オールインワンジェルランキング/30代のおすすめ化粧品はプチプラ

オールインワンジェルランキング30代 エイジングケア

30代のオールインワンジェルランキング/おすすめの理由

オールインワンジェルランキング30代

 

30代肌の特徴

30代になると今までになかったような肌の特徴が出てきます。

今までよりもいい事はなく、悪い内容ばかりになってしまいます。

例えば今までは何ともなかったのに、突然乾燥しやすくなったりとか、顎のあたりに大人ニキビができやすくなってきたり、シミやくすみが増えてきたりもします。

30代になると皮脂が過剰に分泌されたり、角質硬化といった問題が起きやすくなり、肌悩みが増えてしまいます。

そこで、ひとつひとつ肌悩みに合ったコスメをあれもこれもと手を出した結果、逆効果になってしまう人もいます。

まず、コスメを沢山増やした結果、肌に不要の負担が増えるという問題は間違いなく発生します。

そのコスメを使うたびに肌に触って摩擦が発生しますので、肌にはかなりの負担となってしまいます。

また、30代や子育てや仕事などでも忙しくて時間が無いので、朝なるべく時短したいという人がほとんどです。

オールインワンジェルだと一つで手間もかからず短時間で済むので時短にもなりますし、摩擦も減るので続けやすい事が人気の理由の一つです。

 

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルのメリットはいくつもありますが、その中でも主だったものを紹介します。

まずは、水分と油分が同時に補える事です。

通常、水分と油分は同時に補えることはできないので、最初に化粧水を塗ってから、そこから徐々に油分の入っている美容液、乳液、クリームの順番に肌に入れていきます。

ですが、一つ一つ肌に浸透させてからだと、かなりの時間が必要になってしまいます。

オールインワンジェルは水分と油分が同時に補えるようになっているので、一度塗ると両方しっかりと補うことができますので、時短になります。

また、毎日たくさんのコスメを使っていると、忙しい時にはおろそかになってしまい、いつの間にか朝の基礎化粧が続かなくなってしまう事もあります。

その点オールインワンは一度塗るとすぐに完了できるのでとても便利で続けやすいというメリットがあります。

 

30代のオールインワンジェルおすすめ化粧品ランキング/選び方

オールインワンジェルランキング30代

 

保湿成分が入っているもの

30代になるととにかく保湿が重要になってきます。

今まで何も使っていなくても肌は何の問題もなかったのに、ある冬、ふと肌が突っ張っているのに気づき、触ってみるとカサカサしていた。

こんな感じで自分の肌の乾燥を気づく人は少なくありません。

これをそのままにしておくと、その乾燥している部分にダメージが集中してシワやシミが、まずはその部分から出来始めます。

一度できてしまったらそこからの改善は大変なので、できれば乾燥に気づいた時点でケアしておく必要があります。

肌が少しでも乾燥していると感じたのであれば、保湿成分が入ったオールインワンジェルを探すところから始めましょう。

オールインワンジェルには必ずといっていいほど何らかの保湿成分が入っていますので、探すのは難しくはありません。

 

ヒアルロン酸

保湿成分の一つにヒアルロン酸があります。

ヒアルロン酸は1gあたり6リットルもの水分を保持することができるという保水成分です。

この成分があるから私たちの肌は潤って細胞を生かすことができますし、皮膚を守ることもできます。

ヒアルロン酸は私たちの体内で作ることができます。

ただし、年齢と共に作られる量が減っていき、私たちの肌は水分を保持できる量が減ってしまいます。

水分が減ると乾燥しやすくなってしまうという問題が発生します。

そんな時には外から補充して肌を乾燥しにくくして、肌のバリア機能をしっかりと保持して色々なダメージから守る必要があります。

ヒアルロン酸が入っているオールインワンジェルは、乾燥しやすくなった肌にとって最適の保湿成分です。

 

