シズカゲルとニベア 使い方の効果と嘘について

シズカゲルとニベア/青缶の美白成分

ニベア青缶

 

シズカゲルを使用する目的で一番多いのは美白です。

最近、SNSなどでシズカゲルとニベア青缶を一緒に使うと美白効果がさらにアップするといった噂があります。

この噂は本当なのか嘘なのか、成分をチェックすればすぐにわかります。

シズカゲルは美白に特化した成分で作られているので、美白効果はあります。

問題なのはニベア青缶の成分です。

まずはニベアの成分を紹介します。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

引用元:花王ニベアクリーム

以上がニベアに含まれている全成分です。

左上から配合量が多い順に並んでいますので、右下はほとんど量が入っていないという事になります。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリンなどは美肌に対しての効果効能などはほとんどありません。

あまり耳馴染みのない水添ポリイソブテンから美白効果など、どういった効果効能があるのかをチェックしてみました。

 

 

シズカゲルの最新キャンペーンをチェック

 

ニベアに含まれる水添ポリイソブテン成分

水添ポリイソブテンとは化学合成で作られた液状油になります。

皮脂に存在するスクワランに似た感触ですが、分子量が大きいために肌には浸透されません。

油性成分で皮膜力が高いので洗い流しにくいという特徴があります。

危険性は特にない成分ですが、洗い流すのにエネルギーが通常よりも必要になるため、結果としてたるみやシワの原因になる場合があります。

水添ポリイソブテンが最も使用されているものは口紅やリップグロスです。

密着性を高めてツヤを出す効果があるため、この成分が入っていると口紅が落ちにくく、ツヤ感がアップするからです。

美白効果に関してはありませんが、オイル成分なので逆に紫外線を吸収しやすくするので逆効果になります。

 

ニベアに含まれるシクロメチコン成分

シクロメチコンはサラサラしたテクスチャーが大きな特徴です。

コーティングや艶だし効果があり、シャンプーやトリートメントにも使われていますし、化粧品だったら化粧崩れ防止のために含まれている場合があります。

安全性も非常に高く、紫外線や油分水分による変質もないので安定性が高く汎用性があります。

サラサラ感が強く、ベタつきがほとんどありませんので、化粧品やシャンプーなどに使用するとほこりやごみなどの付着を防ぐ役割もあります。

シクロメチコンの主な効果としては、乾燥肌を防いだり、化粧崩れの防止、肌の保護などありますが、美白に関しては特に効果は認められていません。

シクロメチコンを塗っても美白にとって特に効果はありませんが、反対に逆効果も特にありませんので、美白にとっては毒にも薬にもならないという内容です。

 

ニベアに含まれるマイクロクリスタリンワックス成分

マイクロクリスタリンワックスが化粧品に含まれる場合には粘性調整の意味があります。

化粧品で『よく伸びる』というのはマイクロクリスタリンワックス成分が含まれている可能性が高いです。

また、低温になると固まり、ボロボロになる化粧品が多いのですが、この成分が含まれるとボロボロになるのを防ぐ効果もあります。

こちらも口紅やクリームに使用されている例が多く、テクスチャーをよくするといった効果があります。

油分と水分の分離を防ぐので、保湿効果を加えたい場合にも役に立つ成分です。

さて、美白効果に関しましてマイクロクリスタリンワックス成分は特に役立つものではありません。

ただし、美白に対して悪い影響を与えるものでもありませんので、美白にとっては関係ないと言えるでしょう。

 

ニベアに含まれるラノリンアルコール成分

ラノリンアルコールとは脂肪酸とアルコールが結合してできる混合物です。

水分の吸収性が良く、乳化性に優れているので皮膚とのなじみが良く、化粧品や口紅などに配合されている場合が多いようです。

また、皮膚科で処方される軟膏の中にも含まれることが多い成分です。

美白には効果も逆効果もありませんので美白効果とは関係ありません。

ただし、ラノリンアルコールには重大な問題があります。

それは、肌荒れの危険性があるという事です。

この成分が含まれている化粧品を塗った部分に赤いぶつぶつや水疱などが発生したという報告があります。

これはラノリンのアレルギー反応だと言われています。

ですので、ニベアのようにラノリンが含まれている成分の化粧品を使用する前には必ずパッチテストを行ってから本格使用することをお勧めします。

 

