【全身美白】全身美白の方法は?美白ボディクリームランキング

全身美白 未分類
  1. 全身美白の方法/体の美白はどうすればいい?
    1. 全身美白の方法1・美白に効果的なサプリメント
    2. 全身美白の方法2・美白に効果的なドリンク
    3. 全身美白の方法3・ボディローション
    4. 全身美白の方法4・ボディミルク
    5. 全身美白の方法5・ボディクリーム
    6. 全身美白の方法6・美白効果のある日焼け止め
  2. 全身美白効果を高めるコツ/美白ボディケアの選び方
    1. 全身美白効果を高めるコツ1・バランスの良い食事
    2. 全身美白効果を高めるコツ2・質の良い睡眠
    3. 全身美白ボディケアの選び方1・インナーケアも同時に行う
    4. 全身美白ボディケアの選び方2・美白有効成分配合のものを選ぶ
    5. 全身美白ボディケアの選び方3・高保湿のものを選ぶ
    6. 全身美白ボディケアの選び方4・続けやすいテクスチャー、香りのものを選ぶ
  3. 【美白ボディクリーム】全身美白におすすめのボディクリームランキング
    1. 薬用ボディ・ピンク/ドクターシーラボ
    2. 薬用ホワイトコンク ウォータリークリームⅡ/マナーコスメチックス
    3. ピューレパール/ウィズコスメ
  4. 【美白ボディミルク】全身美白におすすめのボディミルクランキング
    1. ボディミルク ホワイトフローラル /モイスト・ダイアン
    2. ホワイトニングボディミルク/アルビオン
    3. ボディミルク美白&エイジングケア/ファンケル
  5. 【美白サプリメント】全身美白におすすめのサプリメント
    1. ヘリオホワイト/ロート製薬
    2. ピュアホワイト/資生堂
    3. ホワイトフォース/ファンケル
  6. 【美白ドリンク】全身美白におすすめのドリンク
    1. ヒアルモイスト発酵液/日清食品
    2. ホワイトショットインナーロックリキッドIX/ポーラ
    3. ピュアコラーゲン10000/アスタリフト
  7. 全身美白の方法まとめ

全身美白の方法/体の美白はどうすればいい?

全身美白

 

全身美白の方法1・美白に効果的なサプリメント

全身を美白しようと思うと一番効率的な方法がサプリメントです。

食事やサプリメントで摂れる栄養の中には紫外線のダメージを減らしたり、メラニン生成を防いだり、すでにあるシミを薄くしたりする効果があるものもあります。

これら美白のサプリメントを毎日継続して摂ることにより、シミができにくい体質を作ることができます。

最近では日焼け止めのサプリメントが発売されたりもして、塗るよりも便利だという声もあります。

美白効果は肌のターンオーバーの周期にもよりますが、おおよそ2,3か月は継続しないと実感することができないと言われています。

ですので、食事やサプリメントなどで継続して摂ることで全身の美白を行うことができるので、続けやすいものを選ぶのもポイントです。

 

全身美白の方法2・美白に効果的なドリンク

美白に効果的なのはサプリ以外にもドリンクタイプがあります。

これはもう好みなのですが、サプリを毎日飲むのが面倒で、忘れやすい、味がある方がいいという人はドリンクタイプを選ぶ人が多いようです。

ただ、イメージ的にサプリよりもドリンクの方が値段が高いということがあります。

また、飲んだ後もゴミがでるので、処理が少し面倒という面があります。

ただし、ドリンクの場合には、サプリとは違って、水が必要ないというメリットがあります。

ゴミが出る事や料金面で気にならないのであれば、ドリンクもいいかもしれません。

また、ドリンクの場合には味が美味しいものが多いという事もあります。

液体の状態なので、味を色々と調整することが可能で、売り上げも味が大いに関係するのでメーカーとしては美味しく作ろうと開発を頑張ります。

 