コラーゲン

肌を保湿する成分の一つにコラーゲンがあります。

コラーゲンと言えば、手羽先や豚足や魚などに多く含まれている、煮込むとプルプルとゼリー状になる成分です。

この成分は私たちの肌を支える働きの他にもヒアルロン酸やセラミドなどをしっかりと動かないように固定して保持する働きがあります。

つまり、コラーゲンが多いとヒアルロン酸を保持できる量も増え、水分も増えるという事です。

逆にコラーゲンが減ると水分を保持しておける量が減ってしまいます。

コラーゲンは私たちの肌でも作られていますが、年齢と共に減ってしまいます。

ですので、外から補充する必要がありますが、通常のコラーゲンでは分子量が大きすぎて肌に浸透させることができません。

ですので、加水分解コラーゲンと言って、小さく浸透しやすい形にしたコラーゲンが配合されているオールインワンジェルがおすすめです。

 

セラミド

肌の保湿を保つ成分としてセラミドがあります。

セラミドは建築物で例えるとセメントのような役割です。

様々な鉄筋やレンガといった大きな物質の間を埋めて固定して隙間をなくして外からの外敵を防ぐ役割があります。

つまり、セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸といった物質の間を埋めて肌のバリア機能を正常に保つ働きをしています。

このセラミドも年齢と共に減るので、肌のバリア機能に問題が出てきます。

セラミドが減ると肌のバリア機能に隙間ができてしまい、その隙間から紫外線や摩擦の刺激などがダイレクトに皮膚の奥に伝わり、ダメージが大きくなってしまいます。

また、バリア機能の隙間から肌の水分が蒸発していくので乾燥肌の原因にもなってしまいます。

そんな場合にはセラミドを補充できるオールインワンジェルがおすすめです。

 

グリセリン

肌の保湿を充実させる成分の一つにグリセリンがあります。

グリセリンはアルコールの一種で、保湿作用のある成分として主に利用されています。

また、グリセリンは最も歴史が古い保湿剤でもあります。

昔の人は肌の乾燥を防ぐためにグリセリンを塗って保湿していたという歴史もあります。

そんなグリセリンですが、保湿成分としてはとても優秀です。

まずは皮膚にある水分の蒸発を防ぐ働きで、肌の乾燥を防ぎます。

また、外の湿気を吸収して皮膚に与える吸湿機能もありますので、肌に潤いを与える事もできます。

グリセリンは一般的には赤ちゃんの肌にも使えるくらい安全性の高いものですが、その濃度や品質によっては肌に刺激を与える事もありますので、少し注意が必要です。

 

トレハロース

トレハロースとはキノコや酵母などに含まれている保湿成分です。

例えばシイタケのトレハロースが一番有名なのですが、通常、何か野菜や大根などを干してカラカラになった状態のものを再度水に浸けると、少しふやけるくらいで元の形状には戻りませんよね。

しかし、トレハロースを含んでいるシイタケなどはカラカラに乾燥させても水に浸けると完全に近い形で元の形に戻ります。

これがトレハロースの保水機能です。

このトレハロースが含まれるオールインワンジェルを使うと、皮膚の水分が乾燥しにくくなるだけでなく、少しの量の水分でも肌につけることで、しっかりと沢山の水分を保持することができるようになります。

今まで使った事が無ければ一度試してみる事をお勧めします。

 

乾燥やシワの肌悩みに合っている成分が配合されているもの

オールインワンジェルの基本的な機能は保湿機能です。

まずは保湿機能が充実しているものを選ぶのが一番大切です。

それができれば次は肌悩みに合った成分が配合されているものを選びましょう。

大きく分けてシワかシミの悩みですが、シワの悩みを解決できる成分はレチノールやEGFやプラセンタなどです。

肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、その部分に活性酸素が発生します。

活性酸素は皮膚を支えているコラーゲンを分解してしまうので皮膚を支えておく力が無くなり、シワやたるみの原因になってしまいます。

また、年齢と共にコラーゲンの生成量も減ってしまうので、シワができやすくなってしまうのです。

そんな時にはシワを改善する成分が入っているオールインワンジェルを使うと効果的にシワを改善することができます。

 

レチノール

レチノールは別名をビタミンAと言います。

美肌にとってビタミンは本当に大切で、しっかりと摂っておく必要があります。

私たちの肌は年齢を重ねるとコラーゲンが作られる量が減るので、自然とシワやたるみの悩みが増えてきます。

また、ストレスや摩擦などで活性酸素が多く発生する人はそれだけ他の人よりもコラーゲンが壊れやすく、シワが多いという特徴があります。

そんな時にはレチノールの入ったオールインワンジェルを塗ることで二つの効果を得る事ができます。

一つ目は活性酸素によりコラーゲンが分解されるのを防ぐことができます。

もう一つはコラーゲン生成をサポートする効果があります。

この二つの作用で、コラーゲンを増やし、シワやたるみを改善することができます。

 

シミやくすみの肌悩みに合っている成分が配合されているもの

オールインワンジェルには保湿成分の他にもシミやくすみを改善する効果のある成分が入っているものもあります。

シミができてしまったり、くすみやニキビ跡などが気になっているのであれば、シミ改善成分が入っているものを使いましょう。

シミ改善成分のアプローチは二つあります。

一つはシミの原因であるメラニンを作らせない肌質にするもの。

もう一つはシミの色を薄くして改善するもの。

このように、シミ改善成分は二つのアプローチでシミを改善します。

また、その効果も厚労省によりシミが改善する効果があるとして認められている成分が二十種類以上あります。

ですので、シミ改善はシミ改善有効成分が入っているものを選ぶだけでほぼ失敗なくオールインワンジェルを選ぶことができます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCは美肌にとって欠かせない成分だと言われています。

特に美白効果に関しては他の成分をはるかに超えるシミへの作用があるので、ビタミンCの入ったコスメは効果の実感を得やすいという評価があります。

ビタミンCのシミに対するアプローチは二つもあります。

まず、私たちの肌は太陽の紫外線を浴びてしまうと皮膚細胞を守ろうと大量のメラニンを生成します。

これがシミの主な原因です。

しかし、ビタミンCを使うと紫外線を浴びてもメラニンが作られにくくなるので、シミの予防をすることができます。

もう一つがすでにあるシミの改善です。

すでにあるシミの色素を還元してシミの色を薄くして目立たなくするという効果もあります。

このように、ビタミンCにはシミの予防と改善に役立つ効果が認められています。

また、壊れやすいビタミンCをコーティングして壊れにくく、効果を得やすいようにしたのが、ビタミンC誘導体になります。

 

トラネキサム酸

美白効果でとても有名な成分の一つがトラネキサム酸です。

トラネキサム酸は紫外線を浴びても、メラニンの生成を阻害する作用で、シミができるのを予防することができます。

つまり、紫外線が肌に当たっても数時間以内にトラネキサム酸を塗ればシミができにくくなるという事です。

このようなシミへの予防効果により、美白有効成分として認められている成分です。

ただ、もう一つ重要な効果があります。

それは、肝斑に対する効果です。

肝斑は女性ホルモンの乱れによって発生する大きくて濃いシミなのですが、紫外線や摩擦などとは関係性が低いので、従来の方法では改善効果が無かったのですが、トラネキサム酸を服用することにより、肝斑を改善する効果があることがわかり、一躍有名な美白有効成分になりました。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスという美白有効成分があります。

プラセンタとは、胎盤の事で、植物や動物の胎盤から抽出される成分です。

コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促して肌のターンオーバーを促進させる働きで、すでにあるシミを体外に排出させる効果があるので、シミ改善に役立ちます。

また、ストレスや紫外線、摩擦などで発生した活性酸素によってメラニンが生成されてシミの原因になってしまいます。

活性酸素は殺菌効果などがあり、少しだと身体にとって良い影響を与えるのですが、多すぎると血管を硬くしたり、シミの原因になったりもするのでプラセンタエキスといった成分の強力な抗酸化作用が役立ちます。

このようにプラセンタエキスの美白効果はとても有効で、オールインワンジェルでもプラセンタエキスの入っているものは効果を実感しやすいようです。

 

使い心地

オールインワンジェルはとても手軽に使うことができるので、毎日続けることが簡単だと言われています。

確かに今までいくつもの化粧水や美容液を使っていて、そこからオールインワンジェルに変えたのであれば、その便利さを実感することができると思いますが、やはり毎日使い続けるのは簡単ではありません。

オールインワンジェルの保湿効果やシワ、シミ改善効果は毎日使い続ける事で数か月後にやっと効果を実感できるかできないかというものになります。

ですので、使い続ける事がとても重要なのです。

では、使い続けるためにどうすればいいのか?

それは、『また使いたい』と思わせてくれるようなものを使う事です。

それができなければ、最低限ストレスにならないようなものを使う事です。

例えば香りや容器などは使い心地にとても大きく影響します。

他にもテクスチャも使い心地に大きく影響するので、覚えておきましょう。

 

ウォーターインタイプ

オールインワンジェルに限らず、夏に基礎化粧品やお化粧することは冬に比べて大変ですよね。

少しでも汗をかくと化粧がよれたり、しっかりと乗らなかったりと夏の化粧は問題が多いようです。

また、ベタベタしやすいのでストレスになってしまう事もあります。

そんな時に効果的なのがウォーターインタイプのオールインワンジェルです。

ウォーターインのパウダーは良く聞きますが、オールインワンジェルにもこのタイプがあります。

ウォーターインのタイプは塗ると汗が気化した時のような涼しくなる効果のあるものです。

メントールとは違い、刺激が少ないのが特徴です。

特に汗をかきやすい人は一度ウォーターインタイプのオールインワンジェルを使ってみてはいかがでしょうか。

 

ポンプタイプ

使いやすいオールインワンジェルを選ぶ際にポイントとなるのが容器です。

オールインワンジェルに使われている容器は大きく三種類あります。

一つ目はジャータイプと言って、上の蓋をひねって開け閉めするタイプで、オールインワンジェルでは最も多い容器のタイプでもあります。

スパチュラなどを使ってすくい取って使うのが一般的です。

ただし、空気が触れる面積が大きいので、衛生面では少し不安が残ります。

二つ目はチューブタイプです。

片手で絞れる歯磨き粉と同じような容器なので便利です。

三つ目はポンプタイプです。

シャンプーやボディソープと同じようにヘッドを押して一回分の適量がでるタイプです。

このポンプタイプが一番便利で衛生的です。

ただし、オールインワンジェルにはあまり使われていないですが、一部ではこの容器もありますのでチェックしてみましょう。

 

30代のオールインワンジェルおすすめ化粧品ランキング/正しい使い方と注意点

オールインワンジェルランキング30代

 

具体的な使い方や順番

オールインワンジェルの使い方は簡単です。

他の基礎化粧品のように色々順番を考えなくてもいいですし、間違った塗り方というのも特にありません。

最も効果のある使い方と言われているのが、

  • 手のひらで温める
  • 全体に馴染ませる
  • ハンドプレスで浸透

このような順番で使用すると肌に馴染みやすく、効果も実感しやすいと言われています。

特に、冬場に使用する際には、しっかりと体温に近い温度まで上げてから塗ることで肌への馴染み方が全く違ってくるという声が多くあります。

また、乾燥しやすい頬や目元口元などは重ね付けをしなければなりません。

さらに、春先の紫外線が強い季節は特にオールインワンジェルを塗った後には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

30代のオールインワンジェルおすすめ化粧品のプチプラランキング

オールインワンジェルランキング30代

 

パーフェクトワンモイスチャージェル

商品名 パーフェクトワン モイスチャージェル
メーカー名 新日本製薬
容量 75g
価格 4,180円
使用方法 洗顔後
有効成分 複合型コラーゲン

こちらは複数のコラーゲンが配合されているオールインワンジェルです。
コラーゲンはそのままでは分子量が大きすぎて皮膚に浸透することはできないのですが、さまざまな大きさに加工することで肌の奥まで浸透することができる物や、肌の中ほどでとどまってバリア機能を強化するものなど、コラーゲンをその大きさによってさまざまな働きをすることができます。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まずは保湿力が少し足りないと不満を持っている声がいくつか見られました。
また、ハリ回復効果に関しては、シワなどが改善されると明らかに実感したという声もほとんどありませんでしたので、シワ効果に関しては数ヶ月は使用続ける事が大切なようです。

 

わらびはだ

商品名 わらびはだ
メーカー名 チュラコス
容量 30g
価格 4,980円
使用方法 洗顔後
有効成分 EGF

こちらはEGFはプラセンタが配合されているオールインワンジェルです。
EGFやプラセンタは肌のハリ回復などにとても役に立つ成分です。
私たちの肌は紫外線や摩擦で活性酸素が発生してしまいます。
この活性酸素が肌のコラーゲンを分解して、肌の弾力を弱めてシワを作り出してしまいます。
しかし、EGFやプラセンタは活性酸素の働きを無害化し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進してくれる働きがあります。
ですのでわらびはだはシワ改善に役に立つのです。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
かなりの人はイボを取る目的で購入していました。
肌のハリ回復に関しての効果ですが、すぐに効果は実感できなかったものの、毛穴が目立たなくなったなどの好転反応はしっかりと実感できているようでした。