ニベアに含まれるパラフィン成分

パラフィンは鉱物油とも言われ、化粧品の中に含まれているとあまりいいイメージはありませんよね。

ただし、鉱物油はベビーオイルにも含まれている成分で、安全性は実は高い成分なのです。

ただし、口に入れると発がん性物質になるので、おすすめはできませんが、医療分野では今でも多く使われているものです。

このように、医学的には塗っても危険性はありませんが、洗っても落ちにくいため刺激が多く、シワやシミの原因になる場合もあります。

パラフィンが化粧品に含まれている意味は、塗ると皮膚の表面に薄い膜を張って水分の蒸発を防いでくれるので口紅やクリームなど多くの化粧品に配合されています。

美白効果についてですが、パラフィンには美白効果は特に期待することはできません。

 

ニベアに含まれるスクワラン成分

スクワランとはほとんどの化粧品に含まれている美肌成分です。

主に肌のバリア機能を強化するための成分です。

これと似た名前のものでスクワレンという成分があります。

スクワレンというのは私たちの皮脂に5%ほど含まれる成分で、肌の乾燥を防いだり、ゴミや紫外線から肌を守るバリア機能として大きな役割を発揮します。

ですが、25歳くらいから急激に分泌が減るので、自然と肌のバリア機能も失われます。

また、スクワレンは酸化しやすいのでそのままでは化粧品として使うことが難しいものでした。

このスクワレンに水素を加えて酸化しにくくしたものがスクワランになります。

スクワランはスクワレンと同じく肌のバリア機能を強化する効果があります。

また、安全性も高い事が大きな特徴です。

しかし、美白効果はありません。

 

ニベアに含まれるホホバ油成分

ホホバオイルというのは最近良く聞く成分ですが、どんなものでしょうか?

まずホホバ油のホホバというのはアメリカやメキシコ原産のホホバという植物のことです。

ホホバオイルはこのホホバの実をすり潰して抽出した油のことです。

人間の皮脂と似た構造をしているので肌なじみが良く、皮膚の表面に薄い膜を作り、肌の水分蒸発を防ぎます。

アメリカでは古くからスキンケアや傷の治療に使われてきました。

ホホバ油は水分蒸発を防ぐスキンケアには効果的ですが、美白効果は認められていません。

また、ホホバオイルは酸化しにくいという特徴があるので、そのまま化粧品に配合しやすいという特徴もあります。

抗酸化作用が強いので、肌に塗る習慣をつけておくと、シワやシミの予防になるともいわれている基礎化粧品としてポテンシャルの高い成分です。

 

ニベアに含まれるオレイン酸デシル成分

オレイン酸デシルとはオレイン酸とデシルアルコールを合成してできた成分です。

その特徴とは

  • 肌になじみやすい
  • 保湿力が高い
  • 優れた浸透力

このような特徴があることから、肌の水分の蒸発を防ぐ成分として化粧品に配合されている場合が多いようです。

オレイン酸というのは脂肪酸なので肌に刺激を与えたり、毒性がある成分ではないので、様々な基礎化粧品にも使用されている汎用的な成分です。

また、オレイン酸デシルは保湿力については効果が認められていますが、シミ予防などの美白効果については効果が認められていない成分です。

実はオレイン酸は人の皮脂の41%を占める成分なので、非常に人の肌に親和性が高く、なじみが良いのはこのためです。

 

シズカゲルとニベア/シミにいい?

シズカゲル 効果

 

シズカゲルはシミに足しての予防効果やすでに出来てしまったシミを消すなどの改善効果があることが期待されていますが、ニベアはどうなのでしょうか?

ニベアの全成分を先ほど紹介しましたが、皮膚に膜を張って水分の蒸発を防ぐ効果があるようですが、シミや美白に関しては、そういった成分は一切入っていないのでシミには特に効果を発揮できるものではなさそうです。

もともとシズカゲルとニベアは使い方自体も異なっています。

シズカゲルはオールインワンとして保湿や美白効果が期待できるものです。

ニベアは油分が多く、保湿力に優れているので、パックとして使用したりすると効果的ですが、美白効果は期待できません。

口コミではシズカゲルとニベアを一緒に使うと美白効果が凄いなどと言っている内容があるようですが、ニベアには美白効果のある成分は一切入っていないことから、ニベア自体を塗ると白くなるので、この現象を『美白効果がある』と言っているのではないでしょうか。

 

シズカゲルとニベア/混ぜるとどうなる?

シズカゲル ニベア 混ぜる

 

シズカゲルとニベアを混ぜたりして併用する使い方はあまりおすすめできません。

まず、根本的に違うのは、シズカゲルは顔につける化粧品なのに対してニベアは体に塗る物です。

ニベアは繊細である顔の皮膚に向けて設計されていないので、肌の弱い人や敏感肌の人が顔に使ってしまうといつも以上にベタついてしまったり、ニキビができやすくなるのはまちがいありません。

また、シズカゲルはデパコス級の成分を使っているのにニベアはプチプラの代表格のようなものなので、せっかくのシズカゲルの高級成分をニベアで台無しにしてしまう可能性だってあります。

ですので、シズカゲルとニベアを一緒に併用する使い方というのはできれば避けた方が良いと思います。

 

シズカゲルとニベア/効果

シズカゲル

 

シズカゲルとニベアを一緒に使ってもシミに対する効果は上がらないという事がわかりました。

それはニベアには美白成分が入っていないからです。

では、保湿に対する効果はどうなのでしょうか?

ニベアには油性成分が多く、それ自体には水分は少ないですが、肌にある水分が蒸発するのを防ぐという効果があります。

ただし、油性のため、二つほど大きな弱点があります。

まず、一度塗ると洗い流すのが大変だという事です。

しっかりとクレンジングを使って落とさないとヌルヌルして水だけでは落ちませんので肌に余計な負担をかけてしまい、シミやシワにとっては決して良くはありません。

そして二つ目はニベアの油性成分は紫外線を吸収しやすい構造なので、ニベアを塗る前に日焼け止めをしっかり塗らないとシミができやすくなるという大きなデメリットがあります。

つまり、シズカゲルとニベアを一緒に使うと美白効果にとってマイナス効果になってしまうという事です。

保湿に関してはシズカゲルの後にニベアを塗るよりも、先に化粧水を塗ってからシズカゲルを使用するという方法の方が効果的です。

もしくは乾燥が気になる部分にはシズカゲルを重ね付けするなどの方法がおすすめです。

使用する化粧水ですが、ハトムギ化粧水などが口コミでは人気ですが、先にハトムギ化粧水を塗ってからシズカゲルでも肌の水分量を増やすには相当効果的です。

 

シズカゲルとニベア/まとめ

シズカゲルとニベアを併用する使用方法についてまとめると

美白の相乗効果は期待できない

という事だと思います。

つまり、シズカゲルとニベアを一緒に使っても相乗効果でシミ美白効果がアップすることはありません。

なぜならニベアには美白に効果的な成分が一切含まれていないからです。

ですので、シズカゲルに美白効果を求めている人であれば、ニベアを一緒に使用する意味はありません。

ただ、ニベアはそのほとんどが油分で、ほとんど口紅などと同じような成分なので紫外線を普段よりも吸収する構造です。

ですので、ニベアを塗ると美白効果どころか日焼け効果がアップするという結果にもなりかねませんので注意が必要です。

ただ、ニベアには肌にすでにある水分の蒸発を防ぐという効果はありますので、乾燥肌で悩んでいる人などは使ってみてもいいとは思いますが、一度塗ると落とすのが大変なので個人的にはおすすめはできません。

 

⇒参考記事:シズカゲル 口コミ

 

⇒関連記事:オールインワンジェル

 

 

タイトルとURLをコピーしました