全身美白の方法3・ボディローション

全身美白の方法の一つにボディーローションという方法があります。

ローション、いわゆる化粧水ですね。

肌は乾燥すると様々な刺激に対して弱くなります。

肌にはもともとバリア機能と言って服との摩擦や紫外線といった刺激から肌を守る働きがあります。

ただし、このバリア機能が作動しているのは肌がしっかりと潤っている時だけです。

肌が乾燥しているとバリア機能が弱くなって、さまざまな刺激に対して肌を守ることができなくなってしまいます。

そこで登場するのがボディローションです。

ボディローションを塗ると水分が肌に浸透して潤いを与える事ができます。

肌が潤うとバリア機能が回復して様々な刺激から肌を守ることができるようになります。

 

全身美白の方法4・ボディミルク

美白は保湿からとはよく言われます。

保湿ができていないと美白は実現しないという事です。

肌の水分が減少すると肌のバリア機能が弱くなり、少しの紫外線でもシミができやすくなってしまいます。

また、ターンオーバーが乱れて、すでにあるシミの改善も難しくなってしまうことになります。

肌を保湿する為にはサプリや食事、ローションなど様々な方法がありますが、実はこれらだけでは、肌に水分を補給することはできても乾燥を防ぐことはできません。

乾燥を防ぐには一定程度の油分が必要です。

つまり、水分を含んだ皮膚はそのままにしておくと皮膚の水分は自然と蒸発してしまい、乾燥してしまうのです。

ところが、油分を少し含むボディミルクなどを塗ると、水分の蒸発が止まり、乾燥を防ぐことができます。

 

全身美白の方法5・ボディクリーム

肌の美白には保湿が非常に重要です。

肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなりますし、ターンオーバーもうまくいきません。

ですので、肌の保湿は美白の基本中の基本です。

肌に化粧水を使って水分補給をしても蓋をしなければ意味がありませんので、ボディミルクなどで肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐことで保湿が完成します。

ただし、時にボディミルクを塗っても肌が乾燥してしまうと感じる事があります。

主に極端な乾燥肌であるか、冬など乾燥しやすい季節に多くみられる現象です。

ボディミルクを塗っても乾燥を感じてしまう場合にはボディクリームを検討してみましょう。

ボディクリームは油分がさらに多く含まれているものなので肌の乾燥をしっかりと防いでくれます。

また、美白成分の入っているものもありますので、色々チェックしてみましょう。

 

全身美白の方法6・美白効果のある日焼け止め

日焼け止めを塗って外出するのであれば、美白効果が入っているものがいいにきまってますよね。

昔は紫外線を防ぐのに精いっぱいだったので、こういった商品はありませんでしたが、最近になって、このような便利な美白コスメが多数発売されるようになっています。

美白効果には色々ありますので、それぞれどんな効果があるのかを事前にチェックしておきましょう。

例えばトラネキサム酸などは紫外線を受けてもメラニンを作らせない効果がありますので、すでに紫外線を浴びてしまった後などに、シミを作らせないシミ予防として使うといいでしょう。

他にはビタミンC誘導体の入ったものもあります。

ビタミンC誘導体が入ったものはメラニンを作らせないという効果もありますが、もうひとつすでにあるシミを色素還元して薄くさせるという効能もあります。

日焼け止めを塗れば塗るほど美白効果を得られるっていいですね。

 

全身美白効果を高めるコツ/美白ボディケアの選び方

全身美白

 

全身美白効果を高めるコツ1・バランスの良い食事

全身を美白しようと思ったら一番簡単なのは食事の内容から見直す事です。

美白コスメやスキンケアなどを全身使っていてはとても手間がかかりますし、費用も相当な額が必要になってしまいます。

であれば、毎日の食生活を見直すことで、手間も費用も抑えて美白効果を得る事ができます。

まずはバランスの良い食事を心がけましょう。

小さいころはバランスの良い食事を摂るように親から言われてきました。

ハンバーガーなどのファストフードやラーメンや外食ばかりはバランスの良い食事とは言えません。

肌にとってとても大切な栄養というのはビタミン類やミネラルです。

実はファストフードなどにはこういったビタミンやミネラルといった栄養はほとんど入っていません。

なので、バランスの良い食事を摂ることはとても重要なのです。

 