 

ナチュラルエレメンツ バラシングゲル

商品名 バランシングゲル
メーカー名 株式会社スピカズ
容量 150g
価格 5,500円
使用方法 洗顔後
有効成分 ヒト型セラミド

こちらはヒト型セラミドが配合されているオールインワンジェルです。
セラミドは私たちの肌のバリア機能の一番根本になる成分です。
コラーゲンやヒアルロン酸などのセラミドがしっかりとつなぎとめてくれます。
しかし、セラミドも年齢と共に減少してしまいますので、その減った部分は紫外線や摩擦のダメージを直接受けてしまうので、その部分だけさらに乾燥が進んでしまいます。
ですので、セラミドが減ってきたら外から補う必要があります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
保湿力は乾燥肌の人が使っても全く問題なく使えるのですが、テクスチャがちょっとベタつきが強くて好き嫌いが分かれるような感じがありましたので、一度試してから購入した方がいいかもしれませんね。

 

ネイチャーコンク薬用 モイスチャーゲル

商品名 薬用 クリアモイスト ジェルクリーム
メーカー名 株式会社 ナリス化粧品
容量 100g
価格 1,078円
使用方法 洗顔後
有効成分 プラセンタエキス

こちらはプラセンタエキスが配合されているオールインワンジェルになります。
プラセンタエキスは植物や動物の胎盤から抽出される成分で、美は効果が高い成分として知られています。
私たちの肌は紫外線や摩擦を受けるとメラニンが作り出されます。
このメラニンがシミの原因になってしまうのですが、プラセンタエキスの成分が紫外線を浴びてもメラニンの生成を阻害する作用により、シミ予防の効果があります。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、使い心地ですが、塗ってもべたつかずにスッと馴染むので使っていて気持ちいいという意見が大半でした。
また、保湿効果に関しても乾燥肌の人が使っても十分に満足できる保湿力だったようです。

 

リンクルジェルクリームN

商品名 なめらか本舗 リンクルジェルクリーム N
メーカー名 サナ
容量 100g
価格 1,650円
使用方法 洗顔後
有効成分 レチノール

こちらはレチノールが配合されているオールインワンジェルになります。
私たちの肌はコラーゲンによって支えられています。
ただし、年齢と共にコラーゲンを作り出す量が減ってきますので、肌を支える力も弱っていきます。
肌を支える力が弱ってくるとシワやたるみが増えてしまいます。
そこで登場するのがレチノールです。
レチノールは肌を支えているコラーゲンの生成を促す働きがありますので、肌の弾力やハリを改善する効果があります。
実際に使っている人の口コミをチェックすると、
まずは保湿力ですが、乾燥肌の人が使っても乾燥することなくしっかりと保湿されていたと高評価でしたが、ハリ回復の効果については、劇的に回復したといった改善の喜びの声はあまり見られませんでした。

 

30代のオールインワンジェルおすすめ化粧品のランキングまとめ

30代のオールインワンジェルおすすめ化粧品ランキングをまとめると、

30代の初めての基礎化粧品はオールインワンジェルで十分

30代というのはとにかく忙しい時期だと言われています。

子育てや仕事でも、朝はとにかく自分に使える時間が少ないようです。

そんな時にあれこれ色々使って時間をかけるよりもオールインワンジェルでササっと済ませるのは一番効率の良い方法です。

オールインワンジェル一つでは、ちょっと不足する気がするという意見がありますが、そういった人はもうちょっと上の40代や50代の人の意見です。

30代ではオールインワンジェルでしっかりと保湿もできるし、さまざまな肌悩みも解決することができます。

本格的にシワやシミをケアするのはせめて40代になってからでも全然大丈夫です。

 

 

⇒参考記事:オールインワンジェル ランキング 50代

 

⇒参考記事:60代 オールインワン 化粧品

 

⇒参考記事:オールインワンジェル ランキング 40代

コメント

タイトルとURLをコピーしました