シズカゲルの副作用や効果の画像/市販でもシミとれる?

シズカゲルでかゆみなどの副作用は?

 

美白化粧品って刺激の強い成分が使われているってイメージがありませんか?

肌の奥にあるメラニンを分解したり、合成を防いだりするので通常よりも強めの成分が使われているような感覚はありますよね。

実際に美白化粧品を使用して症状が軽いものでは、肌にかゆみや赤みがでたりなどの肌荒れが発生したという副作用の事例もあります。

しかし、美白化粧品であるはずのシズカゲルにはそういった副作用の問題は全くと言っていいほど確認できません。

実はシズカゲルには従来、美白化粧品で当然のように使用されていた成分が使われていません。

その代わりに別の安全性の高い成分などを使用している事が副作用の問題を発生させない理由です。

こちらではシズカゲルがなぜ副作用の心配がないのかを成分データなどを根拠に紹介しています。

特にゆらぎ肌やドライスキンなど、肌の弱い人はぜひ参考にしてみましょう。

 

シズカゲルのアルブチンの安全性データ

安全

 

シズカゲルに含まれているアルブチンは肌に安全な美白成分として配合されています。

従来であれば、すこし肌に危険のあるものを使用するのが一般的なのですが、シズカゲルでは危険性のない事が確認された成分を配合しています。

アルブチンは過去に安全性を確認したデータがありますので信頼性が高い成分です。

 

  • 10%以下の濃度のアルブチンをヒトの皮膚に使用したところ、非刺激性であることが明らかになった。
  • 傷ついたウサギの皮膚に10%以下の濃度のアルブチンを使用した結果、刺激性を示さなかったため、ウサギの皮膚に対して10%濃度までは非刺激性であるとみなされた。

 

このようにヒトや動物での実験データでは10%以下の濃度のアルブチンでは刺激がない事が確認されているので、今まで美白化粧品を敬遠していた人でも安心して使用することができます。

 

シズカゲルのグリチルリチン酸ジカリウムの安全性データ

カンゾウ

 

シズカゲルが安全だという根拠の一つはグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている事です。

その効能は『強い抗炎症作用』になります。

グリチルリチン酸ジカリウムはカタカナばかりで、ものすごい化学成分であるようなイメージがありますが、実は天然由来の成分であることはあまり知られていません。

甘草(カンゾウ)という植物はご存じでしょうか?

よく、お茶や漢方の材料として使用されている天然の植物になります。

この成分は、この植物から作られる成分です。

化学合成ではなく、天然由来の成分なので肌への馴染みも良く、刺激のない成分になります。

肌に刺激がなく、炎症を抑える効果が強いため、歯磨き粉などにも良く入っているのを見かけます。

また、ほぼすべての敏感肌用の化粧品には配合されている極めて安全性の高い成分です。

 

シズカゲルのグリチルリチン酸ジカリウムはかゆみをケアしてくれるという報告

かゆみ

使ってみてかゆみを感じる場合は、何かが反応しているという証拠です。

これはコスメに危険性のない成分が使われている場合であっても、アレルギーかもしれないからです。

過敏反応は自分が知らないうちにでている場合がありますので、全てを把握するのは難しいです。

そんな時にシズカゲルにも配合されている抗炎症作用成分がいい仕事をします。

この成分は強い抗炎症作用がありますので、かゆみなど炎症が発生している部分の問題を抑える働きがあります。

かゆみを抑える軟膏や目薬などにはほとんど配合されていますが、これは、グリチルリチン酸ジカリウムがかゆみを鎮めてくれる働きによるものです。

ですので、シズカゲルの成分の中でなにか一つの成分にアレルギー反応が起きたとしてもグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、かゆみも炎症も抑えてくれるので安心です。

 

シズカゲルの副作用成分とは

 

詳しい量は表示がありませんが、成分表の左上から量が多い順に並んでいると言われています。

成分表の左上には看板成分以外にアルニカエキスや米糠成分などが多く配合されており、こちらに入っている成分は自然由来のオーガニックをメインに配合されている事が良くわかります。

つまり、肌に刺激を与えにくい副作用の少ない天然成分を多く含んでいるので、それだけで安全性が高い事がわかります。

 

シズカゲルを副作用なく安心して使う方法

シズカゲルは安全性の高い成分を使用しているという事はわかりましたが、それだけでは十分ではありません。

どんなに肌に刺激のない成分を使用しているとしても、完全な安心はありません。

というのも、過敏症という問題があります。

一般的にアレルギー反応を起こす可能性が低い成分というものがありますが、それでも1万人や10万人に一人という事であれば、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

どんなに良い化粧品であっても、どんなにシミに効果のあるオールインワンであっても、アレルギー反応で赤みがでたり、かゆみで肌荒れを起こしてしまっては意味がありません。

安全性の高いと言われているシズカゲルを使っても、必ず安全という方法があります。

それは、顔に塗る前にパッチテストを行う事です。

 

まずはパッチテストをやっておくと安心

パッチテスト

 

どんなに安全と言われている化粧品でも自分にとって完全に安全とは言い切れません。

なぜならアレルギー反応を引き起こす成分というのは人それぞれ違うからです。

特に敏感肌や混合肌と言われている人は特にアレルギー反応が起きやすいと言われています。

購入してすぐに使ってみたいのはわかりますが、先に顔に使ってしまい、アレルギー反応が起きてしまうと取り返しのつかないことにも鳴りかねませんので、まずはテストを行ってから使うことをお勧めします。

 

①肘の裏側をよく洗い、水分をキレイに拭き取ります

②肘の裏側にシズカゲルを500円玉大くらいの大きさで塗ります

③塗ったところに問題がなければ朝晩同じように塗ります

④これらを3日間続けて問題なければテストは合格です

 

ただ、一般的にはこんなに長い期間をかけてパッチテストする人はほとんどいません。

厳密に行うのであれば、上記の方法がベストですが、通常は肘の裏側に少し塗って30分ほど赤みやかゆみがなければOKと判断する人が多いようです。

 

シズカゲルが副作用もなく敏感肌でも安全な理由

美白系の化粧品は危険性が高いと言われている理由をご存じでしょうか?

特に美白効果が強いと言われている化粧品ほど危険性が高いと言われています。

海外産の強力なものを使ったあとに肌が白くまだらになってしまう『白斑』という副作用が出てしまった人もいます。

人間の肌というものは一度できてしまったシミは肌の自然なターンオーバーを待たないと、除去できるものではありません。

ターンオーバーを利用せずにシミを消すとなると、それは漂白剤と同じ効果のあるものを使うことになります。

人間の肌に漂白剤を使ったらどうなるかは火を見るより明らかです。

このように美白化粧品には危険な成分が配合されているものもあります。

ですので、美白化粧品を探すポイントは危険な成分が入っていないかどうかを見極めるのが大きなポイントです。

美白化粧品で危険な成分というのは『ハイドロキノン』という成分です。

 

シズカゲルはハイドロキノンではなくアルブチンを使っている

 

シズカゲルに配合されている美白成分はハイドロキノンではありません。

これからできるシミを予防するにはアルブチンのしみを防ぐ効果が有効です。

新しいシミさえできるのを防いでいれば、後は人間の肌の自然なターンオーバーを待つだけで、すでに出来てしまったシミも落とすことができます。

すでにできてしまったシミを早く落とすにはハイドロキノンが有効です。

ハイドロキノンはペンキを落とす剥離剤と同じような構成の成分が使用されており、すでに出来てしまったシミを漂白して白くする効果があります。

ただし、その強力な効果の裏には発がん性や肌に強い刺激を与えるなどの副作用があります。

シズカゲルは強い副作用のあるハイドロキノンを使用していないところが安全性が高いと言われているポイントです。

 

皮膚科医と共同開発

シズカゲル 皮膚科医

 

シズカゲルはアメリカマンハッタンにあるバーンスティーンメディカルという皮膚科病院の皮膚科医との共同開発で生まれました。

アメリカ人と日本人の皮膚は違うのに、シズカゲルは日本人の肌に優しく効果的なのは不思議ですよね。

実はこの皮膚科医と結婚した奥さんというのが日本人のエステティシャンなのです。

日本人のエステティシャンは日本人の肌に精通しているので、どんな成分が日本人の肌に合わないのか、またどんな成分が合うのかなどを知っています。

このように、アメリカ人の皮膚科医と日本人のエステティシャンが共同開発した化粧品なので、日本人の肌に合う優しい美白オールインワンが生まれたのです。

特に界面活性剤を使用せずに替わりにラメラモイスト処方で水分と油分の乳化に成功しているのはシズカゲルの大きな研究成果であり、特徴です。

 

界面活性剤を使用せずラメラモイスト処方なので安全

シズカゲル ラメラモイスト

 

界面活性剤というのは洗剤から化粧品まで様々な商品に配合されています。

水分と油分を乳化させる事ができるので、肌だけでなく色々な物への浸透力をアップさせるには今では必要不可欠なものになりつつあります。

使い勝手のいい成分なのですが、刺激が強いという弱点もあります。

界面活性剤により肌荒れやかぶれの原因になったり、皮膚から浸透することで肝臓へ負担を与え、肝臓障害を引き起こす場合もあります。

また、他の化学物質と反応することで、発がん性物質を生成することも知られています。

界面活性剤というのは一種類だけでなく、様々な種類のものがありますので、毒性は弱いものから強いものまでありますが、共通するのは、どの界面活性剤も決して人体に安全なものではないという事です。

このような理由で、このコスメにはいかなる界面活性剤も含まれていません。

替わりに、新技術によって乳化させる方法を採用しています。

このように、少しでも安全性に不安のある界面活性剤でさえ使用していないというシズカゲルは安全性に相当力を入れているという証明でもあります。

 

7つのフリーを実現

シズカゲル 7つのフリー

 

シズカゲルを使いはじめたら1日2回使い続けなければなりません。

毎日のことなので少しでも肌に副作用のある危険性のある成分があれば、たとえそれがわずかでも毎日の積み重ねで取り返しのつかない事にもなりかねません。

ですので、シズカゲルでは少しでも肌に刺激を与えそうな成分を片っ端から排除しています。

一般的な化粧品に使用されているけれどもシズカゲルでは配合していない成分は以下になります。

  • パラベン
  • アルコール
  • 合成香料 など

これら一般的な化粧品にはあるものを、全て排除しています。

毎日使うものは少しでも副作用があるものが含まれていると、その時には何も影響が場合でも、長い間使用していると蓄積で、ある時突然出てくる場合があるので、日ごろから気を付けておく必要があります。

 

シズカゲルの副作用についてのまとめ

アベンヌ 赤ちゃん

 

シズカゲルは副作用がなく、そういった危険性についての報告がない事で知られています。

このようにシズカゲルの副作用がない理由についてまとめてみると、

少しでも刺激を与えそうな成分は片っ端から排除している

というのも、美白化粧品に一般的に使用されているハイドロキノンを使用せずに、アルブチンという少し美白効果は落ちますが、完全に安全な成分をしているところからもわかります。

また、コスメには必ずと言っていいほど入っている刺激物質は入っていません。

そこは最新技術であるラメラモイスト処方という方法で、水分と油分を乳化し、浸透力は他の化粧品に比べて落としていません。

また、万が一アレルギー反応があった場合には、グリチルリチン酸ジカリウムでかゆみや肌荒れなどを鎮めるという徹底して安全性を追求しています。

しかし、ここまで安全性を追求しても100%安全という化粧品はありません。

もし、これでも心配であれば、先にパッチテストを行うと100%の安全性を確保することができます。

 

 

 

⇒関連記事:シズカゲルの口コミ

 

⇒参考記事:オールインワンジェルのおすすめ

タイトルとURLをコピーしました