メラニン色素の生成を抑えたり減らすクリームでの排出方法も

肌カウンセリング スキンケア

【メラニン色素 減らす】方法

肌カウンセリング

 

メラニン色素を減らす方法1:紫外線対策

メラニン色素を減らす方法で最も重要なのが紫外線対策です。

なぜなら人の肌のメラニンが生み出される主な原因が紫外線だからです。

ですので紫外線対策さえしっかりしていれば、できるはずだったメラニン色素のほとんどを作らせずに済みます。

紫外線対策の基本的なところを紹介します。

UVカット機能の付いているサングラス、洋服、スカーフ、手袋、カーテンなど。

日中に外に出る場合には、なるべく肌を出す面積を減らしておくのが一番効果的です。

意外なのはカーテンですよね。

実は窓ガラスは70%も紫外線を通してしまうため、カーテンで防ぐしかないのです。

カーテンもしっかりとUVカットのできるものを選んでおきましょう。

また、春から夏にかけて一年中で一番紫外線の強い光線が出ますので、要注意です。

 

メラニン色素を減らす方法2:スキンケア

メラニン色素を減らす方法としてスキンケアがあります。

ドラッグストアの紫外線対策コーナーに行くと、たくさんのUVケア商品がありますよね。

外出する時にはしっかりと日焼け止めのスキンケアを塗ってお出かけしましょう。

スキンケアには、色々な種類があります。

まず、メラニン色素ができる前には、アルブチンなどの成分が配合されたスキンケアを使用することで、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、メラニン色素を作らせないのでシミができません。

また、メラニン色素ができた後、つまりシミができた後には、ビタミンC誘導体といった成分の入ったスキンケアを使う事で、メラニン色素を分解、還元し、淡色化の作用を発揮します。

この効果により、すでにあったシミの色が薄くなったり、消えたりする効果が期待できます。

 

メラニン色素を減らす方法3:リフレッシュ

メラニン色素を減らす方法として、リフレッシュがあります。

つまり、趣味など、自分の好きな事に没頭することがリフレッシュに繋がり、メラニン色素を減らす働きを促します。

具体的に言うと、ターンオーバーの働きを活性化させることで、メラニン色素を減らします。

もし、仕事などでストレスをため込んで、自分の好きな事を全くできない状態になってしまうとターンオーバーの乱れに繋がり、すでに出来てしまったメラニン色素がターンオーバーで体外に排出されずに肌の中に溜まってしまいます。

ですので、肌がくすんできたりなどを感じた時には、読書でもゲームでもスポーツでもストレスのたまることを忘れる事が出来るほど没頭できることを行うようにしましょう。

 

メラニン色素を減らす方法4:生活習慣

メラニン色素を減らす方法で一番基本になるのが、生活習慣を正す事です。

生活習慣が乱れてしまうと肌のターンオーバーが乱れて、いつもなら6週間ほどでシミが消えるはずが、半年経っても一年経ってもターンオーバーが正常に行われず、メラニンもずっと肌の中にとどまったままになってしまいます。

ですので、メラニンを減らすためには毎日の生活習慣を正すことが非常に重要になります。

睡眠はしっかりととる。

喫煙、飲酒はなるべく避ける。

ファストフードはあまり食べない。

野菜中心の食事を摂る。

このように、一般的に正しいとされる生活習慣を行うだけで、肌のターンオーバーは正常に戻り、すでに作られてしまったメラニン色素もターンオーバーにより、体外へ垢となって排出されるようになります。

 

メラニン色素を減らす方法5:美容治療

メラニンを減らす方法として、食べ物やスキンケアがありますが、こちらは薄いシミや初期のメラニン色素の沈着であれば効果をしっかりと発揮してくれるのですが、濃いシミや長く沈着してしまったシミにはあまり効果を発揮してくれない場合があります。

そんな時には美容治療がおすすめです。

美容治療は美容外科やクリニックと呼ばれることもありますが、どんなに濃いシミなどでもある程度綺麗に除去してくれます。

料金はスキンケアなどに比べてかなり高いですが、短期間にシミを消すこともできますし、今まで消えなかった濃いシミが無くなってくるので、通うのが楽しくなる人も多いようです。

ただし、それなりに痛みを伴う場合もありますし、ダウンタイムも考えなければなりません。

ですので、まずは食事やスキンケアなどリスクの少ない方法から試してみて、どうしても難しい場合には美容治療という風に最後の手段として考えておくといいかもしれません。

 

メラニン色素を減らす方法6:ニキビ改善

メラニン色素を減らす方法として、ニキビ改善があります。

ニキビとメラニン色素って一見全く関係のないように見えるのですが、実は大いに関係があります。

それは、ニキビの後に訪れるニキビ跡です。

ニキビができると、炎症が発生して、皮膚に刺激を与えてしまいます。

刺激を受けると皮膚は細胞を守ろうとメラニンを大量生産します。

ですので、せっかくニキビが治ってもニキビ跡は残ってしまうのです。

これが学生の頃で若ければニキビ跡もターンオーバーで消えてしまいますが、大人ニキビはそうはいきません。

特にアゴにできた大人ニキビのニキビ跡は非常に目立ってしまいますよね。

ですので、抗炎症作用のある洗顔料やクリームを使用するなどして、ニキビができる前にケアしましょう。

 

メラニン色素を減らす方法7:保湿

メラニン色素を減らす方法に保湿があります。

メラニンというのは紫外線や摩擦など肌への刺激により肌を守るために生成されるものです。

肌が乾燥して細胞と細胞の間に隙間ができ、そこから水分が蒸発してしまい、コラーゲンやエラスチンの水分がなくなり、肌を支えておく力も弱くなり、さらに細胞間の隙間が大きくなり、といった悪循環に一度陥ると再生は難しいものです。

ですので、スキンケアの基本である朝晩の保湿がとても大切です。

毎日しっかりと保湿していれば細胞間の隙間が広がることはあまりありません。

隙間ができないと肌のバリア機能が正常に機能するので肌は刺激に強くなります。

肌が刺激に強くなるとメラニンも作られにくくなりますので、肌の保湿はメラニン対策に非常に役立ちます。

 

【メラニン色素 減らす】食べ物の種類

食材

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類1:タンパク質

メラニン色素を減らす食べ物としてタンパク質があります。

タンパク質は肌のコラーゲンやエラスチンなど、肌を構成している成分そのものなので、タンパク質は一番大切な成分といっても過言ではありません。

タンパク質は肉や玉子といった食べ物に多く含まれていますが、身体の中に入って分解されて再合成されるとなると、あまり効率はよくありません。

一番効率がいいのは、大豆系のタンパク質だと言われています。

例えば豆腐や豆乳などは分解、再合成が肉類よりも効率がいいと言われているので、いつもより多めに摂った方が肌にとってメリットが多いようです。

ただし、毎日継続して摂ることが体にとってはメリットが大きいので、自分の好きな物、続けられそうなものを優先して摂るといいかもしれませんね。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類2:ビタミン

ビタミンを名前のついている成分は全て肌に良い事が知られています。

ビタミンにも色々な種類がありますが、特に美白に役立つのがビタミンCです。

ビタミンCはそのまま肌に塗っても全く意味がありませんし、肌が荒れていればその部分に大きな刺激を与えてしまうので、メリットがあるとは言えません。

しかし、ビタミンCはすでにあるシミに作用して淡色化、つまり色を薄くする効果が認められています。

そこでビタミンCに加工をして、肌に塗ってもしっかりと浸透できるようにしたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は肌に浸透して、シミに直接作用するので、ビタミンCを服用するよりも効果が高いと言われています。

また、ビタミンEも抗酸化作用が強く、肌の酸化を防いでくれるので美白には効果的です。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類3:食物繊維

メラニン色素を減らす食べ物の中に食物繊維があります。

食物繊維は腸の調子を整えるのに必須ともいえる成分になります。

腸の調子が悪く、便秘になってしまうと、体外に排出される予定だった悪い成分などが再度血液に吸収されて、全身をめぐるので肌にとっても当然いい事はありません。

食物繊維を摂ると、大腸の調子も良くなり、便が出るのを促進させる効果があるので、食事のなかに積極的に取り入れる事が大切です。

食物繊維が多い食べ物とは、ひじきなどの海藻類には多く含まれていると言われています。

また、豆製品や穀類にも多く含まれているので、豆腐などは食物繊維が豊富だと言われています。

便秘になると、肌がくすんだような色が少し暗くなる傾向がありますので、しっかりと普段から自分の顔色はチェックしておきましょう。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類4:ミネラル

メラニン色素を減らす食べ物でミネラルがあります。

ミネラルと聞くと漠然としているので、具体的に紹介すると、

  • カルシウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • 亜鉛

主にこの4つの成分になります。

まず、カルシウムは肌のターンオーバーを促進させるのに必要な成分で、身体に吸収されにくい成分なのですが、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率が上がるので試してみましょう。

そして、鉄分とマグネシウムですが、こちらは血液の流れを正常にし、栄養をしっかり全身に届ける役割があります。

不純物なども回収するので、この成分が不足すると体に悪い成分がいつまでも残ってしまうことになります。

そして亜鉛です。

亜鉛は皮膚の健康を維持する働きがあり、コラーゲンの生成も促進させます。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類5:大豆イソフラボン

メラニン色素を減らす食べ物に大豆イソフラボンがあります。

大豆イソフラボンは40代の女性など、ホルモンバランスが崩れがちな人にとても役に立つ成分です。

特に40歳を過ぎたあたりから肝斑が出来始めた人には最適の成分かもしれません。

というのも肝斑の原因は女性ホルモンの乱れが原因であることが最も有力な説です。

肝斑は両ほほなどに左右対称にできるシミで、まだ原因がはっきりとわかっていないものでもあります。

肝斑対策としては女性ホルモンを整える事が最優先です。

そこで登場するのが大豆イソフラボンなのですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするので、大豆イソフラボンを摂ることにより、女性ホルモンのバランスが整い、肝斑などの対策になります。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類6:乳酸菌

メラニン色素を減らす食べ物の中に乳酸菌があります。

乳酸菌も食物繊維と同じく便秘を予防したり、改善する働きがあります。

ただし、食物繊維と乳酸菌の効果が最も異なる点は、食物繊維は一時的な解決法ですが、乳酸菌は半永久的に効果は持続するので、乳酸菌を日ごろから摂るようにすれば便秘で悩まされる機会も減るでしょう。

乳酸菌といえばヨーグルトですが、実は納豆も乳酸菌がとても豊富です。

日本人としては、ヨーグルトよりも納豆の方が身近なので、毎日違うメニューで途中で飽きないような工夫をすることも大切です。

また、乳酸菌のガセリ菌という種類は腸内環境を整えるだけでなく、内臓脂肪を減らす効果があることもわかっていますので、一石二鳥にもなる乳酸菌もあります。

 

メラニン色素を減らす食べ物の種類7:水分

メラニン色素を減らす食べ物の種類に水分があります。

食べ物とは違い、飲み物ですが、水分は最も重要だと言っても過言ではありません。

人間は各種栄養素がなくても数ヶ月は生きる事が出来ますが、水がないと1週間ほどで死んでしまうほど大切な物質になります。

血液の中にも水分があることでしっかりと体中に栄養を流すことができますし、尿も水分が主成分なので体外に排出することができます。

また、便通をよくするためには水分がないと出すことができません。

このように、水分は美白だけでなく、人間が生きていくためには必須の物質なので、不足することが無いようにしましょう。

人間は一日1.5リットルの水を飲むことが必要だと言われています。

 

【メラニン色素 減らす】シミの沈着

シワ

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法1:睡眠

メラニン色素やシミを沈着させないようにするためにはターンオーバーを活性化させることが一番重要です。

ターンオーバーを活性化させるためには成長ホルモンの分泌が必要です。

成長ホルモンの分泌は睡眠中に行われますので、質の良い睡眠が得られないと成長ホルモンの分泌が少なく、結果、ターンオーバーが乱れてシミやメラニン色素が肌に沈着してしまうのです。

寝不足の翌日や翌々日に肌荒れしたという経験は誰にもあるはずです。

これは、肌のターンオーバーが突然乱れてしまったので、肌の汚れが体外に排出されずに炎症を起こしてしまうためです。

このように睡眠はとても美白と関係性が深いので、夜はしっかりと眠れるように生活サイクルを整えましょう。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法2:食生活

メラニン色素やシミを沈着させないようにするにはターンオーバーが大切なのですが、ターンオーバーを正常に保つには食生活の内容も非常に重要です。

ターンオーバーを活性化させる食べ物はカルシウムとビタミンB2です。

この2つの栄養をしっかりと摂っていれば、ターンオーバーが乱れる事はほとんどなくなると言われています。

ビタミンB2を多く含む食べ物と言えば、うなぎやレバー、青魚、アーモンド、納豆、玉子などがとても多くビタミンB2を含んでいますので、肌のターンオーバーを整えます。

また、カルシウムを多く含む食材は牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品の他に小魚、納豆、小松菜にも多く含まれています。

カルシウムとビタミンB2を多く含む食材に共通しているのは納豆です。

納豆を食べるとターンオーバーが正常になると覚えておいた方がいいですね。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法3:美容成分

メラニン色素やシミを沈着させない方法として、美容成分を使う方法があります。

最も有名なのはセラミドです。

セラミドの入った美容成分を使用することによって、肌のターンオーバーを促すことができます。

ただ、セラミドという成分はもともと人間の肌で作り出す事の出来る成分ですが、加齢によって、作り出される量が減ってしまう事でシワやシミの原因になってしまいます。

また、アルブチンといった成分の入っている美容化粧品を使うことにより、直接ターンオーバーを促進させる働きもあることから、メラニン色素を沈着させない効果を期待することができます。

このように、美容成分をしっかりと活用することにより、食べ物や睡眠よりもより確実に早く美白効果を得る事ができるので、おすすめです。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法4:体温

メラニン色素やシミを沈着させない方法のひとつに体温を上げるという方法があります。

体温が下がるとターンオーバーが乱れて、シミが沈着しやすい体質になってしまいます。

また、36度以下は低体温症とみなされますが、免疫力も低くなり、何一ついい事もありません。

ですので、体温を上げる工夫が必要です。

今まで体温が下がってきた原因は運動不足や食生活が原因の場合が多いようです。

今まで運動不足だったと感じる人は運動を始めるのもいいですし、食生活で今まで冷たいものばかり飲んだり食べたりしていたのであれば、冷たいものは常温にし、なるべく暖かいものを食べるように心がけましょう。

出来れば食材の中に血行促進効果のある生姜などが入っていればとてもいいですね。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法5:運動

運動を行うと、肌のターンオーバーの乱れを整えて、シミやメラニンの沈着が起きにくい肌質にすることができます。

運動を行うと血行がよくなり、栄養が肌の隅々まで届くようになり、コラーゲンやエラスチンなどがしっかりと作られるようになり、肌を内側からしっかりと支えてシミもできにくくなります。

また、運動をすると筋肉が増えます。

最近の研究では下半身の筋肉が多い人はシミができにくいという研究結果が出ています。

その理由が、下半身の筋肉内で作られている『マイオネクチン』という成分がシミの原因であるメラニン色素ができるのを阻害し、シミを作らせない効果があります。

ですので、運動、特に下半身の筋肉がつく運動をすると肌のターンオーバーが正常になり、かつ、シミを作らせない物質も作り出すことができるので、おすすめです。

出来れば室内でできる運動が良いですね。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法6:老廃物

メラニン色素やシミを沈着させない方法で、老廃物を排出するという方法があります。

老廃物を排出すると聞くと難しそうですが、これはターンオーバーを促進させることと同じことです。

主に血液の循環に関係しているのですが、血液の流れが滞ってしまうと肌への栄養が届いてこないばかりか、溜まった老廃物やメラニンが体外に排出されないまま残ってしまうという問題があります。

ですので、血行を促進させることは非常に重要になります。

血行を促進させるためには運動や体を温める成分を摂ることが重要です。

生姜やトウガラシなどは食べると汗が噴き出てきて血行が良くなりますが、それは実は一時的な物で、継続して摂らなければあまり意味がありません。

できれば日本人に合ったものがいいと思いますので、出汁がおすすめです。

特にカツオと昆布の出汁を飲むと体が暖かくなって血行もしっかりと促進されます。

一時的ではなく、効果は持続しますので、肌にとっては大きなメリットがあります。

 

メラニン色素やシミを沈着させない方法7:ストレス

メラニン色素やシミを沈着させない方法として、ストレス解消があります。

『ストレスもシミの原因になるの?』

と知らない人もかなり多いようです。

人間はストレスを感じると活性酸素を発生させてメラノサイトを刺激します。

すると、メラノサイトは細胞を守るためにメラニンを作り出します。

ですので、ストレスはシミの原因となるわけです。

しかも、ストレスは皮膚温度を低下させ、バリア機能も低下させます。

すると、肌のターンオーバーが停滞し、出来てしまったメラニン色素やシミが体外に排出されないので、皮膚にシミが残ってしまいます。

このように、ストレスも肌にとって良くありませんので、普段からストレスをためない工夫をしておくと美肌を保つことができるようになります。

 

【メラニン色素 減らす】まとめ

メラニン色素を減らす方法をまとめると

ターンオーバーをどれだけ促進させることができるか

メラニン色素をどれだけ作らせないかというのもとても重要ですが、それ以上にターンオーバーでどれだけ排出させることができるのかが最も重要です。

私たちが若いころはいくら日焼けしても1か月もすれば元の肌の色に戻っていたはずです。

しかも私たちは普段家からずっと外出せずに生活することは難しく、仕事のために出勤しなければなりませんし、夜だけ外出するわけにはいきません。

ですので、完全に紫外線を防ぐことは通常の生活をしている限りは難しいのです。

それであれば、出来てしまったシミをどれだけ排出させるかの力を高めた方が確実です。

そのためには日ごろの生活習慣を見直すのが一番大切なのかもしれませんね。

 

⇒関連記事:シズカゲルの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました