【ニキビ 薬と絆創膏について】ダメなのか?よくない効果とは

ニキビ スキンケア
  1. 【ニキビ 薬 絆創膏】治す方法
    1. ニキビを絆創膏で治す方法1:肌を保護
    2. ニキビを絆創膏で治す方法2:塗り薬の保護
  2. 【ニキビ 薬 絆創膏】悪化の原因
    1. ニキビが絆創膏で悪化する原因1:蒸れる
    2. ニキビが絆創膏で悪化する原因2:薬剤の含まれる絆創膏
    3. ニキビが絆創膏で悪化する原因3:貼り替えしない
    4. ニキビが絆創膏で悪化する原因4:通気性が悪い絆創膏
  3. 【ニキビ 薬 絆創膏】皮膚科の塗り薬
    1. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類1:ダラシン
    2. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類2:アクアチムクリーム
    3. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類3:ディフェリンゲル
    4. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類4:ベピオゲル
    5. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類5:リンデロン
    6. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類6:ゲンタシン
    7. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類7:ゼビアックスローション
    8. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類8:デュアックゲル
    9. 皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類9:エピデュオゲル
  4. 【ニキビ 薬 絆創膏】予防やケア方法
    1. ニキビの予防やケア方法1:抗炎症薬を塗る
    2. ニキビの予防やケア方法2:抗生物質を塗る
    3. ニキビの予防やケア方法3:触らない、潰さない
    4. ニキビの予防やケア方法4:生活習慣を見直す
    5. ニキビの予防やケア方法5:正しいスキンケア
    6. ニキビの予防やケア方法6:皮膚科を受診
  5. 【ニキビ 薬 絆創膏】おすすめ種類
    1. おすすめの絆創膏1:ケアリーヴ
    2. おすすめの絆創膏2:バンドエイド
    3. おすすめの絆創膏3:ネクスケアしっかり防水S
    4. おすすめの絆創膏4:キズパワーパッド
    5. おすすめの絆創膏5:アクネスラボ
  6. 【ニキビ 薬 絆創膏】まとめ

【ニキビ 薬 絆創膏】治す方法

ニキビ

 

ニキビを絆創膏で治す方法1:肌を保護

ニキビって出来たら触りたくなりますよね。

顔を触る事は緊張状態の自律神経を鎮めてくれるので、イライラや緊張状態だと、ついつい触りたくなってしまいます。

ですが、ニキビを触ってしまうとニキビが破れてしまったり、細菌が入ってしまいますので、触るのはNGです。

イライラすると腕を組むなどして肌を触らないように工夫するのが大切です。

ただ、こうなると我慢するので、よけいにイライラが募ってくる可能性もありますよね。

そんな時には絆創膏を貼ることで触っても問題なくなります。

絆創膏は外部からの刺激から肌を保護してくれるので触ろうとしても絆創膏で保護されているので心配ありません。

しかも、夜の寝ている間に無意識に触ってしまう事も防ぐことができるので、とても便利なアイテムです。

 

ニキビを絆創膏で治す方法2:塗り薬の保護

ニキビは塗り薬を使って治すことがほとんどです。

ニキビや肌荒れなどの回復は夜の寝ている間に行われますので、寝る前に薬を塗ってから眠ると効果的なのですが、問題があります。

それは、寝ている間に、せっかく塗った薬が落ちてしまう事です。

寝ている間に薬が落ちてしまうと、寝ている間に皮膚が回復する効果も半減してしまいます。

そうならないように薬を塗った後、絆創膏を上から貼り、薬を保護することで寝ている間も薬が落ちずに肌の回復を行うことができます。

また、メイクを行う際にも薬を塗って絆創膏で保護しておけば、その上からメイクをすることができます。

最近では肌の色と遜色ないような絆創膏もありますので、普段からメイクをする人は絆創膏のデザインもしっかりとチェックしておきましょう。

 

【ニキビ 薬 絆創膏】悪化の原因

肌荒れ

 

ニキビが絆創膏で悪化する原因1:蒸れる

絆創膏を貼ることにより、肌がムレてしまうことがあります。

特に通気性の悪い絆創膏を使っている場合や、夏場など湿度の高い季節には発生しやすい問題になります。

絆創膏の下が蒸れてしまうとニキビが悪化してしまう可能性があります。

肌がムレると肌のバリア機能が低下し、肌の水分が蒸発しやすく、刺激にも弱い状態になり、ニキビ以外にも炎症が起きやすくなってしまいますので良い事はありません。

絆創膏を選ぶ際には通気性の良いものを選ぶことはとても大切です。

また、最初のうちは絆創膏をたまに剥がして絆創膏の下の状態をチェックするようにした方がいいでしょう。

すると、どのくらいの時間貼っておくとムレやすいのかの計算をすることができますので、絆創膏の貼り替えの時間を計画することができます。

 

ニキビが絆創膏で悪化する原因2:薬剤の含まれる絆創膏

絆創膏の中には薬剤が含まれているものがあります。

値段の高い絆創膏ほど、色々な薬剤が含まれていて、肌に様々な効果のある物があるようです。

その薬剤が肌にあったようなものであれば問題ありません。

最近ではニキビを治す事の出来るような薬剤がしみ込んだ絆創膏もあります。

ただし、そのような絆創膏にしみ込んでいる薬剤は市販の薬剤で、抗炎症作用のある成分などがせいぜいで、たいしてニキビに効果のある物はありません。

一番いいのは殺菌作用のある薬剤、つまり抗生剤が一番効果があるのですが、そんな絆創膏は市販にはありません。

ですので自分で抗生剤を塗って、何も薬が入っていない絆創膏を貼るのが一番効果的です。

既に何か薬剤が含まれている絆創膏を使うと、抗生剤と反応したりして邪魔をしてしまうことが多いので、何も薬剤がない絆創膏がおすすめです。

 

ニキビが絆創膏で悪化する原因3:貼り替えしない

絆創膏は定期的に貼り替えをする必要があります。

貼り替えをしないと絆創膏の下がムレて、アクネ菌などの細菌が増殖しやすくなって、ニキビが増えたりもします。

また、蒸れる事で肌のバリア機能を下げてしまい、肌荒れを起こしやすい状況を作り出してしまいます。

なので、こまめに絆創膏は取り替える必要があります。

皮膚科で処方されるお薬もそうですが、一日一回塗ればいいというものはほとんどありません。

ほとんどの処方薬は一日朝晩2回塗る必要があります。

ですので、そのタイミングで絆創膏も貼りかえると、肌のバリア機能も損ねずにニキビを治すことができます。

絆創膏は薬剤を吸収してしまうものもありますので、薬剤はたっぷりとつけてしっかりとニキビを十分に治療しましょう。

 

ニキビが絆創膏で悪化する原因4:通気性が悪い絆創膏

お風呂から上がった後、指がふやけているのを見たことはあると思います。

シワシワになっていますよね?

シワシワになるという事は肌の表面積が増えている状態で、肌の水分が蒸発しやすい事になっています。

『お風呂から上がったらすぐに保湿しなければならない』

肌の為にはお風呂上りは5分以内に保湿することが推奨されています。

お風呂に入って体中の肌に水分があるのになぜ?

まず、お風呂の水は肌には直接吸収されることはありません。

温かいお風呂に入ると体の熱を外に逃がそうと毛穴は全て開き、肌の水分を蒸発させようとします。

という事は水分は吸収されずに出るだけなので肌はどんどん乾燥してしまいます。

だからお風呂上りには保湿が重要なのです。

これと同じ事が絆創膏の内側でも起こっています。

ですので、絆創膏を購入する際にはなるべく通気性が良く、蒸れないものを選びましょう。

 

【ニキビ 薬 絆創膏】皮膚科の塗り薬

塗り薬

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類1:ダラシン

ダランシンゲル

皮膚科でよく処方されるニキビ薬に『ダランシンゲル』があります。

クリンダマイシンという抗生物質が配合されている塗り薬です。

抗生物質なのでアクネ菌などの細菌には効果を発揮しますが、抗炎症作用はありません。

主に赤ニキビが発生している時に処方される薬です。

抗炎症作用のある薬と一緒に処方されることもあります。

 

この薬には使用上の注意点があります。

それは、症状が治まったらすぐに使用を止める事。

抗生物質というものは、あまり長期間使用すると、その抗生物質の殺菌作用に耐える事のできる耐性菌が生まれる可能性があるからです。

 

耐性菌ができてしまった場合などで、塗り始めて4週間以上効果が感じられなかった場合はすぐに皮膚科に相談したほうがいいでしょう。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類2:アクアチムクリーム

アクアチム

引用元:QLIFE

 

アクアチムクリームも皮膚科で多くの場合に処方される塗り薬です。

ナジフロキサシンという抗生物質で構成される薬になります。

その効果はダランシングゲルとあまり変わりません。

 

抗生物質なのでブドウ球菌やアクネ菌の殺菌作用に優れていて、水虫の真菌の殺菌にもよく使われているようです。

抗炎症作用はありませんので赤ニキビには抗炎症薬と一緒に処方されることも多いようです。

 

殺菌作用のみなのでニキビには効果はありますが、ニキビ跡の改善には効果はありません。

ニキビ跡の改善には別途ピーリング剤などが処方されることがあります。

 

副作用は、かゆみや刺激感、赤みなどがあります。

 

ダランシングゲルと同じく長期間使い続けると耐性菌が生まれて効果がなくなることがありますので、ある程度治療が完了したら速やかに使用をストップしましょう。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類3:ディフェリンゲル

ディフェリンゲル

引用元:こころ皮膚科クリニック

 

ディフェリンゲルは皮膚科で多く処方されるニキビ用処方薬です。

抗生剤ではありませんが、市販では直接購入する事のできない塗り薬です。

アダパレンという成分が入っており、ピーリング作用により、毛穴を拡げて皮脂の詰まりを改善します。

毛穴の詰まりが改善されればニキビも治りますし、予防にもなるという仕組みです。

 

ピーリングなので美肌効果も期待できます。

毛穴の黒ずみやいちご鼻の改善、軽度のニキビ跡の改善など。

 

ただし、赤みや皮が剥けるなどの副作用が発生する場合があります。

一般的に副作用が発生する場合は塗り始めて2週間以内ですが、一時的な現象になります。

化粧水などの保湿で副作用を軽減できることが知られています。

 

殺菌作用はありませんので、初期の白ニキビに効果的です。

既に赤ニキビになっている場合には抗菌剤と一緒に処方されることがあります。

 

ディフェリンゲルは効果が出るまでの期間が長いという特徴があります。

おおよそ2か月ほどかかり、塗り始めたら最低でも三ヶ月間は様子を見る必要があります。

 

抗生物質ではないので、効果が出たらそのまま使い続ける事ができます。

使い続ける事でニキビの予防の効果もあります。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類4:ベピオゲル

ベピオゲル

引用元:巣鴨千石皮膚科

 

ベピオゲルは皮膚科で処方される塗り薬になります。

過酸化ベンゾイルという成分で作られています。

ニキビに対するアプローチは抗菌とピーリングでアクネ菌を抑制し、毛穴の詰まりを改善します。

抗生物質は入っていませんが、抗菌作用に優れていて、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビに効果を発揮します。

 

ピーリング作用により、毛穴の黒ずみといちご鼻の改善にも効果が期待できます。

 

ただしニキビ改善の効果を実感するまでに2,3か月の期間が必要です。

 

副作用や赤みやヒリヒリ感がある場合がありますが、長くても一か月ほどでおさまります。

ベピオゲルは塗るとピーリング作用により肌のバリア機能が低下するので外出する際には必ず日焼け止めを塗ってからになります。

また、低温で保管しなければならないので、冷蔵庫で保管しなければなりません。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類5:リンデロン

リンデロン

引用元:QLIFE

 

リンデロンは皮膚感染症や外傷時によく処方される塗り薬です。

実はニキビ治療にはあまり処方される事はありません。

 

成分はステロイドと抗生物質で構成されている塗り薬で、ステロイドは抗炎症の作用、抗生物質は殺菌作用。

アクネ菌が炎症を起こしている赤ニキビや膿を伴う黄ニキビに効果を発揮すると言われています。

 

では、なぜニキビ治療であまり処方されないのでしょうか?

 

それは、リンデロンに配合されている抗生物質ゲンダマイシンはアクネ菌に効果がないからです。

しかもステロイドの免疫低下の副作用でアクネ菌やブドウ球菌を増やす可能性もあるので悪循環だからです。

 

このようニキビ治療にはあまり良い影響はないので皮膚科では処方されることはあまりありません。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類6:ゲンタシン

ゲンタシン

引用元:ニキビラボ

ゲンタシンは抗生物質の抗菌外用剤です。

擦り傷、おでき、とびひ、赤ニキビなどの皮膚感染症の原因菌を殺菌して治療することができます。

ただし、細菌の炎症がまだない白ニキビには効果はありません。

 

ゲンタシンは基本的には擦り傷などの外傷の治療に処方される薬で、ニキビにはあまり処方されることはありません。

というのもゲンタシンはアクネ菌にピンポイントで効果を発揮するというものでもないからです。

どちらかと言えば、感染症の際に増殖する最近に対して効果を発揮するという感じです。

ニキビの治療にも使われないことはないのですが、あくまでも補助療法として少量処方される程度です。

 

ゲンタシンは副作用がほとんどなく、安全性の高い塗り薬ですが、効果もあまりないのが特徴です。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類7:ゼビアックスローション

ゼビアックスローション

引用元:ニキビラボ

ゼビアックスローションはニキビ治療薬としては比較的新しいものになります。

オゼノキサシンという抗生物質でできており、アクネ菌を強力に殺菌してくれます。

その効果はアクアチムクリームの数倍あると言われています。

塗り始めてから3か月ほどでニキビの数が半分になるという感じで効果を実感することができます。

 

ただし、ゼビアックスローション単独で3か月間もの長期間使用することはNGです。

なぜならゼビアックスローションに配合されているのはオゼノキサシンという抗生物質で、長期間使い続けると耐性菌が生まれてしまうからです。

ですので、一般的にはディフェリンと一緒に処方され、短期間で効果を得る事が出来るようにされます。

 

殺菌作用が強力なので赤ニキビの段階で処方されます。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類8:デュアックゲル

デュアックゲル

引用元:こころ皮膚科クリニック

 

デュアックゲルとは過酸化ベンゾイルとクリンダマイシン成分が入った塗り薬です。

ニキビガイドラインで治療に際し、強く推奨されています。

 

過酸化ベンゾイルのピーリング作用により毛穴の表面を削り、皮脂が詰まるのを防ぎます。

クリンダマイシンの抗菌作用により、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌してニキビができるのを防ぎます。

この2つの作用により、白ニキビ、赤ニキビに効果的で、臨床試験では赤ニキビを12週間で半減させた実績が認められています。

 

通常は12週以内に効果を実感することができますが、それ以上経っても改善が見られない場合にはすぐに医師に相談する必要があります。

なぜなら、耐性菌が生まれた可能性がありますし、診断や処方箋が間違っている可能性もあるからです。

 

ピーリング作用がありますので、塗っている間は肌のバリア機能が低下している状態なので、外出の際にはしっかりと紫外線対策をしないと肌がヒリヒリすることもあります。

高温に弱いので冷蔵庫とで保管しましょう。

 

皮膚科でもらうニキビ塗り薬の種類9:エピデュオゲル

エピデュオゲル

引用元:巣鴨千石皮膚科

エピデュオゲルはベピオゲルとディフェリンゲルの2つの成分で構成されている塗り薬です。

このどちらとも抗生物質は含まれていませんが、強力な殺菌作用とピーリング作用があります。

アクネ菌を殺菌し、ピーリング作用で毛穴の詰まりを改善してニキビを治療する方法になります。

殺菌作用とピーリングの2つの作用なので、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビに効果を発揮します。

 

抗生物質ではありませんので、長期間使用しても耐性菌が生まれる事はありませんので長期間使用することができます。

 

しかし、副作用が他の塗り薬よりも強いという報告もあります。

特にヒリヒリと痛む場合があり、痛みが強い場合にはすぐに使用をストップしなければなりません。

ヒリヒリ感がある場合には2週間ほどで痛みはなくなるそうです。

 

また、ピーリング作用によるバリア機能の低下により、紫外線に弱くなっているので、薬を塗っている場合には紫外線ケアをしっかりとして外出するようにしましょう。

 

【ニキビ 薬 絆創膏】予防やケア方法

絆創膏

 

ニキビの予防やケア方法1:抗炎症薬を塗る

ニキビはその色によって進行度合いが変わります。

白ニキビ⇒黒ニキビ⇒赤ニキビ⇒黄ニキビ

 

白ニキビでは中に皮脂が詰まっているだけで、まだ炎症などは引き起こしていません。

黒ニキビは皮脂や汚れが酸化している状態。

赤ニキビは皮脂にアクネ菌が反応して炎症を起こしている状態。

黄ニキビは炎症が発生して膿を伴っている状態。

 

白ニキビや黒ニキビではまだ炎症がありませんので、抗炎症薬を塗っても意味はありません。

抗炎症薬を使って効果的なのは赤ニキビ以降です。

 

赤ニキビが発生したらすぐに抗炎症薬を塗って黄ニキビになる前に治してしまいましょう。

黄ニキビは炎症がかなり進行していてニキビが治ったとしてもニキビ跡が残ってしまう可能性が高いので、ニキビは赤ニキビになるまでになんとか治療しておかなければなりません。

 

ニキビの予防やケア方法2:抗生物質を塗る

ニキビを短期的にキレイに治したいのであれば抗生物質を塗るのもとても有効な方法です。

ニキビを治す方法は大きく分けて二つあります。

一つ目は皮膚の表面を少し削って詰まっている毛穴を解消することでニキビを治す方法です。

二つ目はアクネ菌などのニキビの原因菌を殺菌してニキビを治す方法です。

 

一つ目の皮膚を削る方法はいわゆるピーリングといって、ニキビの初期である白ニキビや黒ニキビの段階には有効です。

二つ目のアクネ菌などの殺菌は抗生物質を用いる方法で、すでに炎症を引き起こしている赤ニキビの段階で有効です。

この二つの方法が逆になっても効果はありませんので、医師の診断とても重要になります。

ただし、白ニキビと赤ニキビが混合している場合がほとんどなので、多くの場合は二種類の薬を同時に処方されます。

 

⇒参考記事:ニキビ薬の効果的な塗り方

 

ニキビの予防やケア方法3:触らない、潰さない

ニキビができると、ついつい触りたくなってしまいますよね。

触ってしまうと皮が破れたり、菌が入ってしまうので触ったり破ったりするのはNGです。

NGだという事はわかっていますが、イライラしている時や不安な時には、ついつい気分を落ち着かせるために顔を触ってしまうものです。

あとは、寝ている間に無意識にニキビを掻きむしってしまう場合もあるでしょう。

ですので、ニキビができたら、寝ている間でも触らないようにしっかり我慢しましょう。

って、寝ている間はどうしようもありませんよね。

このようについ触ってしまうのを避けるために絆創膏があります。

薬をたっぷり塗って絆創膏を貼り、夜ぐっすり寝ると治りも早くなるのでおすすめです。

 

ニキビの予防やケア方法4:生活習慣を見直す

ニキビの予防やケアには生活習慣の見直しが大切です。

というのもニキビの原因は生活習慣が原因である場合が多いからです。

特に食事と睡眠ですね。

 

食事であれば暴飲暴食は避けて、栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

詳しい食事内容はここでは割愛しますが、スナック菓子やファストフードは一般的には肌には良くないと言われています。

特にファストフードには肌にとって大切なビタミンやミネラル類が極端に少ない事が理由です。

そして睡眠も大切です。

人間の肌はニキビができてもダメージを受けても自己修復することができます。

ただし、いつでも修復できるわけではありません。

人間は夜寝ている間に成長ホルモンを分泌して、身体の細胞を修復します。

つまり、寝不足だと細胞の修復ができずに、ずっと古い皮膚が残ってしまうのでニキビの改善ができません。

ですので、ニキビができやすい人は日ごろの終活習慣からしっかりと見直してみましょう。

 

ニキビの予防やケア方法5:正しいスキンケア

大人ニキビの原因の8割は肌の乾燥によって引き起こされると言われています。

肌の乾燥の原因の一つが間違ったスキンケアです。

間違ったスキンケアは主に洗顔時のケアに集中している事がわかっています。

 

皆さんニキビの原因は皮脂が多くて汚れが残っている事だと思っていませんか?

これは間違いではないのですが、極端な洗顔を行うことにより、逆効果になっています。

洗顔時にゴシゴシと皮膚を刺激するように擦ってはいけません。

また、皮脂をしっかりと洗い流そうと温度の熱いお湯で洗ってはいけません。

皮膚に必要な皮脂まで落ちてしまうからです。

必要な皮脂が落ちると、皮膚の水分は蒸発し放題になってしまうので危険です。

特に洗顔後は5分以内に蒸発を防ぐことをしないと乾燥肌になるリスクが高くなります。

洗顔後はすぐに化粧水で水分補給して乳液かクリームで蓋をして水分の蒸発を防ぎましょう。

 

ニキビの予防やケア方法6:皮膚科を受診

ニキビは進行するとニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。

特に黄ニキビになってしまうと、ニキビ跡は覚悟しておいた方がいいと言われています。

ですが、白ニキビや赤ニキビの段階だと、まだ自分で治せるような気がして市販のニキビ薬などでセルフケアできそうな気がしますよね?

これが落とし穴です。

赤ニキビから黄ニキビまですぐに進行してしまいます。

黄ニキビになってから皮膚科を受診してもニキビ跡にならないようにするのは難しいでしょう。

ですので、白ニキビができた段階からすぐに皮膚科を受診した方がいいです。

ニキビの初期段階で皮膚科を受診してすぐに治すとニキビ跡も残らずにツルツル肌を保つことができますよ。

一般的なニキビ治療は保険適用ですよ。

 

【ニキビ 薬 絆創膏】おすすめ種類

パッチ

 

おすすめの絆創膏1:ケアリーヴ

税込価格:889円

使用者の感想:あご下のニキビを早く治したくて薬剤師さんに相談したところ、おすすめされたので、ニキビが治った今も使っています。

ずっと何気なく使っていたのですが、最近ニチバンが作っているんだって知りました。

ケアリーヴを使ってよかったと思った点

  • 水に強い
  • 肌がふやけない
  • 関節に使っても問題なし
  • 剥がれない
  • 剥がしやすい
  • ベタつかない

私は手を使ってよく洗い物をする仕事なのですが、ずっと使っても全然肌がふやけません。

肌がふやけるとハンドクリームをすぐに使わなければならないので大変だったのですが、ケアリーヴを使うと全然楽になりました。

多分ですが、一日中お湯の中に浸けていてもしっかりと密着して剥がれる事はないと思います。

 

ケアリーヴの最新価格をチェック 

 

おすすめの絆創膏2:バンドエイド

税込価格:1,580円

使用者の感想:子供用で、ニキビをすぐに触ってしまうのでこちらを購入しました。

顔に貼るものなので大きさが色々ある方がいいと思っていたのですが、小さいのはジュニアサイズで広い範囲はワイドサイズで、色々なサイズがあるのでとても使いやすいです。

今までは安いものを使っていてすぐに剥がれたりしていたのですが、こちらに変えてから全然剥がれません。

顔を洗っても、お風呂に入っても全然剥がれません。

まだ子供は高校生なのでメイクができないので、肌の色と違いが大きいと最初は心配だったのですが、思ったよりも目立たないので助かっています。

値段はやっぱり少し高めですが、たぶん皮膚科で処方されるパッチよりもかなり安いと思いますのでこれでニキビが治ってくれれば安いものです。

 

バンドエイドの最新価格をチェック 

 

おすすめの絆創膏3:ネクスケアしっかり防水S

税込価格:282円

使用者の感想:赤ニキビと黄ニキビが混在しているニキビがあり、今までどんなにいい薬を塗ってもすぐ触って潰してしまうので病院からもパッチを処方してもらったのですが、すごく剥がれやすいのですぐになくなってしまい、市販でいいパッチを探して、いくつか試してみたのですが、どれもすぐに剥がれてしまって最終的にこのネクスケアで落ち着いています。

ネクスケアのいいところは水の侵入がほとんどなく、貼っている負担がほとんどないという事です。

普通のパッチだと剥がすと、中が白くなってふやけている場合が多いのですが、こちらは通気性がいいからだと思いますが、ほとんど貼る前と変わらないので、肌への負担がほとんどないのだと思います。

だからかはわかりませんが、ニキビの治りも早いです。

悪い点は剥がした後のノリが少し残る事です。

なるべくニキビに触りたくないので剥がすのはすごく大変です。

 

ネクスケアしっかり防水Sの最新価格をチェック 

 

おすすめの絆創膏4:キズパワーパッド

税込価格:640円

使用者の感想:結果から言うとニキビには使わない方が良かったと思いました。

キズパワーパッドは結構小さいし、貼っても色も目立たないし治りが早いというCMでもありましたので、ニキビに悪い事はないと思って、すごく高いのを頑張って買いました。

皮膚科の先生から薬は処方してもらっているのですが、自分で引っかいたり、触ったりしても大丈夫なように絆創膏も一緒に使った方がいいと言われたのがきっかけです。

ニキビの場所に薬を塗って、キズパワーパッドを上からかぶせるように貼ると、キズパワーパッド特有のプクッと膨れるのを確認しながら毎回使っていました。

一か月経ってもあまり治らず、通院日になって病院で先生に診てもらったところ、プクッと膨れているのはお薬を吸収しているらしく、あまり良くはないという事を聞いてすぐに別の絆創膏に切り替えました。

高いお金出して買ったのですごく後悔しています。

 

キズパワーパッドの最新価格をチェック

 

おすすめの絆創膏5:アクネスラボ

税込価格:506円

使用者の感想:皮膚科の先生に勧められて買いました。

病院でもパッチは処方されているらしいのですが、あまり良くないので市販のアクネスラボを勧められました。

先生がいうには、はがれにくいし、目立たないのは病院のものよりも良いという事でした。

あとは薬を吸収しない点と他の薬が入っていない点がいいという事でした。

こちらを購入する前までは薬を塗ってそのまま寝ていたのでクリームが枕についてしまい、変なにおいがするので洗濯しても臭いが取れなかったりでとにかく面倒でした。

こちらを使い始めてからは枕にクリームが付くことはなくなりました。

また、マスクで擦れないのでとてもいい感じです。

ただし、大きめのニキビは貼っても剥がれやすいので、その点は改善してほしいと思いました。

 

アクネスラボの最新価格をチェック

 

【ニキビ 薬 絆創膏】まとめ

ニキビ薬と絆創膏をまとめると、

ニキビの治りは絆創膏次第

間違った絆創膏を選んでしまうとニキビが治らないだけでなく、かえってひどくなってしまう事もあります。

特に安い絆創膏は止めておいた方がいいでしょう。

ニキビは触るのはNGなので、何か貼って保護する必要がありますが、剥がれやすかったり、通気性の悪いものを使ってしまうとかえってひどくなる場合があります。

ただし、高いものならいいかという事でもありません。

というのも高いものはせっかく塗った薬剤を吸収してしまうものもありますし、すでに何らかの薬を含んでいるものもあります。

ですので、絆創膏を選ぶ際には通気性と剥がれにくさ、絆創膏はプレーンのものを選ぶといいでしょう。

 

シズカゲルでニキビ跡が消えるのか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました