケア美容液をしっかりと選ぶ必要が出てきます。

30代や40代にしっかりとケアしておけば50代の肌は同じ年代の人と比べてかなり変わってくるでしょう。

もし何もケアをしていなかったら、50代におすすめの化粧水もありますし、コスパの良いものを使いたいのであれば50代のオールインワンジェルランキングなどを参考にしてみるといいでしょう。

 

30代におすすめのスキンケア化粧水の選び方

化粧水おすすめ30代

 

30代は水分量が減るので保湿成分やうるおいで選ぶ

肌トラブルには色々な種類があります。

例えばシワ、シミ、くすみ、毛穴、たるみなどなど。

これらの問題はそれぞれ原因が異なるようですが、実は根本のところは全て同じです。

それは、肌の乾燥です。

肌は乾燥するとバリア機能が落ちてしまいます。

バリア機能が落ちると紫外線や摩擦などダイレクトに肌細胞に届いてしまい、大きなダメージを受けてしまいます。

肌細胞はダメージを受けるとメラニンが作り出されてシミができてしまいますし、活性酸素がコラーゲンを分解して肌を支える力が弱くなり、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

このように、一見すると原因が違うように見える肌トラブルも実は乾燥という一点で共通しています。

逆に言えば保湿さえしっかりと行う事でほとんどの肌トラブルは解決するという事です。

 

ヒアルロン酸

保湿成分の一つにヒアルロン酸があります。

ヒアルロン酸とは1gで6リットルもの水分を保持することができるという凄い成分です。

このヒアルロン酸があるおかげで私たちの肌は潤いを保っているのです。

若いころはヒアルロン酸は私たちの肌で常に作られているので、不足することはありませんが、年齢と共に作られる量も減ってしまうので肌が乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が落ちてしまい、紫外線などがダイレクトに皮膚の奥まで届いてしまうことになります。

すると、活性酸素が発生して、コラーゲンやヒアルロン酸を分解して、さらに水分を保っておく量が減り、肌が乾燥してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

ですので、不足したと感じたらすぐにヒアルロン酸を補う必要があります。

 

アミノ酸

肌の潤いが減ってきたと感じたらアミノ酸を補うのも有効な方法のひとつです。

アミノ酸と保湿は一見するとあまり関係が無いように見えますが、実は密接な関係があります。

というのもヒアルロン酸も実はアミノ酸の一種だからです。

つまり、体内でアミノ酸が不足すると作られるヒアルロン酸の量も減ってしまうということです。

他にもアミノ酸でコラーゲンやセラミドなど肌の天然保湿成分のほとんどを作ることができます。

それほどアミノ酸というのは私たちの肌の保湿にとってとても重要な成分です。

いろいろと保湿に効果があると言われている成分を使ってもいまいち実感できない時にはアミノ酸を使うと一気に改善したという例も多くありますので、試してみる価値は十分にあります。

 

プロテオグリカン

プロテオグリカンとは私たちの体で作られる成分です。

ヒアルロン酸と同等の水分保持能力を持ち、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出すサポートを行う事もできます。

私たちの関節の軟骨の原料にもなっているものです。

このようにプロテオグリカンは保水機能だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸の生成機能も高い成分であることがわかっています。

肌荒れやニキビが増えてきたら肌のターンオーバーが乱れている可能性があります。

プロテオグリカンを使用すると、ヒアルロン酸やコラーゲンを作り出して肌のターンオーバーのサイクルを整える事ができるので、肌荒れやニキビができにくく、肌が落ち着きます。

このように、肌の調子が一時的に良くない時にはプロテオグリカン配合のコスメを選ぶと効果的です。

 

ハリ不足や毛穴の開きにはエイジングケア成分で選ぶ

肌のハリが不足してたるんだり、毛穴が大きく開いていたら、エイジングケア成分の入っているコスメを選びましょう。

肌のハリ不足はそのままにしておくと、シワになり、どんどんそれが深くなってしまいます。

一度できてしまったシワは、色々なコスメを使っても自力ではなかなか消すことは難しいと言われています。

ですので、ハリ不足と感じたらすぐに対策を行うほかに方法はありません。

ハリ回復に効果的な成分はエイジングケア成分です。

エイジングケア成分とは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする成分が一般的です。

特にコラーゲンは肌を支えている成分なのでエイジングケア成分はとても重要です。

イボ取りで有名なわらびはだなどもエイジングケア成分が豊富なので、一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

シミやそばかすには美白有効成分で選ぶ

お仕事などで日中は外にいる事が多い人は美白有効成分が入っている化粧水を選びましょう。

30代になると今までは全く気配もなかったのに突然大きなシミができたりします。

というのも今までも紫外線を沢山浴びていたのですが、それ以上に肌のターンオーバーが速くてできたメラニンをすぐに体外に排出できていたのでシミにならなかっただけです。

30代になるとターンオーバーの速度も遅くなりますので、メラニンが留まってシミになってしまうのです。

ですので、30代になると、日焼け止めクリームは当然ですが、化粧水も美白有効成分の入ったものを選ぶと全然違います。

まだシミが無いのであれば、シミ予防のできるもの。

既にシミができているのであれば、シミ改善効果のあるもの。

また、両方に効果のある美白有効成分もあります。

ただし、美白有効成分は肌に刺激を感じてしまうものもあるので、店頭で試せる場合はなるべく試してから本格購入するようにしましょう。

 

大人ニキビや肌荒れには抗炎症成分で選ぶ

ニキビや肌荒れは主に皮脂が過剰分泌され、毛穴に皮脂や角質が詰まってしまう事から始まります。

次に毛穴の中の皮脂にアクネ菌が反応して炎症すればニキビ、他の菌が反応すれば肌荒れとなります。

このように、皮脂が毛穴に詰まってしまう状態だとまだニキビや肌荒れではありません。

炎症して初めてニキビや肌荒れになるのです。

ですので、ニキビや肌荒れを防ぐには炎症を発生させないということが最も重要です。

炎症を発生させない成分とは抗炎症成分になります。

グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどがそれにあたります。

このように、大人ニキビや肌荒れの肌悩みがあるのであれば、抗炎症成分の入った化粧水を選ぶことでニキビや肌荒れができにくい肌質を作り出すことができます。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症作用のある成分の一つにグリチルリチン酸ジカリウムがあります。

こちらの成分は甘草という植物から抽出される天然成分です。

特徴としては塗った部分に炎症が発生しないことから抗炎症効果があることが確認されました。

天然成分という事もあり、安全性が高く、敏感肌用にもつかわれるような成分です。

市販のニキビ薬にはほとんど配合されている成分で、その効果も安全性も広く認識されている成分になります。

化粧水には、敏感肌用などの肌への安全性が高いものに含まれている事が多いようです。

化粧水だと、敏感肌用といった表示が大きくあるものがそれにあたりますので、探すのはそれほど難しくはありません。

肌は殺菌してしまうと善玉菌までも殺菌してしまうので、殺菌成分よりは抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムの方をおすすめします。

 

アラントイン

アラントインという成分は抗炎症作用が強い事で知られていますが、もとは傷口に塗る治療薬でした。

傷口にアラントインを塗ると傷の治りが早く、主に医療用として使われてきました。

ただし、アラントインはそれだけではなく抗炎症作用もあることがわかり、グリチルリチン酸ジカリウムと一緒に抗炎症コスメに配合されることが多くなってきました。

まだ、アラントインはこれらの作用以外に抗刺激、抗アレルギー作用があります。

これはどのような作用かというと、刺激やアレルギーに過敏だった肌を敏感にならないようにしてくれる作用があります。

刺激やアレルギーのほとんどは過剰反応です。

肌に全く害がないのにも関わらず刺激を感じてしまうことがあります。

アラントインの抗刺激、抗アレルギー作用により、安心してコスメを使うことができるようになります。

 

敏感肌は刺激のない成分で選ぶ

敏感肌の人は刺激が少ない成分で選ぶといいでしょう。

せっかく肌に良い成分が入っていたとしても肌に刺激があるものだと、つけるたびに刺激を受けてシミやシワの原因になってしまい、かえって逆効果になってしまいかねません。

一般的に高配合のエタノールや高配合のPGの化粧水は避けておいた方が無難です。

エタノールやPGはほとんどどの化粧水にも入っていますが、多すぎると刺激がそれだけ増えてしまいます。

ですので、成分表で左上にエタノールやPGが入っている(上位5位以内が目安)ようであれば、敏感肌には少し不安が残ります。

また、メントールや精油が入っているものも避けておいた方がいいでしょう。

簡単な見分け方は、化粧水のラベルに敏感肌用と書いてあるかを参考にすればいいでしょう。

敏感肌用であれば、エタノールやPGなども配合量は少なく、パッチテストなどを行っているので、安全性はかなり高いです。

 

価格帯や使用感など毎日継続して続けられるものを選ぶ

化粧水などの基礎化粧品は毎日継続して続けないと意味がありません。

一度使って次回は一週間後など間が空いてしまっては肌にとってはほとんどメリットはありません。

ですので、毎日継続して使う事はとても重要です。

美肌のためには毎日続ける事なんて簡単と思っている人でも一か月続けられる人は半分もいないと言われています。

なぜこのように継続して続ける事ができる人が少ないのでしょうか?

人は少しでもストレスを感じる事は毎日継続して続ける事は難しいと言われています。

最初のうちはやる気があって大丈夫だと思っていても、少しのストレスが毎日続くことによって途中でやめてしまうのです。

ストレスになる可能性のあるものは、価格や使用感であることがほとんどです。

 

テクスチャ

化粧水のテクスチャでも好みは分かれます。

化粧水のテクスチャなんてどれも同じだと思っていた人は、実は結構違うという事に驚きます。

今まで化粧水はサラサラでさっぱりとした水のようなテクスチャだと思っている人は多いようです。

しかし、高保湿の化粧水などは結構トロッとしたテクスチャで、初めて使った人は驚く人が多いようです。

しかもとろみのあるテクスチャの化粧水はサラサラしているものと比べてなかなか肌に馴染まないので、朝の忙しい時にはイライラの原因にもなってしまいます。

まず、高保湿のものはヒアルロン酸などの濃度が高く、トロトロしたテクスチャが多いということを覚えておきましょう。

サラサラの化粧水は使っていてストレスはありませんが、保湿力は少し弱めです。

逆にトロトロの化粧水は肌馴染みはいまいちですが、保湿力は抜群です。

保湿力とテクスチャでどっちを重視するかを考えて選びましょう。

 

容器

化粧水を選ぶ時には容器にも注目してみましょう。

デパコスのものは買ったときの容器で使っている人がほとんどですが、安くて大容量のものは容器を入れ替えて使う人が多いようです。

化粧水を入れ替えて使うときは旅行に行くときだけと思われがちですが、実は普段からしっかりと別の容器を使っている人も少なくありません。

一番多いタイプはスプレータイプです。

100均でスプレータイプの容器を買って、入れ替えるというものです。

通常は顔に塗ってからハンドプレスなどを行うのですが、スプレータイプだとハンドプレスもせずにそのまま浸透できるものもあるので便利です。

ただし、100均で購入してきたときは、最初に熱湯消毒しておかないと肌荒れの原因になる可能性があるので、要注意です。

 

香り

一つのコスメを長く続けようとするとき、とても大切なのが香りです。

化粧水の中には化学薬品的な匂いのものや、ゴムのような匂いのものもあります。

このような匂いがするものは、あまり好きな人はいませんよね。

すると使うたびに少しずつストレスがかかり、数日後には匂いが原因で続けることができなくなってしまう事もあります。

ですので、店頭でサンプルを試せる場合は、必ず試すようにしておきましょう。

そこで自分が続けることができるかどうかをある程度は判断することができます。

その際のポイントですが、自分の好きな香りや続けられそうな香りが見つからなかった場合、無香のものを選ぶのも一つの方法です。

無香のものは好きでも嫌いでもない代わりに、何もないので毎日使ってもストレスがたまらないというメリットがあります。

 

30代におすすめの人気のハリ回復化粧水成分

化粧水おすすめ30代

 

レチノール

レチノールはビタミンAの一種です。

肌のハリが不足してきたり、肌のたるみが気になってきた人には最適の成分かもしれません。

レチノールを付けたところはコラーゲンやヒアルロン酸などの生成が活性化されます。

このようにコラーゲンやヒアルロン酸が沢山作られることにより、肌を支えているのはコラーゲンですので、肌のハリが回復します。

また、コラーゲンが増える事によってヒアルロン酸の量も増えます。

すると肌の新陳代謝であるターンオーバーが活性化し、古い皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚が表面に出てきます。

このようにレチノールの効果はシワの予防や、すでにあるシワの改善にも役立つ成分であることがわかっています。

ただし、効果が強いせいか、刺激も強めで、特に敏感肌の人は刺激を感じやすいようなので注意が必要です。

 

ナイアシンアミド

肌のハリを回復させる成分としてナイアシンアミドがあります。

ナイアシンアミドは美肌成分として有名ですが、その理由はハリ回復以外にも美白効果がある成分だからです。

紫外線を浴びてもメラニンを作らせない作用で、シミを予防します。

このように本格的な美白効果もあります。

そして、ハリ回復効果としては、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。

この働きによって、肌の弾力を保っているコラーゲンが増えて、肌のハリを回復させることができます。

このように、ナイアシンアミドには二つの美肌効果がありますので、美肌を目指している人にとっては、ぜひとも欲しい成分です。

また、安全性もかなり高いので、敏感肌でも安心して使えるというメリットもあります。

 

ユビキノン

ユビキノンという名称はあまり知られていないかもしれませんが、コエンザイムQ10という名前はだれでも聞いたことがあるのではないでしょうか?

ユビキノンはコエンザイムQ10の事です。

私たちの肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、その部分に活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は雑菌の殺菌などに役に立ちますが、多すぎると血管を硬くしたり、肌を支えているコラーゲンを分解して破壊してしまうので、肌のたるみやシワの原因となってしまうのです。

そこで登場するのがユビキノンの抗酸化作用です。

ユビキノンの抗酸化作用によって、活性酸素が無害化されてしまうので、コラーゲンの分解なども防いでくれるので、シワやたるみの改善になります。

また、血行促進作用もありますので、肌を支える栄養であるアミノ酸などもしっかりと届けてくれることができるようになるので、エイジングケア効果があります。

 

アスタキサンチン

私たちの肌を支えているのは主にコラーゲンです。

コラーゲンがあるおかげで、私たちの肌は重力に負けずに肌をリフトアップし、内側からも支えてシワもなく健康的な肌を保つことができています。

このコラーゲンは私たちの肌で作られているので、いちいち外から補充しなくていいので心配ありません。

と、考えていいのは20代までです。

30代になると私たちの肌で作られるコラーゲン量は減り、また紫外線や摩擦などの刺激により発生した活性酸素がコラーゲンを分解して破壊してしまいますので、目じりのシワや口元のシワ、ほうれい線など、こういった摩擦で活性酸素が作られやすい場所からシワができてしまうのです。

そこで登場するのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンは強い抗酸化作用でコラーゲンが破壊されるのを防いでくれるのでシワ予防効果があります。

 

30代におすすめのシミやそばかす改善の人気スキンケア化粧水成分

化粧水おすすめ30代

 

トラネキサム酸

シミやそばかすに効果的な成分の一つにトラネキサム酸があります。

こちらは厚生労働省に美白効果が認められている美白有効成分の一つになります。

肌が紫外線を浴びるとそこにチロシナーゼという酵素が発生し、メラニンを作り出してシミの原因になってしまいます。

トラネキサム酸はこのチロシナーゼの働きを阻害してシミができるのを防いでくれるので、シミの予防になります。

しかし、トラネキサム酸の効果はこれだけではありません。

一番の特徴は肝斑に唯一と言っていいほど効果のある成分であるという事です。

肝斑は女性ホルモンの乱れにより発生するシミなので、今までの美白コスメでは全く効果がありませんでした。

しかし、トラネキサム酸を服用したところ、肝斑が改善することがわかって、今では肝斑の特効薬として扱われている成分です。

 

アルブチン

美白効果のある成分である美白有効成分の一つにアルブチンがあります。

アルブチンの効果のアプローチは、私たちの肌が紫外線を浴びてもメラニンを作らせない作用でシミの予防効果があります。

つまり、紫外線を浴びても新しくシミができないので、すでにあるシミはターンオーバーの働きで自然に色が薄くなっていくので、新しいシミを作り出さないようにしていると、あとは時間をかければシミひとつない肌を手に入れる事ができます。

このように、アルブチンは使い続ける事でしっかりと美白効果を得る事ができると人気です。

例えば外出して紫外線を大量に浴びてしまってどうしようと焦ってしまうことがあると思います。

そんな時には焦らずに72時間以内だったらアルブチンを塗ることでシミ予防に間に合うと言われています。

つまり、紫外線を浴びて72時間以内だったらアルブチンでシミ予防ができる可能性が高いという事です。

 

プラセンタエキス

プラセンタは美肌を目指す人にとっては必然の成分だと言われています。

それは、美白とシワ対策の両方の効果があり、またそれぞれの効果についてもアプローチがいくつかあるので効果を実感しやすいということが理由です。

プラセンタはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させるのでシワ改善に役立ちます。

そして、美白効果のアプローチですが、

  • メラニンの生成を抑制させる
  • メラニンの排出を促進させる
  • メラニンの色素を還元させる

この3つのアプローチで美は効果を発揮することができるとても効果的な美白成分です。

特徴的なのがメラニンの色素に反応して色素を還元して色を薄くさせる作用があるのですでにあるシミの色を薄くして最終的には目立たなくさせてしまうというシミ改善の効果も期待できます。

 

コウジ酸

美白効果が認められている成分の一つにコウジ酸があります。

コウジ酸とはその名前の通り、お酒を造る際に必要な麹から抽出された成分でお酒を造る職人である杜氏の手がとてもきれいであることから研究がはじまり、麹に含まれているコウジ酸に美白効果があることがわかりました。

紫外線や刺激を受けるとその部分はメラニンが作られますが、コウジ酸の作用により、メラニンの生成を阻害する作用があります。

と、ここまでは他の成分と同じような内容ですが、実は他の成分よりも早く効果を発揮するのがコウジ酸です。

つまり、紫外線を浴びてもコウジ酸を使うと、他の成分よりも、よりメラニンができにくくなり美白効果が大きいということがあります。

ですので、本格的に美白効果を期待しているのであれば、コウジ酸を使うといいかもしれませんね。

 

30代におすすめの人気スキンケア化粧水ランキング

化粧水おすすめ30代

 

キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水

商品名 キュレル エイジングケアシリーズ 化粧水
メーカー名 花王
容量 140ml
価格 2,530円
使用方法 洗顔後
有効成分 アラントイン

こちらはアラントインが配合されたニキビなどの肌荒れ改善に役立つ保湿化粧水です。
こちらは高保湿な化粧水であることは間違いありませんが、今まで皮脂の過剰分泌などで肌荒れが発生しやすくなっていたのが肌荒れしにくくなるという作用もあります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
使ってみた感想としては、テクスチャはとろみが強く、一旦塗ると保湿が持続するので、乾燥肌でもこれで大丈夫という声が多く見られました。
また、安全性も高く、肌に刺激を感じたという意見はほとんどなく、敏感肌の人でも安心して使えているようでした。
また、容器もポンプタイプなので、衛生面で問題もなく、そういった面でも敏感肌の人に高評価のようです。

 

エンリッチプラス 化粧液 II しっとり

商品名 エンリッチプラス 化粧液 II しっとり
メーカー名 ファンケル
容量 30ml
価格 1,870円
使用方法 洗顔後
有効成分 ナイアシンアミド

こちらはナイアシンアミドが配合されている美肌化粧水です。
ナイアシンアミドはシワにもシミにも両方に効果的という珍しい美容成分です。
塗った部分はセラミドの生成を促進させるので、肌のバリア機能を回復させ、弾力も回復させるので、肌のハリ回復効果があります。また、メラニンの生成を抑えてくれる働きによりシミの予防にもなります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
とろみがあるテクスチャでかなり保湿できると期待していたが、つけてみるとそれほどでもなかったという期待外れといった声もいくつかありました。
また、化粧水の割には量が少ないので、一か月も経たずに使い切ってしまい、コスパがあまりよくないといった内容のものもありました。

 

カルテHD モイスチュアローション 高保湿化粧水

商品名 モイスチュアローション 高保湿化粧水
メーカー名 カルテ
容量 150ml
価格 1,980円
使用方法 洗顔後
有効成分 ヘパリン類似物質

こちらはヘパリン類似物質が配合された高保湿化粧水です。
ヘパリン類似物質とは水分を引き寄せて保持する作用があります。
私たちの肌は皮膚の一番表面に角質があり、これが皮膚の中の水分が蒸発するのを防いでくれる役割がありますので乾燥せずに済んでいます。
しかし、この角質がところどころ破れてしまうと、そこから水分が蒸発してしまいます。
そこでヘパリン類似物質が角質の破れた部分を補って、水分が逃げるのを防ぐ働きをします。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
トロミがあるテクスチャなので、浸透しにくいという点は少し気になる点ですが、それ以上にしっかりと保湿効果を実感できるので、総合的に満足しているという声が多くありました。

 

アスタリフト ブライトローション

商品名 ブライトローション
メーカー名 富士フィルム
容量 130ml
価格 4,180円
使用方法 洗顔後
有効成分 アルブチン

こちらはアルブチンが配合された美白化粧水です。
私たちの肌は紫外線を浴びたり、摩擦などで刺激を受けると、チロシナーゼという酵素を作り出します、
このチロシナーゼがメラニンを作り出してしまうのでシミの原因になってしまうのです。
アルブチンはこのチロシナーゼの働きを阻害してシミを作らせない働きがあります。
つまり、シミの予防に役立つ効果があります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
美白よりもまずは保湿力がしっかりとしていると乾燥肌でも満足しているといった声が多くありました。
また、美白効果に関しては、劇的に変化したということはなさそうでしたが、肌の透明感が上がったなどの評価がいくつかありました。

 

ホワイトショット LX

商品名 ホワイトショット LX
メーカー名 ポーラ
容量 150ml
価格 12,100円
使用方法 洗顔後
有効成分 PCE-DP

こちらはPCE-DPという美白有効成分が配合された化粧水です。
PCE-DPという成分はあまり聞きなれないかもしれませんが、ポーラが開発した美白有効成分で、厚労省にも認められている成分です。
塗った部分は紫外線を浴びてもメラニンの生成を抑える働きがあります。
また、細胞増殖機能により、すでにあるシミをターンオーバーにより、体外に排出させる働きも強力です。
このように、シミの予防だけでなくシミの改善にも役立つ美白成分になります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
トロミのあるテクスチャですが、肌馴染みが良いので高評価です。
また、美白効果に関しては劇的な変化を感じた人はあまりいませんでしたが、保湿効果が期待以上だったという声が沢山ありました。

 

30代のおすすめ人気化粧水のまとめ

30代で初めて化粧水を使い始めたという人がほとんどです。

ですので、まずは

続けられるものを選ぶ

のが重要です。

30代はまだまだ肌の悩みも軽い人がほとんどなので、30代で使う化粧水はとにかく毎日継続して使い続ける事ができる物という事を重点にすれば失敗することは少ないようです。

30代は他の年代に比べて、少し乾燥しやすくなっている状態なので、どの化粧水を使ってもしっかりと効果が実感できる状態です。

なので、内容成分については基本的に保湿成分が入っていればOKです。

あとは敏感肌の人であれば安全性の高い敏感肌用のものを使うといいでしょう。

一番いいのはドラッグストアなどの店頭でサンプルが置いてある場合があるので、そういったお試しのサンプルをまずは自分で使ってみて香りやテクスチャを確認してから購入すると失敗しないでしょう。

もし、化粧水が大変だと思うのであれば、ビトアスのようなオールインワンジェルだと手軽でコスパも良いので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒参考記事:アンチエイジング 化粧水

 

⇒参考記事:40代 おすすめ 化粧水

 

⇒参考記事:化粧水 おすすめ 50代

コメント

タイトルとURLをコピーしました