ビタミンAの美白効果

ビタミンAは美白効果があると言われています。

ビタミンAはいろいろな食材に含まれていて、例えばレバーやうなぎなどに多く含まれています。

こちらの成分は抗酸化作用に優れていて、この抗酸化作用が美白効果につながっています。

私たちの体は酸素を取り込むことで生きる事ができますが、その酸素が一部活性化して身体に色々な害をもたらす場合があります。

例えば血管を硬くしたり、メラニンを作り出すことも酸素が活性化した活性酸素が引き起こすデメリットです。

このような活性酸素を無害化するのがビタミンAです。

ビタミンAで活性酸素を無害化することでメラニンを作らせず、シミの予防になります。

ただし、摂りすぎると体に大量にためておくことができるので、腹痛などの副作用が起きる事があります。

 

ビタミンCの美白効果

ビタミンCは美白にとって最も優秀な栄養素といっても過言ではありません。

メラニンの生成を抑えるだけでなく、すでに出来てしまったメラニン色素を薄くする還元作用という効果もあります。

このように、ビタミンCは直接メラニンやシミに効くので美白効果が高いのです。

しかし、弱点もあります。

それはそのまま皮膚に塗っても浸透できないという事です。

最近ではビタミンC誘導体などビタミンCにコーティングすることによって浸透しやすくしたものもありますが、多少肌に刺激を感じる人もいるようです。

また、服用した場合、一日に吸収できる量が決まっているので、一定量を超えてしまうと体外に排出されてしまうので、体内にためておくことができません。

なので、毎日継続して摂り続ける事が必要です。

 

ビタミンEの美白効果

ビタミンEには抗酸化作用と血行促進作用があります。

直接シミやメラニンに作用するわけではありませんが、間接的に美白効果を得る事ができます。

抗酸化作用ですが、こちらはビタミンAと同じく活性酸素を無害化して活性酸素により作られるメラニンを防ぐことができます。

また、血行促進作用により滞っていたターンオーバーを正常にする作用もあります。

特にターンオーバーを正常にすることは効果が大きいと言われています。

私たちが若いころは紫外線を沢山浴びてもシミになることはありませんでしたが、年齢と共に少しの紫外線を浴びただけでもすぐにシミができてしまうのは、このターンオーバーが大きく関係しています。

ビタミンEでターンオーバーを正常化させることは、若いころのような紫外線を浴びてもシミができにくくする効果があります。

 

全身美白効果を高めるコツ2・質の良い睡眠

美白には質の良い睡眠が必要だという事はご存じでしょうか?

睡眠時間が長い人と睡眠時間の短い人の肌質を比べてみると一目瞭然です。

また、睡眠時間が短い女優さんは今までいませんでした。

これらには理由があります。

ダメージを受けた肌を回復させるには成長ホルモンがかならず必要になります。

この成長ホルモンは常に分泌されるわけではありません。

実は私たちが寝ている間にしか分泌されないホルモンなのです。

この成長ホルモンが分泌されている間はダメージを受けた肌を回復させることができます。

例えば紫外線を受けてダメージを受けてもメラニンが作られることなく皮膚の状態を回復させることもできます。

このように、美白効果と質の良い睡眠は関係が深いのです。

 

全身美白ボディケアの選び方1・インナーケアも同時に行う

全身美白のボディケアを本気でやろうと思ったらかなり大変です。

全身にスキンケアを施しますので、顔とは違って数倍面積が増えます。

面積が増えるとその分、使用するコスメの量も増えますよね。

例えば顔に1万円のスキンケアをすでに使っていて、同じものを全身に使おうとすると10倍の10万円くらいは必要になってくるのではないでしょうか。

このように、本気でスキンケア用品を使って全身美白ボディケアをやろうとすると、資金面や時間、手間といった面で挫折しやすいのが現実です。

ですので、全身美白ボディケアの場合には、インナーケアに比重を置いて対策すると効果的です。

インナーケアとはサプリメントやドリンクなどを使って、身体の中からボディケアを行うという方法です。

費用や手間の面からみても安く効率よく行うことができるのが特徴です。

 

サプリメントやドリンクなどのインナーケアを継続して行う

美白のインナーケアを行うのであれば、継続してできる物を探しましょう。

特にインナーケアの場合には、塗るよりも時間が必要になる場合が多く、また、継続しないと効果を実感できないものがほどんどです。

まず、選ぶ際にはインナーケアを行う成分が入っているかどうかです。

シワにはシワ対策の成分、シミにはシミ対策の成分がありますので、それらが入っているのかをまずは確認しておきましょう。

そして、サプリメントの場合には1日に飲む回数と飲む量です。

よくあるのが、一回につき10粒以上飲まなければならないものもあり、このような少しでもストレスを感じるようなサプリメントは継続して飲み続けるのがかなり難しいので、選ばない方がいいでしょう。

また、粒の大きさや味なども継続する際に重要なポイントですので、最初はサンプル品などで試しておくのが良いでしょう。

 

全身美白ボディケアの選び方2・美白有効成分配合のものを選ぶ

美白ボディケアを行うのであれば、サプリでもスキンケアであろうと、美白有効成分が入っているものを選ぶと効果的です。

美白有効成分は20種類ほどありますが、他の成分と何か違うのかというと、厚生労働省が一定程度の効果を認めているものなので、美白有効成分はそれなりに効果が認められているという事です。

ですので、少しでも美白有効成分が入っているものを選んで、毎日続けているといつの間にか美白実感ができたというのが理想です。

ですので、続けれるものを選ぶのがとても重要です。

例えば少しでも肌に塗ってヒリヒリと感じる物は避けておいた方が無難です。

サプリであれば、味や粒の大きさなど飲みやすいのを選ぶと続けられるでしょう。

 

医薬部外品とは?

医薬部外品とは肌のトラブルの予防ができる効果があると認められている有効成分が配合されているものを指します。

効果があると認められているというのは、厚生労働省に認められているという事です。

医薬部外品として販売することができる条件の一つに濃度があります。

一般的に有効成分は他の成分と比べて価値があり、その分コストも高いですので、メーカーとしては量を多く入れるとコストが高くなるという問題があるのですが、医薬部外品として販売する為には濃度も一定以上の量が入っていないと医薬部外品として販売することができません。

他にも指定されている工場での生産など色々な条件をすべてクリアしないと医薬部外品として扱うことができません。

 

美白有効成分とは?

美白有効成分とは、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを抑える効果が厚生労働省に認められている成分です。

実はこれだけではありません。

美白有効成分にはもう二種類存在しています。

それは、

メラニンを還元するもの と メラニンの排出を促すもの

です。

メラニンの生成を抑える美白有効成分とはこれからできるかもしれないメラニンやシミを防ぐためなので、あくまでも予防の美白効果です。

しかしメラニンを還元するものとメラニンの排出を促すものに関しては

すでにあるものを改善する作用なので、改善の美白効果です。

このように美白有効成分には3種類あります。

自分の肌にはどの美白有効成分が必要なのかを予め検討しておくと選びやすいですよ。

 

全身美白ボディケアの選び方3・高保湿のものを選ぶ

美白の基本は保湿からともいわれている通り、保湿は最も基本的な美白ケアの方法です。

もし、肌が乾燥しているのであれば、その部分は肌のバリア機能が低下している状態で、紫外線の影響を受けやすくなっています。

つまり、少量の紫外線を浴びただけですぐにシミができてしまうことになってしまいます。

また、保湿が足りていないと肌のターンオーバーも遅れがちになり、今までメラニンの段階で体外に排出されていたものが、ターンオーバーが遅れている事で、そのまま肌に留まってシミになってしまう事もあります。

このように、肌が乾燥している状態ではどんな美白コスメも意味がありません。

美白を目指そうと思っているのであれば、まずは高保湿のものを選ぶことが最も大切です。

 

保湿成分・ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは水をそのまま保っておくための成分です。

せっかくの水分も保存するための容器がないと保っておくことができませんよね。

ヒアルロン酸は水を保存しておくための容器ともいえるものです。

粘り気が強く、目の角膜や関節液に含まれており、潤滑油としての作用もあります。

1gで6リットルもの水分を保つことができる成分で、私たちの皮膚でも作られていますが、年齢と共に作られる量が減ってしまうので、水分を保つ量が減ってしまいます。

ですので、外から補充する必要があります。

保湿コスメにはヒアルロン酸が含まれているものが多く、選ぶのにはそれほど手間はかかりませんが、分子量の大きさが色々入っているものを選ぶと効果が出やすいようです。

 

保湿成分・セラミドについて

人間などの生物はもともと水中で生活していました。

ですので、陸上で生活するにあたり、肌が乾燥してしまっては生きられません。

そのために肌の乾燥を防ぎ、紫外線などから肌を守るために肌のバリア機能を持つことに成功しました。

この肌のバリア機能の中心成分がセラミドです。

セラミドが沢山ある状態であれば、強い紫外線を浴びても、強い刺激を受けてもメラニンを作る必要がなく、シミができる事もありません。

しかし、セラミドが少なくスカスカの状態であれば紫外線も影響も直接肌の奥まで届いてしまいますし、刺激にも弱くなってしまいます。

セラミドも年齢によって減ってきますので、外から補う必要があります。

セラミドが沢山入っている保湿成分のあるコスメを探してみると保湿効果が高く効果的でしょう。

 

保湿成分・コラーゲンについて

コラーゲンとは細胞と細胞をつなぐ役割で弾力を生み出す成分です。

肌の弾力が保たれることによって肌のハリやたるみ防止に役に立っています。

コラーゲンは人間だけでなく、動物や魚などにも含まれています。

身近なところで言えばにこごりです。

ゼラチンの原料にもなっている成分です。

コラーゲンが不足することで肌の弾力がなくなり、シワなどが増えるということもあります。

コラーゲンも年齢と共に減少していきますので、外から補充することが必要です。

コラーゲンを補充する時にはビタミンCと一緒に摂ると効果的です。

ビタミンCが不足するとコラーゲンが再合成されないので、一緒に摂るようにしましょう。

たんぱく質の一種なので、コラーゲンを摂らなくても体内で合成されますが、やはり年齢と共に減少するので、要注意の成分です。

 

保湿成分・植物オイル(ホホバオイル、ココナッツオイルなど)について

植物性オイルには抗酸化作用が強いのが特徴です。

オイルなので皮膚の水分が蒸発するのを防ぐことができます。

例えばホホバオイルの抗酸化作用は皮膚が酸化してメラニンやシミやシワが発生するのを防ぐ効果もあります。

また、血行促進作用により今まで滞っていた肌のターンオーバーを促進させる作用にも優れています。

さらに、殺菌作用もあります。

皮膚にはアクネ菌などニキビの原因になるような悪性の菌も存在していますが、そのような悪性の菌に対して殺菌作用が働いてニキビや肌荒れを防ぐ作用もあります。

また、天然由来成分であるために肌に対して刺激が少なく、敏感肌でも安心して使えるというのも植物性オイルのメリットであると考えられています。

 

全身美白ボディケアの選び方4・続けやすいテクスチャー、香りのものを選ぶ

美白ボディケアを選ぶ重要なポイントは続けやすさです。

美白なので短くとも数ヶ月以上は継続して使い続ける事が必要です。

継続して使い続けるためには少しでもストレスを感じる物は選ばないことが重要です。

例えばテクスチャーです。

高保湿のものは粘度が高いものが多く、ベタつき感が気になる人には継続するのが難しいと思われます。

ですので、ベタつき感がストレスに感じるのであれば、別のサラサラタイプを選ぶようにしましょう。

最初は我慢できても数週間後は続けていない可能性が高いです。

そして、次に香りです。

一番多い間違いが、自分の好きな香りを選ぶという事です。

自分が好きな香りなので続きそうですが、実は途中で飽きてしまって嫌になってしまうことが多いのです。

一番長続きしやすいのは、無臭のものです。

 

【美白ボディクリーム】全身美白におすすめのボディクリームランキング

全身美白

 

薬用ボディ・ピンク/ドクターシーラボ

商品名 薬用ボディ・ピンク
メーカー名 株式会社ドクターシーラボ
容量 50g
価格 4,180円
使用方法 バストトップやビキニラインに塗る
美白有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド

こちらは全身に使用できる美白クリームです。
膝やひじ、バストトップやワキ、ビキニラインなど黒ずみが目立つところに塗るとだんだんと黒ずみが無くなってくるという商品になります。
美白有効成分としてL-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されている美白クリームです。
こちらはビタミンC誘導体ともいわれている成分で、すでにある黒ずみを還元して薄くする作用が認められているものです。
ただし、肌には少し刺激が強いと敬遠される場合もあるようです。
実際に使用している方の口コミをチェックしみると、使用者のほぼ全員が色がしっかり抜けたと効果を実感できているようです。
そして刺激に関してはどの人も特に指摘していなかったので、問題なく使用できているようです。

 

薬用ホワイトコンク ウォータリークリームⅡ/マナーコスメチックス

商品名 薬用ホワイトコンク ウォータリークリームⅡ
メーカー名 株式会社マーナーコスメチックス
容量 90g
価格 990円
使用方法 気になる部分に馴染ませる
美白有効成分 水溶性プラセンタエキス

こちらは気になる部分に馴染ませて色を抜く美白クリームです。
有効成分として水溶性プラセンタが配合されています。
水溶性プラセンタの効能としてはターンオーバーを促進させたり、メラニンの生成を防いだりといった内容です。
実際に使用してみた方の口コミをチェックしてみると使い心地、つまり塗った感じや塗り心地に関してはとても満足度が高いコスメだと感じました。
高保湿のわりに塗るとサラサラになる感じが人気を集めているようです。
香りは柑橘系のグレープフルーツのような香りで、嫌な印象を持っている人はいませんでした。
効果に関しては、何となく白くなってきた感じがするといった少しあいまいな実感を持っている人が多いようでした。

 

ピューレパール/ウィズコスメ

商品名 ピューレパール
メーカー名 株式会社ハーバーリンクスジャパン
容量 60g
価格 8,360円
使用方法 黒ずみなど気になるところへ塗りこむ
美白有効成分 水溶性プラセンタエキス

こちらは水溶性プラセンタが美白有効成分として配合されている美白ケア用品です。
水溶性プラセンタと言えば、美白効果が認められているものですが、具体的には肌のターンオーバーを促進してメラニンの生成を抑えるというものです。
黒ずみの予防だけでなくすでにある黒ずみを薄くする効果もあります。
予防効果はありますので、新しく黒ずみはできにくくなります。
これに加えて肌のターンオーバーを促進するので、すでにあるメラニンを体外に排出するのでシミの色はどんどん薄くなる方向へ向かいます。
実際に使ってみた人の口コミをチェックしてみると、美白効果を実感している人はあまりいませんでした。
何となく白くなっていると感じる程度で劇的な変化は期待できないようです。

 

【美白ボディミルク】全身美白におすすめのボディミルクランキング

全身美白

 

ボディミルク ホワイトフローラル /モイスト・ダイアン

商品名 ボディミルク ホワイトフローラル
メーカー名 株式会社ネイチャーラボ
容量 250ml
価格 637円
使用方法 黒ずみなど気になるところへ塗りこむ
美白有効成分 プラセンタエキス

こちらはプラセンタエキス配合の美白乳液です。
1本250mlの大容量なのに千円以下という他にはないコスパの良さが大きな特徴です。
プラセンタエキスはターンオーバーを促進させて、すでにあるシミを薄くする効果があります。
また、メラニンの生成を抑えるので、刺激が多い部分でもメラニンを作らせない体質になることも可能です。
実際に使用してみた方の口コミをチェックしてみると、まず、保湿力は少し頼りないといった感想が多いようです。
美白効果もそれほど明確に変化がわかるような感想は特にありませんでした。
コスパはとても優秀ですが、効果もそれほど期待している人もいないからでしょうが、悪い印象を持っている人もほとんどいませんでした。

 

ホワイトニングボディミルク/アルビオン

商品名 ホワイトニング ボディミルク
メーカー名 株式会社アルビオン
容量 300g
価格 6,600円
使用方法 身体全体に馴染ませる
美白有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド

こちらはL-アスコルビン酸 2-グルコシドが美白有効成分として配合されているコスメです。
この成分はビタミンC誘導体とも呼ばれることが多く、メラニンの生成を抑えて黒ずみを防ぐ働きだけでなく、すでにある黒ずみの色を薄くさせる作用もあります。
こちら料金はお高めですが、実際に使用している人の口コミをチェックしてみると、やはり価格が高いのでバシャバシャと贅沢に全身に使う事は難しいという意見が大半のようです。
特に多い内容としては、香りがすごくいいというものでした。
香りが好きでこちらの商品を購入しているという人もいるほどです。
美白効果に関してはあまり効果を実感できたという人はいませんでしたが、肌のトーンが少し明るくなったといった声はありました。

 

ボディミルク美白&エイジングケア/ファンケル

商品名 ボディミルク美白&エイジングケア
メーカー名 株式会社ファンケル
容量 150g
価格 1,320円
使用方法 お風呂上りに使用
美白有効成分 トラネキサム酸

こちらはトラネキサム酸が入っているボディミルクです。
トラネキサム酸は美白有効成分として認められている成分で、メラニンの生成を抑えて黒ずみができにくい体質にすることができます。
実際に使用している方の口コミをチェックしてみると、とにかくテクスチャに関しては高評価がかなり多い印象でした。
塗るとサラサラで全然べたつかないのにしっかりと保湿されている感じで、スマッシュヒットと絶賛している声もありました。
美白効果に関しては、それほど劇的に変化したという人の声を見つける事はできませんでしたが、効果はなかったなどのネガティブな声もありませんでしたので、長期で使用していれば効果は実感できている人がいるのかもしれません。

 

【美白サプリメント】全身美白におすすめのサプリメント

全身美白

 

ヘリオホワイト/ロート製薬

商品名 ヘリオホワイト
メーカー名 ロート製薬株式会社
容量 24粒
価格 2,592円
使用方法 1日2粒
美白有効成分 ポリポディウム・レウコトモスエキス末

こちらはポリポディウム・レウコトモスエキス末という美白成分が配合されている美白サプリです。
ポリポディウム・レウコトモスエキス末は日本ではまだ医薬品とも医薬部外品とも認められてはいませんが、海外ではすでに沢山の実績がある美白成分です。
日本でも一部メーカーから飲む日焼け止めとして発売されています。
このように紫外線を浴びてもメラニンが作られにくいという作用があり、美白効果が期待できる成分です。
実際に飲んでいる人の口コミをチェックしてみると、錠剤ですが、大きさは小さめで飲みやすい形状であると高評価でした。
ただし、肝心の効果に関しては内服の錠剤なのでなかなか劇的な効果を感じるのは難しいようで、明確には効果を実感できている人はほとんどいませんでした。

 

ピュアホワイト/資生堂

商品名 ピュアホワイト
メーカー名 株式会社 資生堂
容量 240粒
価格 4,320円
使用方法 1日8粒
美白有効成分 トコトリエノール

こちらはトコトリエノールが配合されている美白サプリメントです。
トコトリエノールとは抗酸化作用が強く、スーパービタミンEとも呼ばれています。
私たちの肌は活性酸素によって血管が硬くなったり、肌にくすみができたりします。
これは活性酸素が皮膚にダメージを与えてメラニンを作り出して、肌のくすみやシミを作り出してしまうからです。
トコトリエノールがこういった活性酸素を無害化してメラニンを作らせない働きがあります。
実際に使用してみた方の口コミをチェックしてみると、以前にLシステイン配合のサプリを飲んでいて白髪増えてきたので、こちらに乗り換えたという人が多いようでしたが、美白効果に関しては劇的に変化を実感した人はあまりいないようにみえました。

 

ホワイトフォース/ファンケル

商品名 ホワイトフォース
メーカー名 株式会社ファンケル
容量 180粒
価格 2,376円
使用方法 1日6粒
美白有効成分 ヒドロキシチロソール

こちらはヒドロキシチロソールが配合されている美白サプリメントです。
ヒドロキシチロソールという成分はメラニンの生成を促進させる作用があります。
メラニンが生成されたらシミが増えると思われていますが、実はメラニンには黒色メラニンと肌色メラニンの二種類があります。
肌色メラニンが増えるとシミがどんどん薄くなって肌のトーンも明るくなります。
実際に飲んでいる人の口コミをチェックしてみると、
飲み始めて半年ほどたった人から効果を実感できているようです。
特にニキビ跡や肌荒れ跡などは以前はコンシーラーが必要だったくらいのレベルだったのが、今では何もつけなくても目立たなくなってきたという人もいます。
塗るタイプの日焼け止めが苦手な人にもおすすめのサプリです。

 

【美白ドリンク】全身美白におすすめのドリンク

全身美白

 

ヒアルモイスト発酵液/日清食品

商品名 ヒアルモイスト発酵液
メーカー名 日清食品株式会社
容量 50ml×10本
価格 4,000円
使用方法 ドリンク
美白有効成分 ヒアルモイスト乳酸菌

こちらはヒアルロン酸発酵液が配合された美白ドリンクです。
ヒアルロン酸発酵液とは日清食品が独自で開発したもので、飲むとヒアルロン酸の生成を促してくれるというもので、肌のきめやハリも上がって、美白にも役立つというものです。
実際に飲んでみた人の口コミをチェックしてみると、
飲み始めて数日で効果を実感できた人が多い事がわかりました。
美白効果ではありませんが、肌がもっちりしてきたり肌の調子が明らかに良くなってくるそうです。
このような効果はほとんどの人が実感できている事に驚きました。
ただし、美白効果に関しては数ヶ月以上は飲み続ける必要があるため、そこまで続けてみた人はあまりいないようでした。
というのもドリンクタイプで価格はそれなりですので、長く続けるには少しハードルが高いかもしれません。

 

ホワイトショットインナーロックリキッドIX/ポーラ

商品名 ホワイトショット インナーロック リキッド IXS
メーカー名 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
容量 30ml×10本
価格 6,264円
使用方法 1日1本
美白有効成分 パフィアエキス

こちらはパフィアエキスが配合されている美白ドリンクです。
パフィアエキスはポーラ独自の美白成分で、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成促進作用がある成分であることが有名です。
コラーゲンなどの生成が促進されると、肌のターンオーバーも促進されて、すでにあるシミなども体外に排出されるようになり、美白効果を得る事ができます。
実際に飲んでいる人の口コミをチェックしてみると、
まず意見として多いのが、値段が高いというものです。
値段が高いと続けるのも難しいので、効果が出る前に辞めてしまう人もいるようです。
効果に関してはシミが劇的に消えたなどの内容はありませんでしたが、全身の肌の色が白くなってきたという喜びの声がいくつかありました。

 

ピュアコラーゲン10000/アスタリフト

商品名 ピュアコラーゲン10000
メーカー名 富士フイルム株式会社
容量 30ml×10本
価格 3,898円
使用方法 1日1本
美白有効成分 フィッシュコラーゲンペプチド

こちらは数種類のコラーゲンが濃縮されている美白ドリンクです。
コラーゲンは肌に塗っても食べても飲んでも効果はあまり得られないという噂がありますが、実際にはどうなのでしょうか。
こちらは肌に良いと言われているコラーゲンをとにかく凝縮して配合されています。
実際に飲んでみた人の口コミをチェックしてみると、
まず、飲みにくいという声が多いようです。
トロッとして、決して美味しくはない味なので、継続して続けようとしてもちょっと味的に難しいと感じる人は多いようです。
長く続けている人は肌ツヤが良くなったといった実感はあるようですが、シミが劇的に消えたや薄くなったといった感想は特にありませんでしたので、濃いしみにはあまり効果は期待できないようです。

 

全身美白の方法まとめ

全身美白の方法をまとめると

最も効率の良い方法は

服用タイプの美白方法が便利

全身美白をやろうとすると表面積は顔だけの美白に比べてかなり大きくなってしまうので、費用も手間も全然ちがいます。

大きな表面積を持つ全身美白を最も効率的に行うのであれば、服用タイプであるサプリメントや食事などから美白成分を摂取する方法が最も効率的です。

これが塗布タイプのものであれば、場所によっては自分で塗るのが困難な場所もあるでしょうし、どうしても塗りムラが発生してしまいます。

服用タイプであれば、塗りムラが発生することもありませんし、全身くまなくケアすることができます。

最近では様々な美白成分が開発されており、飲む日焼け止めなども沢山商品化されているものがありますので、選ぶのはそれほど大変ではありません。

 

関連ページ:【シミウス 口コミ

 

関連ページ:【シズカゲル 口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました