ニキビ化粧水でプチプラなのは10代に効く大人だけ?

思春期ニキビ ニキビケア

プチプラなコスメって効果がないんじゃないの?

でも、ニキビが少ない人って意外と1,000円以下の薬局でも手に入るコスメを使っている人が多いですよね。

昔は安かろう悪かろうというニキビ対策化粧水がほとんどでしたが、今ではかなり状況が変わってきました。

こちらでは1,000円前後のオルビス・オードムーゲ・キュレル・ミノン・イハダのようなドラッグストアでも買えるいわゆるプチプラと呼ばれているニキビ対策化粧水を紹介しています。

まずは自分の皮膚の状態をチェックするところから始めるといいですよ。

10代の皮膚にできたニキビと大人になってから出来たニキビは原因が違います。

ですので、ニキビを治す方法も全く違ったものになってきます。

『高校生の頃はこれで治ったのに、、、』

と感じている人が多いのにはこういった理由があります。

 

ニキビ化粧水 プチプラ/思春期のニキビ

思春期ニキビ

 

思春期ニキビの特徴は、額や鼻周りを中心に顔全体にできるという傾向があります。

主な要因は皮膚に油分が多すぎるという事です。

ですので、普段から皮脂を洗って落としておくことが基本ですが、そのあとの化粧水はサラサラとして、油分の少ないものを使うと、肌の油分は少なくても潤いは十分という思春期ニキビ対策にとって理想的な肌の状態を作り出すことができます。

また、大人でニキビが多い人は、オイリー肌である可能性が高いので、こういった方は油分の少ない化粧水を使うことで改善しやすいです。

 

ニキビ化粧水 プチプラ/大人ニキビ

大人ニキビ

 

こちらの特徴は通常のと違って、あごなどのフェイスラインに集中します。

女性ホルモンのバランスが大きく崩れる生理前にできる事が多く、何も対策をしていないと生理が終わるまで続く可能性のあるのが大人ニキビです。

剥がれた角質が毛穴に詰まることが原因です。

対策としては、バリアが薄くて潤いを逃がしやすいので、肌を柔らかくして潤いが逃げないように適度な油分が入っているものを使うのがいいでしょう。

油分が多少はあった方がいいので、高校生の時に治った経験のあった人は、大人になってニキビの原因が変化している事に気づかず、同じ化粧水を使って結局失敗してしまう人が多いのです。

大人の化粧水だからと言って高いものばかりではありません。

プチプラでも十分大人の肌に効果があるものはあります。

また、大人ニキビの一種である顎ニキビも治し方次第では即効で治ってしまうことがあります。

 

敏感肌や混合肌でも使えるプチプラ化粧水の選び方

 

敏感肌や混合肌など肌に疾患がある人は選ぶコスメも限定されてしまいます。

こちらではそういった肌の弱い人でも安全に使うことができるプチプラのニキビ対策コスメを紹介しています。

最近ではマスクを長時間使う事もあり、実はマスクの下は沢山の肌荒れがあり、今ではマスクを外せなくなっている人も少なくないようです。

しかし、いつかは必ずマスクを外さなければならない時が来ます。

そんな時に備えて、今からしっかりとニキビ対策を行った方がいいです。

こちらでは、ニキビ対策化粧品の有効成分や安全性、潤い、毎日継続して使えるのかどうかといった面からチェックしています。

もちろん全てドラッグストアやドンキのようなディスカウントストアでも安く買えるプチプラコスメの中から選べるようにしています。

 

ニキビ予防の有効成分

 

思春期のものも大人のものも要因が共通するものがあります。

それは、毛穴の中で細菌が増殖して大きくなってしまうという事です。

アクネ菌は菌の一種で、殺菌してしまえばそれ以上増殖することもなく、ニキビも大きくなることはありません。

効くのは殺菌です。

殺菌作用のあるのを選ぶとアクネ菌を殺菌し、ニキビを根本から改善してくれます。

既にできてしまったニキビや、今後ニキビを予防したいのであれば、日ごろから肌の滅菌はとても大切です。

このような殺菌成分が入っているのは大人ニキビでも思春期ニキビでも共通しているものなので、最初に確認してもいいかもしれません。

 

危険性の低いもの

 

化粧水の中には使用すると、逆に悪影響になったり、別の副作用があったりするものもあります。

せっかくニキビが治っても他に肌荒れができてしまっては意味がありません。

また、肌に優しいという事でも、成分の中の一つにアレルギー反応が出てしまうかもしれません。

安全性の問題を解決するには、肌に対するテストをクリアしているものを選ぶことが大切です。

例えばノンコメドジェニックテストというものもあります。

これはニキビ対策のコスメを購入予定の人はチェック必須です。

コメドというニキビの第一段階のものが皮膚にできるかどうかをチェックするテストで、一般的に背中に試験対象を塗って、コメドができるかどうかを診断します。

ただ、これらのテストをクリアしていても肌に合わないものというものは必ずあります。

ですので、新しいコスメを購入した場合には、最初に顔には塗らずに、まずは肘の裏などに塗って自分でパッチテストを行って問題ない事を確認してから顔に塗るのが最も安全です。

他に、危険性の高い成分としてはグリセリンが高濃度で入っているものは、アクネ菌のエサになりやすいという傾向がありますので、避けておいた方が無難です。

また、刺激性であるエタノールやメントールは入っているものは使用しない事などが大切です。

 

うるおいチャージのできるもの

 

オイリー肌の場合は乾燥が問題多いので、肌の潤いは要注意です。

常に肌を潤っている状態にしておかないといつニキビができるかわかりません。

大人ニキビを防ぐことのできる化粧水はある程度の油分が入っているものがいいのですが、直接潤いをチャージできる肌負担の少ないものや天然保湿成分が入っているものを選ぶとニキビ対策だけでなく同時に肌の潤いチャージをすることができます。

例えば

アミノ酸類、セラミドなどの成分が入っているものは直接肌に水分をチャージすることができますので、ニキビ対策にもかなり有効です。

特にヒアルロン酸は水分をより沢山保持できる効果がありますし、セラミドは一旦吸収した成分を外に逃がさないといった役割があります。

 

毎日続けて使えるもの

 

ニキビ対策化粧水などは即効性ではなく、毎日継続して使って数週間後や数か月後にやっと効果が見えてきます。

毎日使うものなので、少しでも危険性のあるような成分があるものは避けるべきですし、継続して続けて使うことができるかというのが最も大切なポイントになります。

最初のうちは新鮮味があるので、何日か使い続ける事は難しくありませんが、毎日1か月以上も続けることができる物はあまり多くありません。

まず、形状ですが、ボトルタイプのものは外観は綺麗ですが、蓋を開けて手に出して塗るという作業は毎日行うとなると少し難しいかもしれません。

ポンプ容器はプッシュするだけで中身を出すことができるし、片手でも手に出すことができます。

このように毎日続けるものに対しては、小さいストレスでもなるべく減らすと続けやすくなります。

香りは無香料のものが続けやすいです。

最初はいい香りと思っていても使い続けていると飽きてくることがあるからです。

また、テクスチャーもサラサラタイプの方が長く続けやすいようです。

このように続けるのもコツが必要なので、覚えておいた方がいいですよ。

 

ニキビ化粧水 プチプラ/化粧水の中で口コミで評判のもの

 

プチプラのニキビ化粧水は値段が安いという他にも安全性が高いものや、毎日使い続ける事が出来るのがポイントです。

こちらではそういった条件を満たしたプチプラニキビ化粧水をいくつか紹介します。

それぞれに特徴があり、自分の肌に合うものや値段を見て決めるのもいいでしょう。

プチプラニキビ化粧水の中でも特に人気のアイテムを集めてみました。

今までニキビに悩んでいたけれども化粧水でニキビ対策をやったことは無かったという人にとってはかなり役に立つ内容になっています。

どれもドラッグストアや薬局やコンビニなどでも気軽に購入できるものばかりです。

一度ドラッグストアに行った時に次いでにチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

オルビス クリア ローション

オルビスクリアローション

 

オルビス クリア ローションはニキビ用に開発された化粧水です。

料金は1,500円という安いコスメの中でも標準的な価格といえるでしょう。

保水力はもちろんしっかりとありますが、殺菌成分が入っているので、しっかりと効果を発揮してくれます。

また、専用に開発された化粧水という事で、ニキビのできにくい成分テストをクリアしているローションで、使っても極めてできにくいという事が証明されているローションです。

オイルカットなので、脂性肌ニキビや思春期ニキビに特に効果を発揮するニキビ対策化粧水と言えるでしょう。

医薬部外品でもありますので、安心してニキビに使用することができるのも大きな特徴です。

 

メラノCC

メラノCC

 

 

こちらは馴染みやすいビタミンCが入っているシミ対策コスメです。

美白ローションがなぜニキビを防げるのか不思議に思う人もいると思いますが、殺菌作用もあることからニキビ対策にも効くと評判です。

また、シミの他にもニキビ跡にも効く事がわかっています。

料金も900円とプチプラの中でも値段は安い方で、この値段でニキビ対策の他にもニキビ跡の改善もできると人気を集めています。

ニキビ跡に悩んでいる人など、ニキビ予防と同時に行いたいのであればこちらは最適のローションです。

 

イハダ 薬用ローション(しっとり)

 

イハダ薬用ローションは潤いが足りなくてニキビができやすい人には最適の化粧水です。

塗ってから3時間後の水分量がプラス91%という驚異的な保湿力が証明されているので、乾燥対策としては十分な効果を得る事ができます。

料金も1,178円という事でプチプラ化粧水の中でも安い方だと言えるでしょう。

長時間高いレベルで保湿を保ちたい場合にはとても合っている化粧水です。

テクスチャーに関してはベタつきやヌルつきもありませんので、ストレスなく長期間の使用に耐える事ができます。

アラントインと抗炎症成分が配合されているので、殺菌効果も高く、デリケートな肌でも使いやすいという特徴があります。

ただ、無理やり難点を挙げるとすれば、容器がボトルタイプだという事です。

ポンプタイプが一番使いやすいのですが、ボトルタイプなので毎回の開閉が必要になりますので、その点は多少マイナスかもしれません。

 

ミノンアミノモイスト 薬用アクネケア ローション

 

ミノンアミノモイスト 薬用アクネケア ローションはどんな肌質にも合うと評判のプチプラニキビ対策化粧水です。

1,496円で、薬局などで購入できる安い化粧品としては普通です。

ニキビ対策に大きく影響する保湿力は塗った後2時間経過時の水分量がプラス67%と、なかなかの保水力があることが証明されています。

これらのニキビ対策化粧水としてのメリットがありますが、それ以上に人気を集めているのが、容器の形状です。

化粧水の容器は通常はボトルタイプがほとんどなのですが、こちらはポンプタイプと珍しい容器で、とても使いやすいと評判です。

 

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水

 

ハトムギ化粧水は単にニキビ対策化粧水として有名なだけでなく、惜しみなく使えるそのコスパの良さで有名になっている化粧水です。

値段は650円です。

さて、この値段でどのくらいの量があるのかが気になると思いますが、実は500mlという大容量です。

この値段でこの量なので、全身に惜しみなく使える化粧水です。

保水力もしっかりと実績がありますが、ニキビ対策としてもしっかりとその効果を発揮してくれます。

特に初めて化粧水を買う人におすすめです。

サラサラなテクスチャーで使い心地も良く、たっぷり使うことができるので、顔だけでなく、背中ニキビに悩んでいる人でも試しに使ってみるのもいいでしょう。

もし、効果がそれほどなければ、徐々に値段の高いものを試していく方法だと無駄なく効率よく効果のある化粧水を見つける事ができます。

 

ニキビ化粧水 プチプラのまとめ

 

ニキビは十分に化粧水で予防したり改善したりすることができる事がわかりました。

ニキビ対策や改善には、

  • 殺菌
  • 潤い

の2つがとても重要です。

この2つを満たしている化粧水はありますが、通販などのデパコスにしかないという先入観を持っている人が多いので、今まではプチプラで探そうという人も少なかったようです。

しかし、最近ではドンキやマツキヨでも気軽に手に入るニキビ対策化粧水が出てきたことによって、ニキビ予防や改善をしながら美白や保湿も同時にできると評判になっています。

プチプラなのでどれも1,000円前後なので試すのも実際使うのも気軽なので本当に色々試すことができるので便利です。

思春期ニキビでも大人ニキビでも悩みがある人は、まずはプチプラのニキビ化粧水から試してみるといいでしょう。

また、ニキビと一緒に多いのがイボの悩みで、イボ取りクリームランキングなどで常に上位に入っているわらびはだなどのオールインワンジェルは特に人気を集めています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました